忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 落語初体験の友人も大感激。



 前座の志の春「堀の内」……滑稽噺なんだけど、信心ネタって笑いどころが難しいよなぁ。

 志の輔「猫忠」。知らない噺だったので、コミカルな導入部から意外な展開にどきどきした。マクラの白くまピース・旭山動物園のオランウータン夫婦の話題、こう結びつくとは。ちょっとだけど三味線がバックに流れる場面もあり、面白かったので早速圓生師匠のCDも聴いてみよう。

 ジャグリングのストレート松浦、演出なんだろうけど危なっかしいジャグリングにはらはらさせるところが面白かった。

 最後は志の輔「百年目」。追い詰められてジタバタしている番頭さん、不完全だからこそ一生懸命な人間は愛おしいと感じさせてくれる。最後はやっぱりほろほろと泣けた。

 やっぱり「志の輔らくご」はいいなぁ。また聴きたい!

☆★☆★

3/6追記。「猫忠」は上方落語で「猫の忠信」。とりあえず圓生版「猫忠」が収録されたCDを借りてきた。









PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
志の輔らくご ビギン・ザ・ビギン
URL 2010/07/04 22:29
 銀座で6日間連続、午後3時からの公演。700余りの席は、日曜日だけあって、もちろん満席。  「暑い中をお運びくださいまして」と挨拶。「ここはできるだけ冷房を効かせてもらっているんですが。で、終演後、また暑い中を歩いて、どこか冷房の効いたところできゅっと冷えたビール……冷蔵庫の中の麦茶の気持ちがわかったような気がしますよね」で爆笑。 「こぶとり爺さん」志の輔 「新釈 猫忠」志の輔 中入り 「しかばねの行方」志の輔  「こぶとり爺さん」は、昔話にありがちな教訓が...
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]