忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
函館とのお別れに、もう一度いか刺し。

どんぶり屋

 ……けちらないで活イカにしておけばよかった。舌触りが全然違いますから。
 雨が激しく、いろいろ心配してくれた女将さん、ありがとうございます。
PR
「うに むらかみ」と並んで白牡丹の函館旅行で必ず訪ねる食事処、手打ちそば長月
 まずは、炙り煮穴子。身が厚くて、ほくほくです。


 今日は雨で寒いので、天せいろでなく、温かい蕎麦とせいろを別々にいただきました。
温かい蕎麦は、つゆがやや濃いめです。

 あいかわらず、さくさくのかき揚げ天が美味しいです。

湯の川温泉で一番おされなホテルに泊まっているのですが、夕食にリーズナブルな店を開拓しました。

あかちょうちん 湯川店


 和食から、中華・コリアンまで、ずいぶんとメニューが豊富です。
カウンターはほとんど満席でしたが、ひとりだったので潜り込めました。

 生ウニは、むらかみさんのに比べると見た目ちょっと色が悪いですが、てんこもりで1200円(確か? 時価)でした。

 行者ニンニクの醤油漬け。

 いろいろ焼きとり(北海道では「焼きとり」と書いて「焼きとん」のことも多いです)メニューもあります。生ラムがあったので頼んでみたら、さすが北海道、東京でニュージーランドの生ラムを時々焼いて食べますが全然旨みが違います……生ラム、また函館で食べたいものが増えました。


元町散歩のついでに、レイモンハウスで一休み。ソーセージ盛り合わせにはお腹の余裕がなかったので、レモン&パセリを試食。普段はソーセージやハムを食べない私でも、さすがに美味しいと思いました。



雨に降られ、亀田八幡宮から土方歳三最期の地碑まで歩くだけで気力が萎えてきました(^_^;)。
 お昼は宝来町方面に行きかけたのですが、気が変わって大三坂の久留葉へ。



 店内は、和モダンな感じです。ふき煮で一合。


 夏野菜の天ぷらせいろ。海老がプリプリしています。
野菜も味がはっきりしています。アボガド天は初めてですが、
なかなか美味しい。

 蕎麦もまずまずの出来です。
イバハチさんからリクエストがあったので、今回泊まっている場所についてもご紹介。

望楼NOGUCHI函館

 今回、連休なのに出遅れたので函館中心部のホテルが埋まってましたので、こちらに。ちょっと高いですが、OHITORISAMAというひとり客専用ルームはダブルベッドサイズで部屋全体もゆったりサイズ。13階の露天風呂付大浴場では、函館空港に着陸・函館空港から離陸する飛行機が頭の上を飛行することも(夏の時期は着陸する飛行機が頭上を通ります)。
 また、8階のエステサロンも魅力です。2人に同時に施術してもらえるクイーンコース……(汗)。
 
 個室レストランでひとりでも夕食をいただくことができますが、今回は朝食のみの宿泊にしました。和洋どちらもありますが、私は和食を選ぶことが多いです。




 黄金コンビ、卵焼きと鮭。ご飯は土鍋炊きです。

☆★☆★

 コストパフォーマンスと利便性と快適さの3点を総合的に考えて、一番のお勧めはベイエリアのラビスタ函館ベイです……「朝食の美味しいホテル」日本一で、ビュッフェ形式でいただく朝食は海鮮盛り放題の勝手丼をつくり放題です。和モダンの部屋も居住性が広くて快適ですし、函館山を見上げられる屋上の露店風呂がいいです。

ラビスタ函館ベイ

 最近はなかなか予約が取れないのが難点です。


五稜郭エリアは大通りから一本奥に入ってのスナックやバーが多いのだが、女性ひとりとなると入りにくい店も多い。電車通りに面した居酒屋でも、カウンターがないので一人客お断りって貼り紙の店も(´Д` )
二鳥目 本店

ここは壁に面したカウンターでよければ一人客でも入れます。
焼き鳥屋ですが生簀があり、イカが泳いでいます。魚介類は店主が直接仕入れに行っているらしい。

  活イカ刺980円はお持ち帰りも可。すり鉢でキモを潰して醤油に混ぜる食べ方推奨だそうですが、私はキモをそのままでいただくのも生フォアグラ(?)っぽくて美味しいと思います。

  親指と人差し指で丸をつくった空間にすっぽり入るぐらいちっちゃなアワビの刺身(正)680円。


イカ、元気よく泳いでいます。

も〜さんにホテルまで送ってもらい、今日の午後は五稜郭辺りで過ごすことにしました。
腹ごしらえは、長月の次くらいに気に入っているいしくらで。観光客は私だけ、住宅地の中にある蕎麦屋さんです。

いしくら




ふわふわ納豆そば。ぶっかけ蕎麦の上に、卵に大粒納豆を混ぜたものがかかっている。天ぷらが重いと思ったので、軽め栄養補給。

デザートの蕎麦アイスも蕎麦の香ばしさが口に広がる美味しさでした。
第1回の函館旅行から欠かさず訪れる店です。

うに むらかみ
 今回は若女将がお店にいらっさいました。お話する時間はなかったけど、顔を見てにこっと笑ってくれるだけで、函館に来た〜という気持ちになります。

 外せないのはミョウバンなしの生ウニ刺しと、北海道の濃厚なミルクがウニと絶妙のハーモニーを生んでいるウニグラタン。その間をトマトサラダとホヤ刺しでつなぎました。






 ここの生ウニ刺しを食べるために函館に来ている気がしないでもない(^_^;)……ご馳走様でした。
函館海鮮料理—海光房

 朝市エリア、摩周丸に近い側の駅向かいにあります。生簀に沢山の活きネタを置いているので、いろいろ楽しめます。

まずは生ウニ。日本酒も進みます。

そして活イカ。函館の活イカの味を知ってしまうと、普段はイカを口にしません。
足は焼いたり揚げたりもできますが、私は刺身派。

毛ガニ丸々はひとりで食べられないので、ちょこっとだけ刺身でいただきました。透き通った身が美しい…。

ご馳走様でした。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 27 28 29
30
最新コメント
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]