忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
恒例、野間みつねさんと「竹泉」にて、蕎麦食い。

PR
 今日は日野で講演会を聴きにいくついでに、かねてから気になっていたJR立川駅ホームの駅そば屋さんに立ち寄ってみました。

食べログ 小竹林 立川店

 駅ホームでは「奥多摩そば」という看板が目立っていました。

 名物は「おでんそば」なんですが、薩摩揚げの乗った「おでんそば」についてネット上で見た限りでは絶賛という訳でもなかったので……(汗)、にしんそばを注文してみました。

 別に好きでもないんですが(爆)、にしんそばは京都が有名で、東京のおそば屋さんではあまり見かけません。まして駅蕎麦のお店ではほとんどないと思います。



 甘辛く煮付けた身欠きニシン、なかなかいいおダシでした。蕎麦自体は、駅蕎麦でいえば京王線高幡不動駅の蕎麦の方が美味しかったなぁ……^_^;。
 野間みつねさんご贔屓の店で、私は2回目。

yahoo!グルメ 風林庵
立川タウン 風林庵
白牡丹のつぶやき 立川 風林庵

 まずは浦霞で一杯。



 天せいろ到着。


 天ぷらがよく見えないが、海老2本、茄子、獅子唐、南瓜、舞茸、鱚(たぶん……とにかく白身魚)1切れ、穴子切れという、1,480円という値段の割には品数が多い。軽く揚がっていて、食べやすいのが信条。

 そして蕎麦。割と量が多い。そして、なかなか美味しい。蕎麦湯も、後半は割と濃いし、最初から蕎麦つゆが少し入っているのか、蕎麦つゆを割らなくても結構おいしく飲める。

 ご馳走様でした。
 野間みつねさんと日野に行ってきました……あ、その前に万願寺に足を伸ばして、日野周辺の天候を左右される方(爆)にご挨拶をしましたけど。スーパー晴れ女のみつねさんと雨女の私が一緒だと大抵は晴れるのですが、みつねさんが土方さん以外の殿方に心を寄せると天候が荒れる(爆死)というのが私たちのジンクスです。

 で、日野にてイベントがあるとなれば、日野館で蕎麦を食べずにはおれません。

yahoo!グルメ 日野館
食べログ 日野館

 今日は清酒の菊姫を一合に、たらの芽天ぷらを注文しました。たった2切れではありますが、これで350円というのはとてもリーズナブルだと私は思います。



 ほとんどついていない衣、軽い揚げ方で、さくっとした歯触りとほろ苦さを楽しめるように揚がっています。重畳重畳。

 この後、せいろを1枚。超下戸のみつねさんは、何もなしで、せいろ2枚(苦笑)。



 二八の細い蕎麦は、均一に切れていて腕前が素晴らしいと思います。蕎麦つゆは、江戸前の藪とかの系統の辛つゆと違って、出汁の利いたマイルド系。蕎麦湯も、最初は割と薄かったのですが、最後の一滴はどろっとして美味でした。

 ご馳走様でした。日野で何かあった時にはまた立ち寄らせていただきます……あれ、今日はサービスの揚げ蕎麦はいただけなかったですね(汗)。もうサービスしなくなったのかしら。
 グルメねたは久々かも知れません。野間みつねさんとブツの受け渡しがあったため、渋谷で待ち合わせて、白牡丹お勧めの蕎麦屋に入りました。

清山(せいざん):渋谷にある手打ち蕎麦と酒の店】
食べログ 清山

 絶品の卵焼きとか、いくつか写真を撮ったんですが、ブログにアップできる程度にブレていない写真が以下の一枚しかなかったって……^_^;。



 手前が私の頼んだ二八、奥がみつねさんの頼んだ田舎、それぞれ一枚目です。この後、自分は田舎、みつねさんは辛味大根おろしそばを注文しました(苦笑)。

 量は少なめなので、自分でも、せいろ、田舎と二種類食べ切れました。

 ふたりの蕎麦の好みは違うので、太打ち生粉打ちが好きなみつねさんには細打ちのぷりぷりな田舎そばは今ひとつ好みではなかったようですが、辛味大根おろし蕎麦を気に入ってくれたようで、嬉しくなりました。

 自分は、昼食に別の蕎麦屋で天せいろを食べていたのですが、その店のテイストと自分の好みが合わなかったのか、体調が合わなかったのか、今いち楽しめなかったのに対して、清山の蕎麦を食べるとリフレッシュされる気がします。冷や奴と卵焼きと地鶏の焼き物もレベルが高かったし。

 そして、蕎麦湯。ここの蕎麦湯は、ねっとり濃いです。蕎麦猪口に蕎麦つゆを5ミリから7ミリ、できれば蕎麦を食べた後で塩分がこなれた後にどぼどぼとそそぐとちょうどいい塩梅です。そうでない場合は、お猪口に蕎麦湯を入れて、後からフレッシュな蕎麦つゆを適量(塩気が強いので、垂らしながら加減を調整して下さい)入れて、よく混ぜること……というのは、ここの蕎麦湯はポタージュスープ並みに濃いので、よくかき混ぜないと蕎麦つゆの部分がよく混ざらないのです。蕎麦つゆを味わう時間帯、みつねさんとふたり、ほっこり幸せになりました(*^^*)。

 うーん、ネットで調べると、竹やぶ系統の店らしいですね。自分的には、六本木竹やぶ、恵比寿の玉笑、どちらもとても美味しいのだけどコストパフォーマンス的にはちょっと不満と思っていたのですが、清山は比較的に自分の好みの店構え・価格帯(大して差はないけど)・味でした。

 ご馳走様でした~。次に行く時には是非就職先が決まって記念の天せいろをいただきたいと思います。
 とても久しぶりにグルメねたです。今日は野間みつねさんと一緒に、私の好きな神田まつやに入りました。

神田まつや
ぐるなび 神田まつや


 年明けの初日で仕事初めのサラリーマンが昼食兼ねて一杯ということもあり(汗)、混んでました。11時半開店で11時半ちょっと過ぎに行ったのですが、1時間近く待ちました(苦笑)……でも、ここでは珍しいことではありませんよね。

 入店したら、お年賀で、袋入りの七味を二種類いただきました。これは、ちょっと気が利いてますね。



 写真は、ちょっと角が切れてしまいました(汗)が、天もり1,900円です。向こう側は、みつねさんが頼んだ大もり。

 天ぷらはかりっと揚がって、蕎麦はほどよい二八。細いけど、蕎麦の実が見える感じで香りもありました。自分は天もりだったのでつけ汁は天つゆ(ゆず皮の香りが利いていて、なかなかよかったです)。みつねさんに聞くと、普通のつけ汁は甘めみたいです。

 ゆっくりはできないけど、昔ながらの蕎麦屋の雰囲気を味わうにはいいところですよね。ご馳走様でした。
 今日は、友人の野間みつねさんと念願の小野路に行ってきました。昼食は、みつねさんがお気に入りの蕎麦屋さんです。

立川タウン 生粉打ち十割そば 風林庵
yahoo!グルメ 生粉打ち十割そば 風林庵

 みつねさんはお気に入りの「上たぬきそば(といっても、天ぷらそばほどではないにしても、かき揚げ、茄子天、南京天が載っている)」を冷やしで注文。自分は、天せいろに日本酒、浦霞を少々(苦笑)。

furinan

 十割そばも新そばなだけに風味が格別。天ぷらの軽い揚げ具合も申し分ない。小海老2本、きす一切れ、はも一切れ、南京一切れ、茄子一切れ、舞茸一切れ、獅子唐1本というところだったか。蕎麦つゆは、醤油が薄めで鰹節のダシが利いている薄味系。蕎麦湯がどろっと濃厚で自分好みだった。
ANA Festa 日本橋玉ゐ あなご弁当

 昨日、用事があって東京に日帰りで行ってきました。帰りの羽田空港売店で、おいしそうだったので空弁をひとつ買ってきました。

 パソの調子が悪くてデジカメのデータを取り込めないので画像はありませんが、リンク先の画像を参考にしていただければ幸いです。

 穴子の専門店「日本橋 玉ゐ」による穴子弁当です。「穴子」=「ANA GO!」とパッケージに洒落ています^_^;。

 お品書きの印刷が少し滲んで読みにくいのですが、こちらにご紹介します。
《お品書き》
【箱めし】
"細川農園のひとめぼれ"
"江戸の味、玉ゐの焼きあなご"

【お惣菜】
"竹かごに、あな佃"
"鱧の○かま"……○が読み取れません^_^;。普通の蒲鉾スライスです。
"筍の土佐煮"
"さつま芋の○○"……中身は甘煮でした。
"彩り人参"
"合鴨のロース○"……スモークでした。
"揚げしし唐"
"里芋の○○"……中身は甘煮でした。

 一晩冷蔵庫に入れていたので、電子レンジで温め直して食べました。温めたせいか、穴子のたれの甘い匂いが鼻を刺激して、美味しくいただきました。

 焼き穴子は、ぱりぱりに焼いてしまう関西風と違って、蒲焼き風の照り焼きです。江戸風なので味付けがちょっと濃いですが、ふっくらジューシーで美味しかったです。

 お惣菜も野菜が多くて嬉しいのですが、あな佃は私の舌にはちょっと味が濃すぎた感じです。これだけで、もう一杯余分にご飯を食べられますわ^_^;。

 駅弁より小さく、量は少なめです。私にはちょうどいいご飯の量でした。

 全体的には満足度高かったです。羽田空港を利用する時にはリピすると思います。ご馳走様でした。
 野間みつねさんと銀ブラしました(^^)。

wakamatsu

あんみつ 元祖あんみつ みつ豆 銀座若松

 あんみつの発祥地、銀座若松でクリームあんみつをいただきました。白牡丹、普段は「あんみつ」より「豆かん」「みつ豆」なんですが……だって「あんみつ」を注文すると、赤豌豆の数が少なくなりそうで(爆)。

 しかし、あんみつの発祥地、銀座若松には敬意を表して「あんみつ」を注文しました。暑かったので、つい「クリーム」トッピングの「クリームあんみつ」にしてしまいましたが(苦笑)。

 黒みつのかかった寒天をふたつと、塩味の効いた赤豌豆をひとつ、お匙に乗せて口に運ぶ時の幸せ……ご馳走様でした。
 町田ぼたん園に行ったついでに、蕎麦を食べてきました。

食べログ 石の森



 江戸前せいろを注文。キス、穴子、椎茸などの天ぷらにせいろが2枚ついてますが、量はとても少ないです。少食の自分が、たまたま町田ぼたん園の休憩所で冷やしかけそばを食べていたので、ちょうどいいぐらいでした(汗)。普通の食欲の人だったら2人前食べられると思います。

 蕎麦の味はよかったです。更級みたいに細い麺でしたが風味がよく、上品な味でした。

 日本酒「月不見の池」がきりっと辛口で美味でした。

 次回に来る機会があったら他に挑戦したいメニューが沢山あります。

 ご馳走様でした。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8
11 12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]