忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
約一ヶ月前、大雪のため順延された口演。右手首骨折しててまだ右手をかばっている自分は大雪での外出を早々に諦めたので、昼前に順延を決定してくれた成城ホールに感謝。
 仕切り直しということで八割から九割の入り。

らくだ/立川談笑
 談笑版「らくだ」は何回か音源込みで聞いている。何パターンかあるそうだが、初めて発表される後段の「外伝」に繋げるため、談笑風味の陰惨な展開は抑え、古典に比較的に近い形に。談笑版「夏のお嬢さん」ではなく古典「かんかんのう」が聞けたのは、トークによると仕込みを忘れたので今日のアドリブだったようだ。
 でも談笑版らしいのは「ゲ○指南」とかところどころに別のネタを散りばめていたりするところ。
 談笑版は後段で屑屋がらくだの死体に憂さを晴らすようなスプラッタな行動を正当化するために、いかに生前のらくだが悪い奴だったかという仕込みがあるのだが……今日は、後段に繋げるため、その設定はなし。また、屑屋が魚屋に頼んだ「あること」という設定もなし。
 でも古典に近い談笑版らくだも、なかなかよかった。

らくだ外伝/立川談笑
 丁の目の半次と屑屋がらくだを荼毘に付した朝、ある人物が長屋を訪ねてくる。その人物から語られる、生前のらくだのまったく違う人物像。
 そして、「らくだ」の由来。
 短い噺だったけど、さすが談笑さん。こう来たかー、という、らくだ像。

トーク/立川談笑・広瀬和生
 広瀬さんのトークで出て来た、「らくだ」を演じた落語家さん。上方は初代春団治。東京は談志はもちろん、市馬さん、文蔵さん、それから観客の一人から声がかかって一之輔さん、あたり。
PR
横浜駅に出てくることは滅多にない。買い物があれば都心に行くし、落語関係で行くとすると桜木町の方が(横浜にぎわい座とか神奈川県民ホールがあるので)確率高い。なので、初めての横浜新都市ホール@横浜そごう。ざっと500人は行けそうないいホールですが、パイプイスは腰痛持ちには辛いかも知れない。。
 そして市馬師匠。年末に行くつもりでチケット取っていた歌謡ショー@きゅりあんには右手首骨折入院で行けず、リベンジ。市馬師匠の声で心が浄化されるので、節分立春にはもってこい。

たらちね/市坊
 市馬さん門下の前座さん。市馬さん門下は市楽・市江・市弥・市童と二つ目の兄弟子のクオリティ高い。市坊さんも私にとっては初めてお見かけするお弟子さんだけど「たらちね」はかなりこなれた口演で笑わせてくれた。声質がいい。

厄払い/市馬
 そうか、今日は節分でしたね。節分の厄払いの口上を市馬師匠で聴ける幸せ。
 与太郎が活躍する「厄払い」はライブで聴くの初めて。おじさんに口移しで教えられた口上がまともに言えずとんちんかんな与太郎の口上を楽しみ噺なんだけど、市馬さんの美声を聴くだけで幸せな気分になれる。

転宅/市馬
 中入り前に続いてもう一席。落語界の泥棒といったら間抜けで、雷門の仁王様に踏まれる泥棒の噺から「転宅」。市馬師匠はあまり艶っぽい噺を得意とされないのだけど「転宅」「厩火事」は鉄板です。

粋曲 柳家小春
 初めてです。柳家紫朝さんの弟子で小菊さんや紫文さんの妹弟子筋なんですね。
 今日は都々逸、小唄、端唄、など。「梅は咲いたか」「さのさ」とか好き。

二番煎じ/市馬
 小春さんの相撲甚句を取って市馬流で甚句をひとくさり。また歌舞伎の「三人吉三」のお嬢吉三の名台詞「こいつは春から演技がいいわえ」の解説。
 まぁいろいろあった一年を市馬師匠の名調子で新年に改めさせていただくありがたさ。
 そして「二番煎じ」は「火の用心 さっしゃりましょう」だけでなくあちこちで市馬師匠の美声で楽しめます。寒い冬の夜の夜回り、そして番屋でいただく燗酒と猪鍋。帰りがけ、日本酒の燗で一杯やりたいという声がちらほら。

よってたかってシリーズは好きで大体欠かさずチケット取っていたのだけど、喬太郎トリの昼の部チケットが全然取れなかった。ネットオークションでもほとんど出ない。。
 でもネット上の感想見ると化学変化を起こす前に終わったかも知れない。狙ったように行かないのも落語会の面白さ。

 で、チケット取れた夜の部は前半が新作らくご祭りで、後半はがっつり古典。

黄金の大黒/じゃんけん
 兼好さんの二番弟子。

銀座なまはげ娘/粋歌
 銀座の高級ジュエリーブランドとなまはげのミスマッチが面白い。

スナックヒヤシンス/きく麿
 きく麿さん初めてかも知れない。うーん、白鳥さんの「マキシム・ド・呑兵衛」聴いてるとあまりインパクトないというか。。

秘密の花園/白鳥
 いきなり、ほとんどねたおろし。しかも「隅田川母娘」に続く禁断の菊のご紋ネタ。磨けば光るいいネタだと思うけど、次、どこでかけらけるか(^_^;)。個人的には国立演芸場とか、有楽町から三宅坂辺りでまた聴きたい……って白鳥師匠がご無事でいられたらだけど。

猫の皿/兼好
 中入り後は、空気を変えるのが上手な兼好師匠。前半のおさらいをしつつも、新作まつりでちょっと空気が「??」みたいな人も安心できる雰囲気にしつつ、古典にいざなう。
 そしてオチがきいてる「猫の皿」。じっくり仕込みをして、山里の茶屋で一息つく果師(はたし)が茶屋の店先にうろつく汚い猫のご飯皿に気付いて儲けようとするところまではゆっくり。一杯食わすつもりが食わされるところはさらっと。見事。

鰍沢/三三
 こういう寒い冬に絶好のネタ。落語を生で聴き始めて7年になるけど、この大ネタは季節を選ぶし、なまなかな演者ではまともに聴けないので、たぶんまだ数回。1000人収容するよみうりホールで全員を鰍沢の世界に連れて行くのはなまじの巧者でもできることではない。
 けど三三は大したものだ。雪の鰍沢に迷い込んだ江戸の旅人、再会した吉原の花魁のなれの果てである「月輪のお熊」の、歌舞伎でいうところの悪婆といったところの存在感。ジェットコースター的でサスペンスとアクション多量なさげ。お見事でございます。
高麗屋さん三代襲名、楽日の昼夜チケット入手して行ってきました。
【昼の部】
箱根霊験誓仇討
 勘九郎さんの滝口上野と七之助さんの女房初花が息合ってて好き。猿之助さんが怪我でこちらは出られず(寺子屋で涎掛けで出演)、愛之助さんが奴筆助と仇の飯沼勝五郎を二役で。秀太郎さんの母早蕨も含めてバランスがよく出来ていた。

七福神
恵比寿 又五郎
弁財天 扇雀
寿老人 彌十郎
福禄寿 門之助
布袋 髙麗蔵
毘沙門 芝翫
大黒天 鴈治郎
 すごい重量級。。

菅原伝授手習鑑
車引
 もうね、勘九郎の梅王丸の動きがすばらしくて、あと七之助さんの桜丸が凛々しくて、そっちばっかり目に入って新・幸四郎さんの松王丸が(^_^;)。彌十郎さんの時平も大きくて迫力あった。

寺子屋
 猿之助さんがお子さんたちに混じって涎くくり与太郎で演じられていたところがよかった(^_^;)。怪我されて以来、舞台で観るのはこれが初めてではないかと。

【夜の部】
相撲場
 やっぱり大阪弁ネイティブの愛之助さんがつっころばしの与五郎と血気盛んな放駒長吉をやったせいで、無理なく大坂舞台の芝居の味が出てよかった。

口上
 幹部そろっての口上、ちゃんと中村屋兄弟が入ってるの嬉しい。そして七之助さんが新・幸四郎さんの出演歴のうちなぜか「くさや」(宮藤官九郎さんの『大江戸りびんぐでっど』)を口にしたので大爆笑。私はリアルで見てないけどDVD見てるから「さむいよー」「くさいよー」思い出してしまった。
 挨拶をリードした坂田藤十郎さん、少し呂律が回っていない。

勧進帳
 新・幸四郎さんの弁慶、新・染五郎さんの義経で。

相生獅子
 扇雀さん・孝太郎さん。
三人形
 傾城は雀右衛門さん、若衆は鴈治郎さん、奴は又五郎さん。
自分が生で観た「京鹿子娘五人道成寺」「二人椀久」をシネマ歌舞伎で再び見る。歌舞伎は生で観るのが一番ではあるけれど、シネマ歌舞伎はスクリーン一杯に役者をアップや全身で見られたりインタビューが聞けたり、ライブとはまた違った味わいがあって、繰り返し見られるのが嬉しい。

京鹿子娘五人道成寺
 玉さまに四人の若手が絡んで五人の花子が華やかな舞台。玉さまが次世代の育成と芸の継承を意識していることに加えて、演出的にも映える作品だと思う。

二人椀久
 シネマ歌舞伎でまた見られるとは嬉しい限り。松山太夫の玉さまの美しさは言うまでもなく、勘九郎の椀久もかっこ美しく、ギリシャ悲劇を舞で見るような舞台だった。

銀座six地下3階にある観世能楽堂に行くのは初めて。ちょっと早めに行って探し当てて吉。能楽堂の見切りの柱を外しており、能であればその柱で見切りとなる斜め正面席だったのだが……柱を外しているし、L字型の舞台の正面と脇正面の観客に応えるために志の輔師匠もいつもより上下の切り方が大きかったので斜め正面は見やすい席になってました。

買い物ぶぎ/志の輔
長唄
徂徠豆腐/志の輔

 千秋楽なので今日まで沢山練習してきました、から始まって、観世能楽堂についての解説、落語の小咄をいくつか入れてのウォーミングアップ。からの買い物ぶぎ。

 徂徠豆腐もマクラたっぷり、最初は消防士の話から入ったので火事息子かなと思ったら、江戸大火の話から振袖火事を解説して徂徠豆腐。赤穂事件の関わりなど入れ毎が多かったせいか、13時30分開演で16時30分終演と全部で3時間になりました。

 最後は毎年パルコでやっている長唄連中にあわせての手拍子。右手首の骨折からかなり回復して、今日は手を合わせられました。
お年玉〈年始ご挨拶〉尾上松也

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)鳥居前
佐藤忠信実は源九郎狐 中村 隼人
源義経 中村 種之助
静御前 中村 梅丸
逸見藤太 坂東 巳之助
武蔵坊弁慶 中村 歌昇

真山青果 作
真山美保 演出
二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)御浜御殿綱豊卿
徳川綱豊卿 尾上 松也
富森助右衛門 坂東 巳之助
御祐筆江島 坂東 新悟
中臈お喜世 中村 米吉
上臈浦尾 中村 歌女之丞
新井勘解由 中村 錦之助


第二部
お年玉〈年始ご挨拶〉中村 歌昇

一、操り三番叟(あやつりさんばそう)
三番叟 中村 種之助
千歳 中村 隼人
後見 中村 梅丸
翁 中村 錦之助

双蝶々曲輪日記
二、引窓(ひきまど)
南与兵衛後に南方十次兵衛 中村 歌昇
女房お早 中村 米吉
平岡丹平 坂東 巳之助
三原伝造 中村 隼人
母お幸 中村 歌女之丞
濡髪長五郎 尾上 松也

銘作左小刀
三、京人形(きょうにんぎょう)
彫物師甚五郎 坂東 巳之助
京人形の精 坂東 新悟
娘おみつ実は義照妹井筒姫 中村 梅丸
女房おとく 中村 種之助
奴照平 中村 歌昇

 ロビーで仁左さまを目撃した情報があります……残念orz
 
 仁左さまから教えを受けた音羽屋の松也さんの綱豊卿がいつか歌舞伎座にもかかるのでしょうか、楽しみです。












家族ふたりを亡くして喪中のひとり寂しい年の暮れ。去年だったら近所で弟とそばをいただいて、母とふたりで紅白。そんな暮れを送れない今年は、違うことをしたくて、横浜にぎわい座の志の輔トリの寄席チケットを入手。

子ほめ/全楽
時そば/志の彦
権助魚/志のぽん
漫談/寒空はだか この日限定のウルトラマンのネタとか、歌のイントロじゃなくて中トロクイズとか、馬鹿馬鹿しさがいい。
看板のピン/生志 予想通りの相撲ねた。
漫談/松元ヒロ  ウーマンラッシュアワー村本さん、寄席には松元ヒロがいます。あなたもテレビに出られようと出られなかろうと時事ネタ頑張ってください。鹿児島実業時代のジンサン、おもしかったです。うっかりネタが口からこぼれて、話が壊れてしまったけれど、芸人は最後まで。
歌とアコーデオン/遠峰あこ 両国風景のアコーデオン版がすごい。
三方一両損/志の輔 今年一年を締めくくるのが志の輔らくごで幸せ。
2017年に行った落語209席。諸事情のため、2010年以来で一番少なかった。

2017/12/31クライマックス寄席
2017/12/19 志の輔らくごinEX2017
2017/11/29 晩秋、Wホワイト落語会19 in 成城
2017/11/21 立川談志七回忌特別公演 談志まつり2017
2017/11/21 立川談志七回忌特別公演 談志まつり2017
2017/10/9 創作落語30周年記念リロード 白鳥ジャパン雪月花
2017/9/19 柳家小三治一門会
2017/9/7 日本青年館オープニング記念公演 立川談春独演会
2017/8/23 毎日新聞落語会 渋谷に福来たる 2017 夏一番 〜桃月庵白酒25周年記念落語会的な〜
2017/7/22 志の輔らくご in 下北沢2017 恒例 牡丹灯籠
2017/5/23 立川談春「廓噺の会」
2017/5/22 柳の家に春風が…柳家喬太郎・柳家三三・春風亭一之輔三人会
2017/5/10 名作落語〜それまで・そのあと・スピンオフ〜 談笑『落語外伝』 第2回「居残り佐平次」
2017/5/4 TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご
2017/4/22 よってたかって春らくご'17 21世紀スペシャル寄席 ONE DAY
2017/4/1 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜 江戸暦
2017/4/1 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜 春爛漫 白酒一之輔二人会
2017/2/28 立川談春独演会2017
2017/2/4 落語の仮面祭り in 下北沢演芸祭
2017/1/19 立川談春新春独演会「居残り佐平次」

 チケット取れにくいながら今年も志の輔談春を追いかけ、またひとり友人をファンにした。
松竹シネマ歌舞伎 め組の喧嘩

私が歌舞伎に目覚めた時、勘三郎さんはこの世におられなかった。
だから、この人が舞台で躍動するのを見ることはかなわないのだと、ぼろぼろ泣いた。勘三郎さんをリアルで見た人、見ていない人の境を超えて、館内からはあちこちからすすり泣きが聞こえた。

全編、江戸弁が流れるのが嬉しい。たぶん、原作の舞台であった芝周辺の言葉というより、今の浅草周辺に近いんじゃないかと思う。当時の芝は、江戸でも南の外れの方だったから。勘三郎さん演じる辰五郎と、梅玉さん演じる喜三郎、扇雀さん演じるお仲などとのやり取りの言葉が、とてもしっくり来る。

勘九郎さんの鉄火ぶりもみどころ。惜しげもなく太腿を出すのが眩しい。


カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2
5 6 8
12 14 15
18 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]