忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
毎回メンバーがいいので楽しい夢空間のシリーズ。

やかん/じゃんけん
 兼好さんの二番弟子。ちなみに弟子の名前はけんだま(二つ目で兼太郎)、じゃんけん、しゅりけんと玩具や遊びにちなんだ名前が続いているそうだ。

高砂や/兼好
 あまりに心地よくて意識喪失……。

豆腐屋ジョニー/白鳥
 白鳥さん初めてなお客様も沢山いるようで、戸惑いながらもところどころで大受け。特にドン・カマンベールとマロニー様。
 私も久しぶりに聴けて楽しんだ。

厩火事/白酒
 おさきさんがデフォルメされていて爆笑ものに。

御神酒徳利/市馬
 白鳥さんが引っかき回した高座を白酒さんと市馬さんで綺麗にまとめる展開。そして「御神酒徳利」は三遊亭圓生師匠が昭和天皇両陛下の御前でかけたネタ。腕が確かでないとかけられないネタでしょう。
 次から次への展開、知っているのにワクワクしてしまいました。サゲは三木助師匠の型でした。
PR
観世能楽堂での志の輔らくごは2年連続。親友と。

一、モモリン

 親友が「私これ聴いたことがある」。はい、2014年渋谷パルコでの公演でした。

 これをかけたのは、終演後に姿を現した、あの、唯一無二のゆるキャラのためでしたか。

一、長唄

中入り

一、井戸の茶碗

 やはり井戸茶はいい。侍の意地と対面の張り合いに振り回される屑屋さん。今日の志の輔さんは屑屋さんの一言がよかった。
4日に昼の部、5日には夜の部を拝見。暮れに生後3ヶ月のにゃんこ2匹を迎え入れたので、初めてのお留守番経験。一回当たりの時間を短くするため、昼夜それぞれ別にしました。

【4日昼の部】
一、舌出三番叟
二、吉例寿曽我 鴫立澤対面の場面

 七之助が兄、芝翫が弟という叔父甥逆転の配役。梛の葉に福助、舞鶴に児太郎、芝翫さん次男福之助も出演しておりダブル親子出演。

三、夕霧伊左衛門廓文章 吉田屋

 幸四郎がつっころばしの若旦那伊左衛門。七之助が夕霧太夫。夕霧に入れ込んで大金を使い込み親に勘当されて紙衣《かみこ》をまとった伊左衛門が店に現れ、座敷に上げられると夕霧にひがみごと。夕霧は惚れた弱みで伊左衛門のご機嫌を伺う。
 夕霧太夫を演じた七之助が揚巻とは違ったはんなり大坂新町の太夫を演じて目の保養。

四、一條大蔵譚 檜垣・奥殿

 うーん、私のデフォが仁左さま(映像)なので……白鸚さんだ知将の側面はいいと思うんだけど、つくり阿呆の場面がちょっと不自然かも。

【5日夜の部】
一、絵本太功記 尼ヶ崎閑居の場面

 皐月を演じる東蔵さんが急病で秀太郎さんに差し替え。長い瀕死の場面があるが違和感なく芝居に溶け込んでいた。
 吉右衛門さんさすがの光秀。息子の十次郎を幸四郎さん好演。操の雀右衛門さん、皐月ピンチヒッター秀太郎さん、初菊米吉さんの女性陣もよく。米吉さんパパの歌六が安定の真柴久吉。

二、勢獅子

 梅玉さんと芝翫さんの鳶頭、魁春さんと雀右衛門さんの芸者を始め、鳶の者と手古舞姿の芸者たちが楽しく踊る。

三、松竹梅湯島掛額 吉祥院お土砂の場 四ツ木戸火の見櫓の場

 前半は猿之助さん紅屋長兵衛略して「紅長」が中心のコメディータッチ。USAあり、ちこちゃんのボーッとしてるんじゃないよ、ハヅキルーペCMのパロディありと、お七吉三郎の恋模様をはさみつつのドタバタコメディ。四ツ木戸火の見櫓の場は七之助の人形振りを含んだ、ほぼ一人芝居。これがよかった。文楽の人形がわかっていないというコメントも見巧者のブログで見たけど、16才の乳母日傘で育ったあどけない少女が、恋に自分の命を賭けてしまう情熱の女に変貌するところを美しく妖しく見せて圧巻だった。
毎度おなじみ柳亭市馬の落語会を装った昭和歌謡ショー。13回目だとか。今年で打ち止めという話もあったようだけど、オフィスエムの加藤さんが来年12月24日の会場を押さえていたそうで、14回目も賑々しく開かれそうだ。

 会場入り口でテーブルに置かれているペンライトを必ず受け取るべし。後半の歌謡ショーはこれを振るのと振らないのとではノリが違う。

 おまけのような落語も、今回は短いながらよい演者とよい演目が続いた。
牛ほめ/市若
時そば/市馬 すごく正統派の、素敵な時そば。描写がしっかりしてて蕎麦が美味しそう。
掛け取り/一之輔 掛け取りを得意とする市馬師匠の落語会で大胆な挑戦。薪屋(市馬版では魚屋の金公)と喧嘩越しでやり取りしながら借金を棒引きする過程に集中する。よい。
宮戸川/兼好 軽やかで楽しい兼好の味がよく出て、ちょっと色っぽい展開のその先は「また年明けにでも」とサゲ。
元犬/三三 これも三三さんの演出がよく、シロは母と再会できるところが好き。

第二部昭和歌謡大全集
第一景 戦前のヒット曲
第二景 戦後のヒット曲
第三景 春日八郎トリビュート

 私が知ってる曲が「お富さん」ぐらいしかないという。でもまぁ隣の男性(年は若い、市馬の落語会目当てで歌謡ショーが眼目とは知らなかった、でも歌われる曲はほとんど知っていた)と連れの女性が喜んでいたので、コアな市馬ファンでなくても楽しめるかも知れない。

平成30年12月歌舞伎公演「通し狂言 増補双級巴―石川五右衛門―」

 歌舞伎や落語を好んでよく見る友人と今年の歌舞伎見納め。

 石川五右衛門一代記という物語として吉右衛門さんが複数の作品を繋げてつくったそうだけど、一幕一幕は面白いのだが繋いだ時の物語性がイマイチと感じられた。たとえば、発端の「芥川の場」から序幕の「壬生村次左衛門内の場」への転換に時間がかかり、そこまでして発端を見せる必要があったのかと思ったり。吉右衛門さんが葛籠抜け宙乗りしてまで見せた一番のクライマックスが、次の幕では夢オチになったり。歌舞伎は絵空事とか非現実的な物語でも作品にしてしまえる力があるのだけど、初見ではちょっとついていけないと思うところあり。

 吉右衛門さんの五右衛門と、播磨屋ではないけど娘婿の菊之助さんの久吉の対比はとても絵柄がよかった。菊之助さんは「猿」と呼ばれる久吉にはとても見えない(笑)が、丹精で動きもまた綺麗で、大盗賊の五右衛門の幼友達であり、戦国時代末期最大の出世男で、今は五右衛門を追う立場となった久吉の輝かしさにはよく似合った。

 歌六さん演じる次左衛門が五右衛門の産みの母親を殺した因果で、次左衛門が自害しようとしたのを止めた娘の小冬を誤って殺したり。五右衛門の息子がつらく当たる儘母が不義を働いたと勘違いして刺殺したら、儘母は息子を出奔させるためにつらく当たっていたとわかったり。その儘母にたかりに来る悪い舅を五右衛門が殺したり。因果が巡る殺し合いの輪廻は吉右衛門さんの陰々滅々な芝居の趣味が出てるなぁ。これ音羽屋さんの芝居で見たら同じ展開でももっと明るくエンターテインメント性があるんだろうなぁ。。
歌舞伎美人 歌舞伎座百三十年 十二月大歌舞伎

今月はどうしても梅枝・児太郎・玉三郎の阿古屋が見たくて、昼の部を諦め三夜連続で夜の部を見た。


12/22 梅枝/阿古屋 玉三郎/岩永 玉三郎/傾城雪吉原
12/23 児太郎/阿古屋 玉三郎/岩永 玉三郎/傾城雪吉原
12/24 玉三郎/阿古屋 松緑/岩永 梅枝・児太郎/二人藤娘

 十月は七之助に揚巻を、この昼の部では壱太郎にお染の七役を、夜の部では梅枝と児太郎に阿古屋を、と玉三郎は自分の芸を複数の若手に継承していっている。梅枝さん30才、児太郎さん24才。いずれも名門の子息で若手女方として活躍中だが、琴・三味線・胡弓を弾きこなす阿古屋という大役には思い切った抜擢だ。
 また、勘九郎・七之助、中車、児太郎など親の後見がない役者さんを積極的に舞台に起用している。

 梅枝さんの阿古屋は、初役と思えない安定感。

 児太郎さんの阿古屋は、健気。

 玉三郎さまの阿古屋は、それだけで絵巻。

 岩永については、玉三郎さんの人形ぶりは本当に手足が人形。足に重みを感じない。存在感が異様といえば異様。
 対して、松緑さんの人形ぶりは、いささか人間味を残す人形ぶり。動かせる眉がコミカル。

 中車さんと松緑さんの「あんまと泥棒」は、このふたりの舞台の中で一番好きかも知れない。松緑さん、芝居が臭いのと陰気なところがどうも好きになれないのだけど、この作品では人のいい泥棒をうまくこなしていた。

 玉三郎さまの傾城雪女郎は、ただひたすら綺麗。動きがやや静止画の連続のようで流動性とかダイナミックさはないけれど。

 二人藤娘は、息が合ってそれぞれの個性(梅枝さんははんなり、児太郎さんは可憐とか健気とか)が出ていた。
立川談春独演会2018ファイナル

 久しぶりの独演会、半年ぶりだそうだ。私は1月の紀伊國屋サザンシアター以降、談志まつりでの「三方一両損」しか聞いていなかったから、楽しみ一層倍。落語はそこそこ聴く友人を誘って。

 開口一番はなし。談春が「鞍馬」とともに上がり、短い挨拶の後に口慣らしで「替わり目」を。酔っ払った亭主が女房に酒と肴をねだり、女房がおでんを買いに行く場面まで。おでんは「焼き(豆腐)」「がん(もどき)」「やつ(がしら)」。「(はん)ぺん」はなかったの、珍しい。そして、おでんを買いに女房が出て行ったと思い込んで亭主が独り言する場面が好きなんだけど、その手前で終わってしまった。

 そして、続いて「鼠穴」。訛りがちょっと東京に近い。父親の遺産を使い果たした弟が、江戸で成功した兄から貸してもらえた金がたった三文、怒り狂って兄を見返すと一念発起して三文を元手に大成功。兄に金を返しに行き、兄の真意を聞かされる。
 この当たりで近くの席で奇妙な悲鳴が上がったと思ったら人が昏倒する音。ざわっとした二階席で、私の右隣の男女の客ふたりが素速く動いた。医療関係者らしく、バイタルを確認し、会場スタッフにAEDを持ってこさせ(使用はしなかった)、担架で運び出すところまで指揮。脳、おそらくはくも膜下出血ではないかと友人とひそひそ。救急車で運ばれた病人さん、早期の処置で軽症でありますよう。
 その間、おそらく春師は二階席のざわざわに気付き、会場全体の客を引き付ける熱演をしたようだ。私が集中力を取り戻したのは最後の場面。

 中入り後はなんと「芝浜」。それも、勝が財布を拾う場面の描写がなく、勝を送り出した後の女房が独り言で自分の心情を明かす場面があり、駆け込んで戻って来た勝が財布を拾ったことを報告する、という演出に。あと、夢にしちゃってから三年後に女房が勝に本当のことを告げる気になった動機が「幸せだったから」。少しリニューアルされた「芝浜」はじわっと来る。二重丸。大拍手。

 来年は落語会を増やすと宣言してくれた春師、でもチケットは毎回激戦になりそうだ。
亡き中村勘三郎さんの夢や情熱が込められた芝居小屋の空間は愛が詰まっていた。役者さん、裏方さん、お茶子さん、観客、みんなが勘三郎さんを愛していた。そして、とても温かい空間だった。
 たとえば、女子トイレの並び列を捌くのがとても上手なスタッフさんはファンレターをもらっていた。幕が上がる前にスマートフォンなどの電源オフをアナウンスした、喋りの上手いお茶子さんは「お茶子屋!」の掛け声をもらっていた。はねて帰る観客を迎えた浅草の旦那さんやおかみさんたちは、みなニコニコしていた。隣のお客さんとも「今日は冷えますね」とか何かと会話しやすい感じだった。
 素晴らしい空間だった。最後の「平成」中村座。

【昼の部】
一、実盛物語
源平布引滝〜義賢最期・実盛物語
 勘九郎の実盛がニンに合って素敵すぎる。平家方にいる源氏の味方。しかし心ならずも源氏の白旗を守ろうとした小万を斬ってしまい、その子太郎吉に成人して親の敵である自分を討ちに来いと約束する実直さと清廉さを持っているところが引き立つ。最後に馬上で花道を行く姿が凛々しい。
 そして長三郎くんは千穐楽も乗り切った。5才児? 台詞も結構あるし演技もあれば舞台上の時間も長いけど最後までよくやり遂げた。そして実盛様に馬に乗せてもらった時の笑顔は天然かと思う愛らしさ。
 新悟さんの葵御前が武将の夫人らしい。小万の児太郎さんは命が事切れててほとんど台詞ないのが残念な、凛々しい女房。

一、近江のお兼
 七之助さんの艶やかで力強いお兼。暴れ馬だったお馬ちゃんが懐くのも無理はない。長い晒しを両手で捌くのも鮮やか。

一、江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし
 扇雀さんの伊之助が上方出身で元は女方役者でしんねりむっつりした感じ。七之助さんのおきわは浮気が本気になってしまう情婦。芝翫が間男のスリルを楽しむ生臭坊主重善。この3人が上手いのは言うに及ばず。コミカルな味と正体の演じ分けが重要な雇い人又市を扇雀さんの子息の虎之介さんが上手くやっていた。芝翫さん次男の福之助さんもずいぶん精進したようだ。

 歌舞伎には珍しく、千穐楽だからかカーテンコールあり。

【夜の部】
一、弥栄芝居賑
 一堂総出演で賑やかな舞台。芝居茶屋亭主に扇雀さん、猿若町名主に芝翫さん、中村座座元に勘九郎さん、その女房に七之助さん。鶴松くん勘太郎くん長三郎くんはふたりの子供という体。主立った方々が男伊達女伊達になって地名をもじった名乗りを挙げ、渡り台詞で平成中村座を寿ぐ。
 そして、初見では勘三郎さんの悪戯か途中で切れてしまった勘三郎さんの様々な映像を最後まで見て、花道をスポットライトの光を受けて舞台に上がる勘三郎さん(の魂)の後、

一、舞鶴五條橋

 昼間の長三郎くんがともすれば集中力切れてしまう危うさを持っているのに対して、勘太郎くんは最初から最後まで牛若丸になりきって演じる余裕があった。まぁすでに歌舞伎座で『玉兎』踊りきっちゃうぐらいだから凄いのだけど、今回は扇雀さんの常盤御前との芝居が少々あり、また勘九郎さんの弁慶との立ち回りがあり、いくら勘九郎さんが合わせて受けるとはいえ、義経らしい敏捷な動きを見せるわけで。
 凄いな。末怖ろしい才能だわ。

一、仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場

 平成中村座今公演で一番好き。何と言っても兵右衛門勘九郎と妹おかる七之助さんが本物の兄弟らしくわちゃわちゃしているところが好きで、そこから兵右衛門がおかるに斬りかかり、父と勘平に何があったかを打ち明け、おかるが自害を決意するまでのスピード展開も好き。芝翫さんが大星由良之助らしい大きさ。

 こちらもカーテンコールあり。誰もいない舞台から、勘九郎と七之助と芝翫と亀蔵と、お洋服に着替えた勘太郎くんが登場(足が長い、頭ちっちゃい!!)。勘九郎さんの短い挨拶。






今月は千穐楽に平成中村座のチケットを取ったので、楽前の歌舞伎座。

【昼の部】
一、お江戸みやげ
 結城紬の行商人の二人組、時蔵のお辻、又五郎のおゆうが湯島天神参りの茶屋で噂に聞いた宮地芝居で売り込み中の梅枝さん演じる坂東栄紫にのぼせてしまう。締まり屋のお辻は一生一度の恋と思いなし、栄紫が恋仲のお紺(右近)と駆け落ちするために全財産をはたいてしまう。
 時蔵のお辻はしっかり者風で、岡惚れして全財産を使い果たすようには見えないけどいい芝居。又五郎さんのおゆうがいいツッコミしていた。梅枝さんの栄紫は凛々しく、お紺はおちゃっぴい。

一、素襖落

一、十六夜清心
 鎌倉極楽寺の所化清心は遊女十六夜と恋仲になり、女犯禁止の格ある寺にあるまじき行為を咎められて追放される。十六夜は隙をみて遊郭を脱走し、清心と稲瀬川の百本杭で行き会う。ふたりは入水して心中をはかるが、十六夜は流されて俳諧師白蓮(実は大盗賊の大寺正兵衛)に助けられ、清心は泳ぎができて死にきれない。清心の前を、事情あって大金を懐に忍ばせた寺小姓の恋塚求女が通りかかり、癪の発作で苦しむところを介抱するうちに大金を押し借りしようと思い、抵抗する求女と揉み合っているうちに求女を殺してしまう。
「しかし、待てよ。今日十六夜が身を投げたのも、
またこの若衆の金を取り殺したことを知ったのは、
お月さまとおればかり。
人間わずか五十年、首尾よくいって十年か二十年がせきの山。
つづれをまとう身の上でも金さえあればできる楽しみ、
同じことならあのように騒いで暮らすが人の徳。
ひとり殺すも千人殺すも、取られる首はたったひとつ。
とても悪事をし出したからは、これからは夜盗家尻切り、
人の物はわが物と栄耀栄華をするのが徳。
こいつぁめったに死なれぬわぇ」
 菊五郎はさすがの音羽屋の黙阿弥調。
 梅枝さんの求女が匂い立つような若衆ぶり。

【夜の部】
一、楼門五三桐
 吉右衛門さんの五右衛門「絶景かな絶景かな」と菊五郎さんの真柴久義「石川や」ぐらいしか台詞がないのに、なんでこんなに豪華なんだろう。This is 歌舞伎、という大道具の絢爛さ。
 人間国宝ふたりに、歌昇さん・種之助さんと伸び盛りの若手を配置。

一、文売り
 雀右衛門さんが文売りの「喋り」を踊りで表現。

一、隅田川続俤 法界坊
 今月ダントツの面白さ。勘三郎さんのシネマ歌舞伎『法界坊』を見損なってしまったので比較ができないが、女に横恋慕するわ、女を殺すわ、金を奪い取ろうとするわ、という小汚くて悪徳な坊主なのにかわいいと思えてしまう。幽霊の宙乗り。そして大喜利の「双面」では法界坊と彼に殺された野分姫というふたりの悪霊が憑いた女を踊り訳で演じる超難しさ。
今日は昼夜興行でしたが、夜の部のみチケット確保しました。夜の部、談春が中入り前、志の輔が膝代わりで談志家元音源の直後という豪華なラインナップで、チケット取るの大変でした。

一、新聞記事 小談志

一、片棒 志遊

一、幇間腹 生志 ○

ニンに合ったネタですね。とても楽しかったです。

一、三方一両損 談春 ○

啖呵を聴かせるためのネタ、という。今日は大岡越前守も笑いを起こすお茶目さんでした。

(中入り)
一、家元音源〜漫談 平等論〜

一、猿後家 志の輔 ○

もう大爆笑。

一、鼠穴 里う馬

最後はずっしりと。
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
[01/21 ゆーじあむ]
[11/15 白牡丹@管理人]
[11/15 ゆーじあむ]
[05/25 長谷川誠二郎]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]