忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
新型コロナウィルス流行のため文化活動は自粛のアナウンスが出たばかりで歌舞伎は初日から10日まで興行中止。あぁ明治座の昼の部チケットが(;o;)。夜の部は最終週だが、これも今後の状況次第。
 風の谷のナウシカ、ディレイビューイングの後編も、予約キャンセル入れた。うっかりローソンのムビチケも二重に買ってしまっていたので、どちらも払い戻そう。仕切り直し。

 さて、二月大歌舞伎は十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善興行。昼の部は当代仁左衛門、孝太郎、千之助が中心で十三代目が得意とした『菅原伝授手習鑑』から。

賀茂堤

筆法伝授

道明寺

 ……仁座様、神々しい。。
PR
公演情報 新作歌舞伎 風の谷のナウシカ
『風の谷のナウシカ』ディレイビューイングのお知らせ

 12月に新橋演舞場のチケットが取れなかったので、ディレイビューイングにいち早く。

 原作読んでないのだけど、登場人物像やストーリーはわかりやすい。ナウシカの世界観を歌舞伎の文脈に沿って展開している。台詞は現代語だけど、見栄、本水を使った立ち回り、渡り台詞、宙乗り、舞踊など歌舞伎の要素をきっちり入れている。その試行錯誤の過程を撮ったドキュメンタリーを見ていたので、限られた期間で舞台に落とし込んだスタッフやキャストの力量たるや。

 男性から見た理想像のヒロインであるナウシカより、戦う女クシャナ様に自分が惹かれるのは、デフォ。七之助丈が美麗で凛々しくて。
1ヶ月の志の輔らくご 5日目。

 演目については、予めネタ出ししているのを除き、後の公演を見る皆さんのために黙っておく。

「こけら落とし噺」

「メルシーひな祭り」

料金外のサービス……これは予想していた通りで嬉しかった。


長期間サーバートラブルで忍者ブログの更新ができなかったので、まとめて更新。

一、狸鯉 柳亭市若

市馬師匠のお弟子さん。ちょっと声が必要以上に大きいかも。PAしっかりした大箱なので、もう少し聴きやすくして欲しかった。
柳家お得意の狸の噺だけど「狸鯉」はあまりかからないので、ちょっと嬉しい。

一、つっこみ根問 春風亭百栄

落語マニアな百栄師匠らしい噺。落語家による落語解説(ちょっと『落語研究会』の解説風味ではあるけど、インタビュー形式になっているのがポイント)+落語を知らない女性アナウンサーによるインタビュー版。いまひとつ笑いに踏み込めない。

一、ハイパー初天神 三遊亭白鳥

こちらはぶっ飛んでる金坊が出て来る「初天神」。

仲入

一、穴泥 柳亭市馬

前半がキレッキレの新作で後半は本寸法の古典という、よってたかってのいいところ。市馬師匠も白酒師匠も九州出身だけど。
あまりライブでは聴いていない噺だったので端は「あれ、何だっけ」と思った。展開に引き込まれた。

一、宿屋の仇討ち 桃月庵白酒

白酒師匠のこれ、やっぱり面白いなぁ。しじゅう三人の男たち3人が男子校の合宿ノリ。
中村屋兄弟のファンなので鰯売がお目当てだったけど、ネットで連獅子の評判が凄く、実際観てシネマ歌舞伎化希望するぐらいよかった。

一、義経腰越状 五斗三番叟

 義経と家臣団を描いてはいるのだけど、豊臣秀頼と家臣団をも示唆しているという二重の歴史劇。後者では後藤又兵衛が酒に酔って失態をおかすというエピソードを若干知っていたので、義経家臣の五斗兵衛になぞらえている関係性が面白いと思った。けど踊りに入るまでが少しダルいかも。

二、連獅子

 猿之助が狂言師右近で親獅子の精、市川中車の息子である市川團子が高校1年生にして狂言師左近で仔獅子の精。
 最終日直前だったので、一ヶ月近く躍り込んでいたため、完成度が凄かった。特に毛振りはほとんどシンクロ。ライブでは松本幸四郎と市川染五郎、芝翫と息子三人を、シネマ歌舞伎では中村勘三郎と中村勘九郎・七之助を観てるけど、中村屋さんレベルの出来。
 場内も引き込まれて熱狂ぶり。カーテンコールしたかったぐらい。

三、鰯売恋曳網
 中村屋さんゆかりの作品。勘九郎さんが自分の生真面目さを活かす猿源氏を、七之助が美しく純粋な姫(だけど不本意な出来事から遊女屋に預け置かれている)に惚れて、身を偽って大名として登楼し……ほんわかラブラブな二人がめっちゃ可愛い。
中村屋兄弟が歌舞伎座に戻ってきたということで、一月は歌舞伎座昼夜を2日にわたって観る。
昼の部はそれぞれ見どころがあって豪華配役。四本だと長く感じた。

一、醍醐の花見

 梅玉の秀吉、魁春の北の政所、勘九郎の三成、七之助の智仁親王北の方、種之助の曾呂利新左衛門、鷹之資の大野治房。若手の種之助と鷹之資が意外によかった。
 御簾があがって福助の淀の御方と芝翫の智仁親王が現れ、歓声。福助は動きが不自由そうだったけど、復帰してくれるだけで眼福。

二、奥州安達原 袖萩祭文

 ひたすら雀右衛門の袖萩と娘のお君が哀れ。雀右衛門さんのニンに合っているのだけど。

三、素襖落

 人間国宝の吉右衛門さんが太郎冠者でコミカルな演技と踊りを見せるところが凄いのかな……笑えるかと問われれば、もうちょっと軽みが欲しかったのだけど。

四、天衣紛上野初花 河内山

 白鸚さん扮する河内山宗俊の「馬鹿め!」の一言のためだけに展開する噺。大藩の殿を怪しげな坊主が舌先三寸で騙し、正体が露見しても堂々と玄関から出て来るラストに、庶民が喝采を浴びせただろう。
蕎麦屋友達のYさんを誘って。Yさんはバーを経営していて、十年以上前から落語家を招いて落語会をしていたという、なかなかの落語好き。お客さんにも落語ファンが多いのだが、若いスタッフにもっと落語に親しんで欲しいという。

一、明烏
 「芝浜」とトリネタ二本の豪華セット。しかも、最近の芸風なのか、話言葉が殆どで地の言葉(談春目線)は一ヵ所しかない。マンガチックというか、カリカチュアライズされたた「明烏」。

一、芝浜
 去年の武道館の「芝浜」をさらにカリカチュアライズされたバージョン。魚屋の勝五郎がますます戸田の競艇好きな談春そのものに近くなっているし、かつて競艇にのめり込んでいた自分を振り返る述懐つき。おかみさんも威勢がいい。でも最後のところでほろりとくる。
3年連続ぐらい? 今日は文京シビックホール20周年の記念行事の初日ということで文京区長が挨拶に登壇。客席からの質疑応答はなかったけど、フォトセッションのサービス。

紅翫 いてうさん

三ツ面子守 鶴松さん

羽衣 勘九郎さん&七之助さん ニンにとっても合った演目。麗しい。
伽羅先代萩
 御殿と床下。七之助が政岡を、勘太郎が千松を、長三郎が鶴千代を初役で。
 飯炊き《ままたき》の場をフルサイズで省略せずに演じたのが、七之助がこの女方随一と言われる難役に取り組む覚悟として示した。後半で、母としての嘆きの部分が強さより優った感じで、それをよしとしない評者もいるようだけれど、リアルさを出したと思う。
 千松と鶴千代も場を持たせる演技ができるので、飯炊きの間も飽きさせずによい舞台をつくったと思う。
 そして幸四郎の八潮と仁木弾正の二役がよかった。八潮は女怪としての大きさと悪意が出ていたし、仁木弾正も国崩しの大きさは出ていたと思う(第三部の劇中劇で中車が仁木弾正をちらっと演じるが、まるで違った)。「十代目!」の掛け声もよかった(仁木弾正は五代目幸四郎の当たり役)。さすが、お家の芸と思う。
 児太郎の沖ノ井も凛としていたし、扇雀の栄御前もスケールが出ていた。

闇梅百物語
 どの人もぱっとしない。先代(十七代か十八代かはわからない)の勘三郎がひとりで演じ分けたそうで、それを4-5人で分け持ったのだから、趣向が違ってしまう。
玉さまの舞台のせいか、3階席が取れず、1階席の最終列の席をはたいた。その期待は……うーん。

 仇討ちと女方としての芸の道というふたつの道に引き裂かれながら本懐遂げて芸道に戻る主人公、というシンプル化はいいんだけど、ああいう復讐の仕方だったらわざわざ剣術の修行する必要なくない? とか、雪之丞に恋する仇の娘が井戸に飛び込む場面をわざわざ画像で見せる必要あった?とか、突っこみどころが多すぎて。
 好意的な評の中には、あれは玉三郎の女方とは、芸とは、という論を示すところがよいのだ、というものもありましたが。なら、もっと舞台の上での葛藤を場面に入れて欲しかったです。

 プロジェクションマッピングを使うこと自体には反対じゃないんだけど、演出が私の好みに合わないんでしょうね。瓦版のゴシップ記事が現代風だったり、現在の歌舞伎座を背景に噂話をする男女が現代語だったり、そこだけ現代にする必然性がないと舞台空間を虚構として楽しむ気分が途切れてしまう。あと、プロジェクションマッピングに映る録画上の人物と雪太郎(雪之丞)が会話する場面があったけど、どうしても台詞と台詞の間が空いてしまって、集中力が削がれてしまう。時空を超えた会話とか設定に必然性がないと、ちょっと辛いなぁ。あと、プロジェクションマッピングの絵のセンスが……娘道成寺の花子の踊りにメラメラ音を立てて燃える炎って、昭和のマンガですか。満天の星も過剰すぎて豆電球チックでした。

 たぶんコクーンで観たらそれなりに納得したかも知れません。あるいはベタベタのお涙頂戴演出で明治座だったら、そういうノリで観られたと思います。歌舞伎座で観るには、あの大きなハコとご見物の関心に合った見せ方が必要なんだろうと思います。

 玉三郎さまは最後の元禄花見踊りだけでも眼福、でも全体のお話からすると付け足し感が拭えない。久しぶりに立役の七之助さんに勘三郎さんの声や姿を見ました。中車さんは三役ぐらいだったらもっと演じ分けが映えただろうなと思います。鈴虫役の方は頑張っていましたが、もっと軽く笑いを取る方か、狂言回しのドラマを語る方か、どちらかに振った方がよかったんじゃないかと思います。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[01/21 ゆーじあむ]
[11/15 白牡丹@管理人]
[11/15 ゆーじあむ]
[05/25 長谷川誠二郎]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]