忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
高麗屋さん三代襲名、楽日の昼夜チケット入手して行ってきました。
【昼の部】
箱根霊験誓仇討
 勘九郎さんの滝口上野と七之助さんの女房初花が息合ってて好き。猿之助さんが怪我でこちらは出られず(寺子屋で涎掛けで出演)、愛之助さんが奴筆助と仇の飯沼勝五郎を二役で。秀太郎さんの母早蕨も含めてバランスがよく出来ていた。

七福神
恵比寿 又五郎
弁財天 扇雀
寿老人 彌十郎
福禄寿 門之助
布袋 髙麗蔵
毘沙門 芝翫
大黒天 鴈治郎
 すごい重量級。。

菅原伝授手習鑑
車引
 もうね、勘九郎の梅王丸の動きがすばらしくて、あと七之助さんの桜丸が凛々しくて、そっちばっかり目に入って新・幸四郎さんの松王丸が(^_^;)。彌十郎さんの時平も大きくて迫力あった。

寺子屋
 猿之助さんがお子さんたちに混じって涎くくり与太郎で演じられていたところがよかった(^_^;)。怪我されて以来、舞台で観るのはこれが初めてではないかと。

【夜の部】
相撲場
 やっぱり大阪弁ネイティブの愛之助さんがつっころばしの与五郎と血気盛んな放駒長吉をやったせいで、無理なく大坂舞台の芝居の味が出てよかった。

口上
 幹部そろっての口上、ちゃんと中村屋兄弟が入ってるの嬉しい。そして七之助さんが新・幸四郎さんの出演歴のうちなぜか「くさや」(宮藤官九郎さんの『大江戸りびんぐでっど』)を口にしたので大爆笑。私はリアルで見てないけどDVD見てるから「さむいよー」「くさいよー」思い出してしまった。
 挨拶をリードした坂田藤十郎さん、少し呂律が回っていない。

勧進帳
 新・幸四郎さんの弁慶、新・染五郎さんの義経で。

相生獅子
 扇雀さん・孝太郎さん。
三人形
 傾城は雀右衛門さん、若衆は鴈治郎さん、奴は又五郎さん。
PR
自分が生で観た「京鹿子娘五人道成寺」「二人椀久」をシネマ歌舞伎で再び見る。歌舞伎は生で観るのが一番ではあるけれど、シネマ歌舞伎はスクリーン一杯に役者をアップや全身で見られたりインタビューが聞けたり、ライブとはまた違った味わいがあって、繰り返し見られるのが嬉しい。

京鹿子娘五人道成寺
 玉さまに四人の若手が絡んで五人の花子が華やかな舞台。玉さまが次世代の育成と芸の継承を意識していることに加えて、演出的にも映える作品だと思う。

二人椀久
 シネマ歌舞伎でまた見られるとは嬉しい限り。松山太夫の玉さまの美しさは言うまでもなく、勘九郎の椀久もかっこ美しく、ギリシャ悲劇を舞で見るような舞台だった。

銀座six地下3階にある観世能楽堂に行くのは初めて。ちょっと早めに行って探し当てて吉。能楽堂の見切りの柱を外しており、能であればその柱で見切りとなる斜め正面席だったのだが……柱を外しているし、L字型の舞台の正面と脇正面の観客に応えるために志の輔師匠もいつもより上下の切り方が大きかったので斜め正面は見やすい席になってました。

買い物ぶぎ/志の輔
長唄
徂徠豆腐/志の輔

 千秋楽なので今日まで沢山練習してきました、から始まって、観世能楽堂についての解説、落語の小咄をいくつか入れてのウォーミングアップ。からの買い物ぶぎ。

 徂徠豆腐もマクラたっぷり、最初は消防士の話から入ったので火事息子かなと思ったら、江戸大火の話から振袖火事を解説して徂徠豆腐。赤穂事件の関わりなど入れ毎が多かったせいか、13時30分開演で16時30分終演と全部で3時間になりました。

 最後は毎年パルコでやっている長唄連中にあわせての手拍子。右手首の骨折からかなり回復して、今日は手を合わせられました。
お年玉〈年始ご挨拶〉尾上松也

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)鳥居前
佐藤忠信実は源九郎狐 中村 隼人
源義経 中村 種之助
静御前 中村 梅丸
逸見藤太 坂東 巳之助
武蔵坊弁慶 中村 歌昇

真山青果 作
真山美保 演出
二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)御浜御殿綱豊卿
徳川綱豊卿 尾上 松也
富森助右衛門 坂東 巳之助
御祐筆江島 坂東 新悟
中臈お喜世 中村 米吉
上臈浦尾 中村 歌女之丞
新井勘解由 中村 錦之助


第二部
お年玉〈年始ご挨拶〉中村 歌昇

一、操り三番叟(あやつりさんばそう)
三番叟 中村 種之助
千歳 中村 隼人
後見 中村 梅丸
翁 中村 錦之助

双蝶々曲輪日記
二、引窓(ひきまど)
南与兵衛後に南方十次兵衛 中村 歌昇
女房お早 中村 米吉
平岡丹平 坂東 巳之助
三原伝造 中村 隼人
母お幸 中村 歌女之丞
濡髪長五郎 尾上 松也

銘作左小刀
三、京人形(きょうにんぎょう)
彫物師甚五郎 坂東 巳之助
京人形の精 坂東 新悟
娘おみつ実は義照妹井筒姫 中村 梅丸
女房おとく 中村 種之助
奴照平 中村 歌昇

 ロビーで仁左さまを目撃した情報があります……残念orz
 
 仁左さまから教えを受けた音羽屋の松也さんの綱豊卿がいつか歌舞伎座にもかかるのでしょうか、楽しみです。












家族ふたりを亡くして喪中のひとり寂しい年の暮れ。去年だったら近所で弟とそばをいただいて、母とふたりで紅白。そんな暮れを送れない今年は、違うことをしたくて、横浜にぎわい座の志の輔トリの寄席チケットを入手。

子ほめ/全楽
時そば/志の彦
権助魚/志のぽん
漫談/寒空はだか この日限定のウルトラマンのネタとか、歌のイントロじゃなくて中トロクイズとか、馬鹿馬鹿しさがいい。
看板のピン/生志 予想通りの相撲ねた。
漫談/松元ヒロ  ウーマンラッシュアワー村本さん、寄席には松元ヒロがいます。あなたもテレビに出られようと出られなかろうと時事ネタ頑張ってください。鹿児島実業時代のジンサン、おもしかったです。うっかりネタが口からこぼれて、話が壊れてしまったけれど、芸人は最後まで。
歌とアコーデオン/遠峰あこ 両国風景のアコーデオン版がすごい。
三方一両損/志の輔 今年一年を締めくくるのが志の輔らくごで幸せ。
2017年に行った落語209席。諸事情のため、2010年以来で一番少なかった。

2017/12/31クライマックス寄席
2017/12/19 志の輔らくごinEX2017
2017/11/29 晩秋、Wホワイト落語会19 in 成城
2017/11/21 立川談志七回忌特別公演 談志まつり2017
2017/11/21 立川談志七回忌特別公演 談志まつり2017
2017/10/9 創作落語30周年記念リロード 白鳥ジャパン雪月花
2017/9/19 柳家小三治一門会
2017/9/7 日本青年館オープニング記念公演 立川談春独演会
2017/8/23 毎日新聞落語会 渋谷に福来たる 2017 夏一番 〜桃月庵白酒25周年記念落語会的な〜
2017/7/22 志の輔らくご in 下北沢2017 恒例 牡丹灯籠
2017/5/23 立川談春「廓噺の会」
2017/5/22 柳の家に春風が…柳家喬太郎・柳家三三・春風亭一之輔三人会
2017/5/10 名作落語〜それまで・そのあと・スピンオフ〜 談笑『落語外伝』 第2回「居残り佐平次」
2017/5/4 TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご
2017/4/22 よってたかって春らくご'17 21世紀スペシャル寄席 ONE DAY
2017/4/1 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜 江戸暦
2017/4/1 渋谷に福来たるSPECIAL〜落語フェスティバル的な〜 春爛漫 白酒一之輔二人会
2017/2/28 立川談春独演会2017
2017/2/4 落語の仮面祭り in 下北沢演芸祭
2017/1/19 立川談春新春独演会「居残り佐平次」

 チケット取れにくいながら今年も志の輔談春を追いかけ、またひとり友人をファンにした。
松竹シネマ歌舞伎 め組の喧嘩

私が歌舞伎に目覚めた時、勘三郎さんはこの世におられなかった。
だから、この人が舞台で躍動するのを見ることはかなわないのだと、ぼろぼろ泣いた。勘三郎さんをリアルで見た人、見ていない人の境を超えて、館内からはあちこちからすすり泣きが聞こえた。

全編、江戸弁が流れるのが嬉しい。たぶん、原作の舞台であった芝周辺の言葉というより、今の浅草周辺に近いんじゃないかと思う。当時の芝は、江戸でも南の外れの方だったから。勘三郎さん演じる辰五郎と、梅玉さん演じる喜三郎、扇雀さん演じるお仲などとのやり取りの言葉が、とてもしっくり来る。

勘九郎さんの鉄火ぶりもみどころ。惜しげもなく太腿を出すのが眩しい。


吉例顔見世大歌舞伎

仮名手本忠臣蔵
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場 二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
 仁左衛門の早野勘平を見るための場でしたなぁ。幕が下りてからも周囲から溜息「にざ様色っぽい」「いいものを見せてもらった」
 染五郎の斧定九郎も形が決まってた。この形をつくった初代中村仲蔵に感謝。

恋飛脚大和往来
新口村
 心中を決めた梅川忠兵衛が忠兵衛の父に最後の別れを告げる場。ひたすら寒い雪の場面。

元禄忠臣蔵
大石最後の一日
 襲名前の松本幸四郎(年明けに白鷗)・市川染五郎(年明けに松本幸四郎)・松本金太郎(年明けに市川染五郎)が勢揃い。幸四郎の重厚な大石内蔵助、染五郎の若々しい磯貝十郎左右衛門、金太郎の初々しい細川内記(大石ら赤穂浪士十七人を預かった細川屋敷の若君)。磯貝と祝言を挙げたのに討ち入りのために去られてしまったおみの(中村児太郎)が素晴らしく、女役はひとりしか出ないというドラマの中で切なく美しく儚い。

 時代物と人情モノと新歌舞伎を揃えたのだろうけど、人が死ぬ話ばかりで重くて胸焼けした。。
衛星劇場契約したら、平日夕方は毎日歌舞伎番組を放送してるのね。今月は尾上松緑特集で、けっこう録画がたまってしまいました。ライブの空気感には及ばないけど、来月の放送も結構充実してて止められない。

歌舞伎美人 吉例顔見世大歌舞伎

鯉つかみ
 市川染五郎は年明けに松本幸四郎を襲名するので染五郎としては最後の歌舞伎座。ラスベガス公演もやった「鯉つかみ」、本水を使って大きな鯉と格闘するクライマックスは早変わりもあって大迫力。でも、そこに至るドラマは今ひとつ面白くない。
 児太郎の小桜姫は美しくていいんだけどなー。たぶん、恋人に姿を変えた鯉の精にあっさり騙されてしまうのが面白くないんだな。

奥州安達原
 中村吉右衛門が主役で平安時代の奥州氾濫をモチーフにした時代物。
 ……うぅ、どうも意識が飛んでしまって覚えてない。

雪暮夜入谷畦道
 通称「直侍」。河竹黙阿弥の七五調の台詞もいいんだけど、雪の入谷の小さな蕎麦屋を舞台に小悪党が蕎麦をすする場面が好き過ぎる。菊五郎が年齢を感じさせない、白く塗った脚を寒さにも関わらずにゅっと剥き出しにして尻っぱしょりした姿が、いかにも江戸風のいなせな遊び人。蕎麦屋に入って手あぶりの上で股を温める姿からしてスタイリッシュ。
 時蔵の三千歳花魁が色っぽく、縞柄の打ち掛けが渋いながらも素敵。菊五郎と時蔵の安定した芝居で絵のような別れの場面。
談志が亡くなった年から毎年参加して、三本締めしている談志まつり。

【昼の部】
権助魚 平林
堀の内 談修
道具や 生志
サイレント長短 左談次
ハナコ 志の輔
(仲入り)
一門挨拶
掛け取り ぜん馬
スタンドアップコメディ 志の輔
崇徳院 龍志

 志の輔・談春・談笑は好きなんだけど志らく・キウイは嫌い。仕事が入っていたこともあり、昨日は談笑聞きたかったけど行けずしまい。

 昼の部は左談次さんががんの手術で声出せないところをスケッチブックとパントマイムで演じた「サイレント長短」よかった。噺家の伝えたい気持ちあれば声が不自由でも人を笑わせられることを嬉しく思った。そして志の輔「ハナコ」過去にも聴いたかも知れないが楽しかった。

 でもMVPをあげるとすれば松元ヒロだ。彼は政治思想的には共産党系で右派の談志とは相容れなかっただろうが、芸人としてはとても愛された。今日はパントマイムも披露してくれて、「奉納」に足る爆笑芸だった。

【夜の部】
大安売り 小談志
荒大名茶の湯 志遊
動物園 雲水
白井権八 談春
(一門挨拶)
懐かしのスーパーヒーロー 談之助
コミカルソング テツandトモ
強飯の女郎買い ぜん馬

 夜の部はダントツでテツandトモ。談志と安倍晋三という組み合わせだけで爆笑しっ放し。ネタ披露している間、まったくキャラが崩れなかったのもお見事。
 セカンドベストは談春「白井権八」。歌舞伎を見に行くようになってネタ元がわかるようになったせいもあるが、落語家で講談ではない抜き読みをやれるのは談春の他には喬太郎とか三三とかぐらいしか思い浮かばない(たぶん五街道雲助一門もやっているんじゃないかと思うけど、あいにくそこまで手が回らない)。落語は何でもありの世界だとけど、こういう伝統芸能的なものは残して欲しい。
 そして談之助の宴会芸みたいな着替えネタ。星陽雄馬、サンダーバードのスコット、エイトマン、ハリマオ、月光仮面を生着替えというかほとんど脱ぎながらコスプレ。宴会芸なら談志も喜んだろうな。


カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]