忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 刊行されていると知って、即入手しました。

 amazon.co.jpでの分類は「日本史」ですが、歴史小説でフィクションが入っていると著者あとがきにあります。



 幕府代官江川家、とりわけ第36代江川太郎左衛門英龍の史実研究については第一人者だろうと思われる仲田さんによる、坦庵先生こと江川英龍が主人公の歴史小説です。代官職を継ぐまではほとんど記録に残っていないので、その部分を埋めるためにフィクション的手法を取ったとか。

 あとがきや参考文献も含めて、978ページもある~(嬉し涙)。片手で持てないほど重いです!

 坦庵先生があと10年生きていたら幕末の歴史は違うものになっていたかも知れない……と思いつつ、堪能させていただきます。すぐには読み切れないので、感想は暫時お待ち下され。




PR
 復刊ドットコムから復刊の連絡が届いていたが、もう店頭に並んでいた(@_@)。



 しかも『Vice』シリーズを愛読していた当時すでに廃刊だった『L.A. HEAT』も復刊……う、嬉しい。



復刊ドットコム 復刊リクエスト投票
『L.A. HEAT』黒田かすみ
『Vice』黒田かすみ

 この作品を知る前からアントニオ・バンデラスが好きだった自分(アメリカで成功する前の作品から観てた^_^;)には、エドガーとかビクトル・レオンとか、このシリーズのラテン系男たちがツボ過ぎ。

 連載された当時、渡航経験がなかったと文庫版あとがきで知って、今さらながら感心……インターネットが普及してなかった当時、ロケハンなしでこれだけ海外渡航気分を味わえる作品を描けたなんて情報収集力が半端じゃないです。

 文庫化によって新たなファンが増えると嬉しいです。






 前巻で関前藩内での騒動が解決し、磐音様が江戸に帰ってきました。



 吉原デビューする白鶴花魁を狙う敵方が、絵に描いたような無頼の旗本で、剣はそれなりに強そうだけど……敵としちゃ小者だなぁ(苦笑)。

 南鐐二朱銀騒動の阿波屋に始まり、家老宍戸文六の大物との闘いが続いただけに、剣は強くても、財力も権力もあまりない人物では磐音様の敵方には見劣りします。

 でも、わかりやすい時代劇マンガなので、それなりに楽しんでます。









関連記事
『陽炎の辻 居眠り磐音』第4巻 佐伯泰英・かざま鋭二(アクションコミックス)
『陽炎の辻居眠り磐音』コミックス版 第3巻
『陽炎の辻 居眠り磐音』第1巻・第2巻 (かざま鋭二・佐伯泰英)
 新刊が出た!



 里中満智子の一連の作品を読んでいることもあって(一番好きなのは『長屋王残照記』)、天智天皇の時代あたりから天平時代あたりまで、結構好きだ。

 もっとも私は『日本書紀』は後世からの辻褄合わせが沢山入っていると思っている。なのでこの辺りの時代で一番興味があるのは、母親の身分が低いために天皇候補にはなれなかったけど行政能力が高かったらしい高市皇子(長屋王の父)だったりする。

 でも一連の里中作品で一番魅力的な男は藤原不比等かも知れない。美男ではないが、野心的で仕事ができて、最新刊でも「権力そのものが欲しいのではない。権力があれば自分の考えを政治に生かせる――だから権力を得たいのだ」と語っており、権力は目的でなく手段であると考えている点が魅力的。

 既刊はとうに手放してしまったけど、最新刊が出るとやはり買ってしまう。

 『ナナとリリ』(古っ!)あたりから愛読してきただけに、里中先生には息長く頑張って描き続けていただきたい。











 絵に描いたようにわかりやすい時代劇マンガ。



 いかにも家老は悪人面。悪の片棒かついだ商人も悪人面だが、簡単に寝返るところもわかりやすい(苦笑)。

 そして、脱藩した主人公が藩主の白紙委任状をかざして「上意である!」と宣言すると、ははあっとひれ伏す藩上層部。悪の首領である家老に雇われたショッカー怪人(……あれ?)がライダー1号を襲うが、ライダーキックが炸裂してショッカー怪人は爆発、悪の首領の野望に鉄槌を下すのであった(……悪ノリしてるけど、大筋ではズレてない^_^;)。

 ストーリーもビジュアルもすっきりとわかりやすく、ついつい買ってしまった第4巻。

関連記事
『陽炎の辻 居眠り磐音』第1巻・第2巻 (かざま鋭二・佐伯泰英)
『陽炎の辻居眠り磐音』コミックス版 第3巻
 ただいま、書庫の整理中です……たった今、ブックオフの買取便が段ボール5箱分の書籍・コミックス・CD・DVDを引き取っていきました(もちろん、幕末関係に限りませんが)。
 一段落したと思った途端、来月のコミックス新刊リストを見て引きつりました……ううぅ、7月は、「絞っても絞ってもこれだけは買う」と決めていたコミックスが新刊ラッシュです(泣笑)!
 以下、購入を予定しています。

7/3 『JIN―仁―』第15巻 村上もとか (スーパージャンプコミックス)
7/17 『歳三梅いちりん』上・下 かれん (集英社YOUコミックス)
7/21 『陽炎の辻』第4巻 かざま鋭二 (双葉社)
7/23 『チェーザレ』第7巻 惣領冬実 (講談社モーニングKC)
7/28 『風雲児たち 幕末編』第15巻 みなもと太郎 (リイド社)

 まだamazon.co.jpに登録されていないタイトルばかりですので、リンクは貼れません……あしからず。






 先日から通い始めた針灸師の先生と四方山話をしてました。その中で、先生のひいお爺さんが庄内藩士で戊辰戦争で戦死していることが最近わかったという話題になり、ひとしきり戊辰戦争の話になりました……さらに先生が以前に東京都日野市に住んでいたので土方歳三生家もご存じとかで、すっかり盛り上がってしまいました(爆)。

 で、帰りがけに、読みやすい郷土史の本ですと、表題の冊子を貸してくださいました。

『飽海史話』富沢襄 昭和35年2月23日(意図されたのか偶然かは存じませんが、現皇太子殿下の誕生日ですねぇ……) 山形県酒田市・敬天堂発行

 「飽海《あくみ》」とは、羽後国・山形県の郡名。

 以下、白牡丹の好奇心センサーが働くところを拾い読みしたメモです。

・戦国時代……ごくごく2~3ページほどで解説されてます(汗)。要約すると(以下、NHK大河ドラマ『天地人』の今後のストーリーについてネタばれになります。知りたくない方は読まないことをお勧めします・汗)、酒田を中心にした庄内周辺は、最上氏・上杉氏の争うところとなり、「秀吉は上杉景勝に命じて大谷吉継と共に庄内の検地を命じましたが、百姓は之に反対して一きをおこしましたが皆しりぞけられてしまったのです」。「ところが1600年関ヶ原の戦がおこって、石田三成方に組した上杉氏は、部下の名将、直江兼続をして、米沢から徳川方に味方した山形の最上義光を攻めさせ、酒田の方からは最上川をさかのぼって、山形を攻めさせました。最上義光はおどろいて自分の姉の子である伊達正宗(原文ママ)に助けを求めました。この時直江兼続の軍をよく防ぎとめたのが、長谷堂を守った、志村伊豆守光安でした。運よく関ヶ原で徳川方が勝ったとの知らせがとどいたのです」。上杉家は減封されて米沢に転封、庄内は最上義光の部下・志村光安の支配地に。最上義光の死後、最上家は改易。藩主は信州松代の酒井忠勝に移り、以後、酒井家の支配下で幕末まで庄内藩(天保期に三方領地替えの危機あり、領民が幕府に直接歎願するなどあって、回避された)。

・庄内の経済……酒井家が庄内に入ってきた元和年間の名目高は13万8千石。将軍家綱の代の再検地では14万7千石と報告しているが実高は19万石以上あったらしい(ただし江戸時代を通じては、鳥海山の噴火など天災もあり、凶作の年には11万石程度しか獲れなかった)。さらに江戸時代を通じて発達した北前船の港とて、春から秋の航海シーズンに3千隻ほどが入港するという一大商業都市だった。

・「紅花大尽」……NHK土曜時代劇『陽炎の辻』シリーズの視聴者にピピッと響く言葉(笑)。主人公・坂崎磐音のかつての許婚・奈緒が吉原から嫁いでいったのは紅花大尽・前田屋さんですね。リンク先はサイト「最上川大事典」舟運の歴史・「紅花大尽」の項。最上川流域の特産品で、染料・着色料・生薬として使われたんですね。別名は「末摘花」(『源氏物語』でそう呼ばれた姫様は、お鼻が……汗)。今でも山形県の花。リンク先の記事によると「江戸後期に栄えた山形の紅花商人は現在の金融・商業会のような中心的な存在」だそうで、それで「紅花大尽」なのかと感心しました。実在の「紅花大尽」鈴木清風は俳人でもあり、芭蕉が「奥の細道」で奥州を旅した時にもてなしもしているのですね。

・「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」……または「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」。庄内藩にはあまり詳しくない自分でも、酒田といえばこの戯れ歌が思い浮かぶ。wikipedia「本間氏」の項では「酒田本間氏(ほんまし)は佐渡本間の分家で、山形県酒田市を中心に農地解放による解体まで日本最大の地主だった家」。つい60年ほど前まで日本最大の地主だったのだ。代々、地元酒田のインフラ整備に出資したり(たとえば植林)、藩主上杉鷹山で知られる米沢藩の財政改革を支えたり、戊辰戦争の時には庄内藩の戦費を支えたりなど、利益の一部を公共に還元していることを明記しておきたい。
本間家旧本邸(注・リンク先に飛ぶとmidiが鳴ります・汗)

・相場の神様・本間宗久……以下、日本証券新聞サイトの記事にリンク。
最強の相場師、本間宗久とは?
相場の名人・本間宗久 【酒田五法は風林火山】
 どこで読んだか忘れてしまったが、幕末に日本が開国した時、大坂・堂島の米商人が欧米の先物取引の仕組みを知って「大したことはない」と言ったというほど日本の先物取引は先進的だったとか。遡ること、第八代将軍吉宗公の時代に、こんな人物がいたんだなぁ(汗)。
 さて宗久は本間家を嗣いだ光丘とはからって大量の庄内米を酒田港から積み出した。この米は日本海沿いに西下、難所といわれた能登半島沖を乗り切って福井県の敦賀、小浜から大津を経て京都に回米、ここで売りまくる一方、京都と大阪の米会所を舞台に期米相場に挑んだ。
 なにしろ当時の本間家は二十四、五万石といわれた豪農であり、この現物を背景にしているから強い。しかも米の作柄の情報も刻々入る。
 こうした恵まれた条件もさることながら、宗久は天才的相場師であった。年々の記録を集積して天然・気象を予見、作柄の豊凶を割り出すという自然の法則に従って売買する合理性に加えて、大胆不敵で進退自在な攻防はいつも仕手戦に花を咲かせ百戦連勝、常勝不敗の大記録を打ち立てるとともに、たちまちのうちに巨万の富を築き上げた。
 当時“出羽の天狗”の異名をとるほど畏敬され、業界の大立物にのしあがったのは当然である。

 関西市場を席捲して相場の神様とさわがれた宗久は、こんどは江戸をねらった。当時の江戸は将軍のお膝元だけに経済力と物資の動きは大阪をはるかにしのいでいた。米の取引所も神田、浅草、深川、永島町、通三丁と五つもあって殷賑を極めていた。ここに乗り込んだ宗久はスケールの大きい売買を展開、天才的相場師の面目を遺憾なく発揮して空前の巨利を得た。“出羽の天狗”はここでも米穀問屋を慄え上がらせたのである。その神出鬼没、進退ぶりはまことにあざやかで、当時江戸の町々では、

  酒田照る照る
    堂島くもる
      江戸の蔵前雨が降る

という俗謡がはやったほどで、宗久の天才ぶりは、いまでも日本の米市場史に燦然と輝いている。

 うーむ、紀伊国屋文左衛門奈良屋茂左衛門も霞んで見える(汗)。

・「天保のおすわり」……『風雲児たち』読者にはお馴染み、老中水野忠邦の天保の改革中に検討された三方領地替え。この庄内藩と越後長岡藩と武蔵国川越藩の藩主を玉突きで動かそうという大規模な領地替え(川越藩松平家が裕福な庄内藩領を狙ったものらしい)だったのが、庄内藩領民の直訴などによって断念されたとか。一回や二回の直訴ではなく、大老から老中、近隣の大藩の藩主たちに対して合計数百人が住民代表で直訴しているのだから、総じて善政だったのでしょう。そして、その訴状について水野老中から調べるように命令されたのが江戸町奉行の矢部駿河守定謙なんですよ……鳥居甲斐守耀蔵の陰謀によって罷免させられ、伊勢桑名藩お預かりになって憤死した方です(涙)。罷免させられる前、矢部お奉行様は庄内の農民の肩を持ったので、お奉行様が亡くなった後、庄内では稲荷様に祀ったそうです。

 ……とても楽しく読みましたが、目が疲れてきました(涙)。『陽炎の辻3』本放送の時間ですし(爆)。ちなみに今日の土スタ、『組!』山本土方のあの場面あり、お約束通りに山本耕史さんがビビる大木さんをいじってくれたりする場面もあり、去年の『組!』関係者忘年会の様子もちらっと知れるトークもあり、大満足でした(^^)。

 戊辰戦争前後を含む幕末の庄内藩史については、明日以降ということでm(__)m。



 店頭で見つけて、ぱらぱらと見ただけですが……(汗)。



 確か、監修に河合敦さんが入っていたと記憶しています。

 坦庵公こと江川英龍が一項目として8ページぐらい掲載されてました。図版が多くて読みやすく、坦庵公がこうして取り上げられるのは嬉しいです。

 給付金が出たら買おうかな……(爆)。

 第1巻と第2巻はふーんという感じで読んでいたのだけど、第3巻は参りましたm(__)m。さすが大ベテラン、かざま鋭二。



 第2巻の後半から引き続き、ほとんど全巻を通じて、江戸留学から関前藩の改革を夢見て帰郷したばかりの坂崎磐音が、親友であった河出慎之輔を斬った(同じく親友であるところの)小林琴平と斬り合わねばならなくなった状況を丁寧に描いている。

 声を大にして言うつもりはないのだが、よく出来たテレビドラマ版『陽炎の辻』パート1の中で一番物足りないと思っていたのが、このエピソードだった。幼なじみで親友で、藩政改革の志を誓った盟友でもある三人が、帰郷したその日から朝方にかけて、なぜ斬り合いに至ったのか。そして妻の不貞を疑って十分な申し開きもさせずに惨殺した河出信之輔の一件以来、藩の関係者はみすみす事件の拡大と死者の増加をなぜ見過ごしているのか。この辺りの描き方が不十分な気がした。

(以下、いささかネタばれ気味なので、畳んでおきます)



 年1回の刊行ペースなもんだから、3ヶ月ぐらい前から単行本化を待ちわびていた、というのは『大奥』ぐらいなもんだろう。一番好きな『風雲児たち 幕末編』だって3~4ヶ月に1冊刊行されるから、そこまで焦らされないもの(爆)。



 ぶっちゃけBLが苦手な(オタクなのに……^_^;)白牡丹、よしながふみ作品の大半が読めない。『モーニング』連載の「きのう何食べた?」はホモセクシャルのカップルが主人公だけど、それっぽい場面がほとんどないのでかろうじて読める。『西洋骨董菓子店』はヒューマンドラマの側面が好きで読めたが、アニメはBL嫌いセンサーが振り切れてしまって(汗)第1回で挫折。でも『愛すべき娘たち』と『大奥』は大傑作だと思う……という、ややこしいマンガ読みだ(爆)。

 待望の第4巻、わくわくしながら、そして、うーむと唸りながら、読み切った。ちょっとだけネタばれ、でもなるべく少なめに感想。

☆★☆★

 男女逆転大奥という大風呂敷を敷いた上で、この歴史のアレンジの仕方と、人間模様の描き方は、やはり凄いと思う。

 男女逆転という舞台設定を貫きつつ、微妙なところで男女逆転しないアレンジを配したのには唸った。将軍家綱時代の一大事件をこう消化したか……むむー、にゃるほど。

 『風雲児たち』大ファンには、第三代将軍家光の異母弟にして第四代将軍の大叔父となる保科肥後守正之公がこういうアレンジで出てくることが嬉しく、「うわー♪」と声をあげて喜んだ。

 そして、大きな歴史のうねりの中で、幕府と大奥という表舞台と表裏一体で一農村や遊郭の模様を描いている立体感もさりながら、大きな時代の流れと幕閣・大奥における微妙な(かつ強烈な)権力闘争も生々しい。

 また同時に、男女のまっすぐな恋心の切なさと、その残酷さ。

 加えて、初代のカップルの一途な恋心と心身の葛藤をまず描いておいて、世代を経た男女の恋心と肉欲と権力欲がぐちゃぐちゃに絡んだパロディというかディフォルメを「いやっ」てほど見せつけられるのも、凄いと思う。恋愛模様の描き方に関してだけ言えば、ガルシア・マルケスとか、ラテンアメリカの虚実混じったというか伝奇的な要素の入った小説に似たテーストがある。ストーリー全体の運び方はきわめてリアリストなんだけど。

 女将軍家光、女将軍家綱、女将軍綱吉のそれぞれの個性と、世代を過ぎるほどに俗っぽく退廃的になっていくのが、よしながふみ描くところの女性の生々しさ、バタークリームでこってりしたケーキ並みに濃い。

 クリスマスイブということで、ケーキと鶏もも焼きを食べる合間に、堪能させていただきました……ご馳走様でした、来年の第5巻発売が待ち遠しいです(苦笑)。この記事を読む皆様にも、メリークリスマス。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]