忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
先日の『大江戸りびんぐでっど』といい、川島雄三監督の『幕末太陽傳』に関連する作品に当たる。これは舞台化。



 この青木崇高の現代的な佐平次の像を見て、すぐにチケット買いに走った。

 フランキー堺の佐平次は絶賛されているけど、立川談春の祟り神のような佐平次と立川談笑の新興宗教の教祖のようなコンサルティング話法ができる佐平次がデフェォルトな私には、昭和34年の佐平次ではイメージが合わなかったから。

 結論。この抽象的な演出、始終役者がどたばたすることで品川宿の喧噪と時代の疾走感を出そうとする江本純子の演出は私には合わなかった。でも、佐平次は私の理想といっていい佐平次だったし、田畑智子のおそめ、MEGUMIのこはる、小林且弥の高杉晋作、相模屋ハーフの若衆・喜助の矢田悠祐、おひさの佐久間麻由はよかった。後の俳優さんたちは二役三役兼ねる必然性がよくわからない(もちろんコスト節減できるけど)。

 今回、落語で有名な台詞「イノどん、十三番でお座敷です〜」「あいよっ」がなかったのだけど、それらしき場面はあったので、そこは目をつぶろう。何より、こはるが乱発した起請文を巡って発生した親子喧嘩を有耶無耶にしたり、おそめと品川沖で無理心中した金蔵の幽霊と桶屋がねじ込んで来るのを取りなしておいて実は佐平次の仕組んだマッチポンプだったりして、居残り稼業を続けながらあざとく生きてる佐平次が活き活きしている。そして、労咳病み特有の嫌な風邪。

 これから品川宿近くの英国公使館を焼き討ちにして短い人生を倒幕にかけ、その実現を見ずに労咳で亡くなる高杉晋作との対比もいい。そして、石原慎太郎よりも高杉晋作の雰囲気があり、晋作よりずっとハンサムで背が高くて美声だ(笑)。

 カーテンコールの拍手は微妙だった。役者さんたちには労をねぎらいつつも、作品に対するパッションは客席にはなかった感じ(少なくとも超★超歌劇『幕末Rock』と比べたら)。

 惜しいなぁ。。。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10 11
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]