忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
広瀬和生さんプロデュースのシリーズ。ちなみに第1回は「文七元結」だったそうだ。文七と「ある人物」のエピソード……佐野槌の女将だと嬉しいんだけど聴けなかったので残念。

 談笑さんの「居残り佐平次」には思い入れがある。大金がかかるお大尽遊びを一晩ぱっとやって、後で居残りとわかると自分を叩きのめすはずの若い衆《わかいし》になけなしのお金を全部渡して、手心を加えさせる、というプロっぽい手口がまずいい。そして、女郎たちを取り巻くところに化粧の仕方だけでなく新興宗教ちっくな笑顔の大切さが入ってきたり、夜の実技指導をしたり。今日は特に「品川甚句」の踊りの指導をする場面が入ったり、ご内証では複式簿記もつけたり、八面六臂。そして、この女郎屋の全員をたらし込み、旦那を追い出してしまう凄腕ぶり。旦那の捨て台詞が落ちなのもいい。

 今回かけられたのは本編よりだいぶ軽いが、本編が幕末設定となるよう脳内で時間を巻き戻すようアナウンスがあり、そこから御殿場での花見。うん、御殿場の吉宗公お手植えの桜が削られたという幕末設定だね。
 何と佐平次は徳川家側の隠密で、幕府の御用金を盗んだりする不逞の下級幕臣を「お化け白木」(「品川心中」の舞台)の主人として情報収集し、時にはお庭番衆と協力して始末する。店は解散するが、どこまでもついていくと言った女房に明かした次の任務とは……という話。
 幕末大好きな私としてはこれでオチ、はちょっともったいない。もう少し引っ張ったエピソードにできるのに。もう少し練り込めば幕末にあったかも知れない裏話エピソードいいんじゃないかな。

 そして第3回は「井戸の茶碗」。フィーチャーされるのは千代田のご老人の過去か、はたまた高木佐久左衛門と祝言を挙げたご老人の令嬢か、それとも屑屋か。これも楽しみ。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8
11 12 13 14 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]