忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 花見ウォーキングのついでに、ガラス越しに鑑賞。



日蓮宗大本山 池上本門寺
朗峰会館
総面積1,152坪。地上4階、地下1階。講堂・結婚式場・宴会場・レストラン・喫茶店・団体参拝の宿泊・休憩施設・駐車場などを完備。また、小堀遠州の造園による池泉回遊式の名園である松涛園を擁する。同園内には西郷隆盛と勝海舟が江戸城開城の会見をした会見の碑があり、東京都史跡に指定されている。


朗峰会館

 レストラン花むら(定食は2,100円~、+チャージ10%)を利用する以外に、松涛園に入園できる方法がある……帰宅してネットで発見した(今日はランスカ姿だったから、この格好で見学じゃ恥ずかしいし^_^;)。
本門寺松涛園
3. 本門寺松濤園の入園方法
 今は朗峰[ろうほう]会館[中にレストラン「花むら」がある](寺の北側、川端茅舎住居跡へ行く途中の左側)の庭園になっています。
 松涛園は、本来非公開とされているため、園内に足を踏み入れることはできませんが、実は、散策できる特別な方法があるのです。その方法とは、まず池上本門寺発行の「本門寺散策リーフレット」を寺務所などで手に入れるのが先決です。そこに掲載されている本門寺クイズに答えて朗峰会館フロントに持参すると、リボンを渡され、それを胸に付けて入園するというシステムです。日を改めて見学する場合は見学券を渡してくれます。「松涛園」は、まさに知られざる観光スポットです。
朗峰会館 電話03(3752)3101
開園時間 午前10時~午後4時
[出典 salus(サルース) 東急沿線の情報誌(2001.10月号) (株)東急エージェンシー]

 
 改めて次回、この方法で見学したい。




PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
池上本門寺 松濤園内を散策
URL 2009/06/19 16:33
 4月4日付記事「本門寺松濤園(池上)」にて、無料で松濤園を見学する方法についてご紹介しました。 まず池上本門寺発行の「本門寺散策リーフレット」を寺務所などで手に入れるのが先決です。そこに掲載されている本門寺クイズに答えて朗峰会館フロントに持参すると、リボンを渡され、それを胸に付けて入園するというシステムです。  パンフレットだけ入手して見学は「近々……」と思っている内に延び延びになってました(汗)が、今日ようやく訪問してきました。  パンフレットのクイズにあらかじめ回答して持って...
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10 11
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]