忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。


神奈川
横須賀と会津若松の子供たちが交流/横須賀
 横須賀市の友好都市、福島県会津若松市の子供たちを招いて交流を図る催しが十七日、横須賀市久里浜六丁目の市南体育会館で開かれ、総勢約百四十人が参加した。ボランティアや地域活動などで活躍する「ジュニアリーダー」の育成を目的に会津若松市が進める「子ども会指導児講習会」の県外研修の一環。
 鎌倉時代や幕末にさまざまに関係を持った両都市が、小学生同士の交流を深めるために開かれており、今年で三回目の試みとなった。

 会津と横須賀の関係については横須賀市のサイト「友好都市会津若松市『会津と横須賀』(横須賀市企画調整部国際交流課)」、「友好都市会津若松市『横須賀に会津藩士のお墓があるのはなぜ?』(横須賀市企画調整部国際交流課)」に解説されています。

島根
益田の歴史民俗資料館で石州口の戦い展
 幕末の益田を舞台に、幕府と長州の両軍が激しい戦闘を繰り広げ、歴史の転換期となった「石州口の戦い」をテーマにした企画展が、同市本町の市立歴史民俗資料館で開かれている。31日まで。
 石州口の戦いは慶応2(1866)年、浜田、福山両藩の幕府軍と、大村益次郎らが率いる長州軍が交戦。長州軍が勝利し、明治維新への弾みとなった。
 戦いから140年を節目に企画された。

 今年で140年目……ということは、2年後は明治維新からちょうど140年になるんですね。

鹿児島
西南戦争の官軍墓地を大掃除 来月慰霊祭/曽於・岩川
市民グループ「大隅あつみ会」 130年節目

 岩川(現曽於市大隅町)のルーツをめぐりさまざまな活動を続ける市民グループ「大隅あつみ会」(澤俊文会長)は、1877(明治10)年の西南戦争終結から130年の節目を迎える9月24日、大隅町岩川の官軍墓地で慰霊祭を行う。「県内で唯一現存する官軍墓地を地元でも知る人は少ない。戊辰戦争から始まる岩川の歴史を振り返り、恩讐(おんしゅう)を超えた友好の場にしたい」としている。
 同会は慰霊祭を前に8日、官軍墓地の清掃を行った。葬られている戦死者は山形、秋田など東北出身者をはじめ全国各地に及ぶ。メンバー6人は74基の墓石のこけを落とし水洗い、生い茂った木の枝払いなどに汗を流した。

 「恩讐」という言葉にドキッとしてしまいますが……そうかぁ、西南戦争では、西郷方についた人々にとって官軍は敵という関係でしたね。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]