忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
毎回、出演者がはっちゃけたり、くすぐりを次の演者が拾ったり、いろいろ楽しい「よってたかって」。

やかん泥/あおもり
 三遊亭白鳥門下。これがなかなかしっかりした古典をする。白酒さんに「白鳥の下にいる意味あるのか?」といじられる。

短命/白酒
 「週末でお子様もいるのに」と言いながらバレ噺をかける白酒さん、さすが羊の皮をかぶった狼。女房が亭主のためにご飯をよそうのは普通じゃない、とか、ハッつぁん夫婦の生活ぶりが見える仕込みがよかった。

母恋いくらげ/喬太郎
 前半は街の擬人化。京橋にへつらい、日比谷は(皇居があるから)微妙に丁寧に接し、築地や新橋にはぞんざいな銀座。大塚と目白に挟まれる池袋は、目白が半分豊島区半分文京区で上から目線。デパートの擬人化も面白い。三越本店、三越池袋店、西武池袋店と東武池袋店。
 それでかなり時間を使ったけど、後半は母恋いくらげでちゃんと落語。しかも、くらげの仕草はさん喬師匠が仕込んでくれてパワーアップされたとか。はける時もタコの擬態で爆笑。

かぼちゃ屋/一之輔
 さすが一之輔、与太郎がかぼちゃを荷売りする途中で、唐茄子を売り歩く元若旦那に出会って、「そっち誓願寺店の方には行かない方がいいよ」とアドバイスし、「よしっ、歴史を変えた」というくすぐりが入って大笑い。

豆腐屋ジョニー/白鳥
 中入前に喬太郎師が新作ではっちゃけた後なので古典っぽい新作で来るかと思ったけど、空気読まずに豆腐屋ジョニー。

殿様と海/三三
 「何やっても三三がきっちり古典やってくれるから」と暴れた白鳥師の後に上がった三三、ここで古典でなくて白鳥の新作「殿様と海」かけちゃうんですね。
 そして、浅草の釣り名人、魚鱗堂の助三を三太夫が訪ねるところで、唐茄子を売り歩く元旦那に誓願寺店の方に行くよう促して歴史修正。
 六代目助三から借り受けた釣り竿が左甚五郎作で初代助三の魂が宿っているスーパー釣り竿なのが白鳥作らしい。そして、殿様がご機嫌で釣り竿を垂らす仕草に「野ざらし」がちょっと入ったり、役立たずの船頭さんが「船徳」の徳さんだったり、くらげの母子が登場したり、三三も遊んでます。そして最後は座布団をマグロに見立てて殿様が担ぎ上げ、マグロに乗って無事にご帰還。

 喬太郎師以降は擬人化まつり。大笑いできました。



PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 6
7 8 9 10 12 13
14 17 18 20
21 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[11/13 白牡丹@管理人]
[11/13 橋本のどか]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]