忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
今月は千穐楽に平成中村座のチケットを取ったので、楽前の歌舞伎座。

【昼の部】
一、お江戸みやげ
 結城紬の行商人の二人組、時蔵のお辻、又五郎のおゆうが湯島天神参りの茶屋で噂に聞いた宮地芝居で売り込み中の梅枝さん演じる坂東栄紫にのぼせてしまう。締まり屋のお辻は一生一度の恋と思いなし、栄紫が恋仲のお紺(右近)と駆け落ちするために全財産をはたいてしまう。
 時蔵のお辻はしっかり者風で、岡惚れして全財産を使い果たすようには見えないけどいい芝居。又五郎さんのおゆうがいいツッコミしていた。梅枝さんの栄紫は凛々しく、お紺はおちゃっぴい。

一、素襖落

一、十六夜清心
 鎌倉極楽寺の所化清心は遊女十六夜と恋仲になり、女犯禁止の格ある寺にあるまじき行為を咎められて追放される。十六夜は隙をみて遊郭を脱走し、清心と稲瀬川の百本杭で行き会う。ふたりは入水して心中をはかるが、十六夜は流されて俳諧師白蓮(実は大盗賊の大寺正兵衛)に助けられ、清心は泳ぎができて死にきれない。清心の前を、事情あって大金を懐に忍ばせた寺小姓の恋塚求女が通りかかり、癪の発作で苦しむところを介抱するうちに大金を押し借りしようと思い、抵抗する求女と揉み合っているうちに求女を殺してしまう。
「しかし、待てよ。今日十六夜が身を投げたのも、
またこの若衆の金を取り殺したことを知ったのは、
お月さまとおればかり。
人間わずか五十年、首尾よくいって十年か二十年がせきの山。
つづれをまとう身の上でも金さえあればできる楽しみ、
同じことならあのように騒いで暮らすが人の徳。
ひとり殺すも千人殺すも、取られる首はたったひとつ。
とても悪事をし出したからは、これからは夜盗家尻切り、
人の物はわが物と栄耀栄華をするのが徳。
こいつぁめったに死なれぬわぇ」
 菊五郎はさすがの音羽屋の黙阿弥調。
 梅枝さんの求女が匂い立つような若衆ぶり。

【夜の部】
一、楼門五三桐
 吉右衛門さんの五右衛門「絶景かな絶景かな」と菊五郎さんの真柴久義「石川や」ぐらいしか台詞がないのに、なんでこんなに豪華なんだろう。This is 歌舞伎、という大道具の絢爛さ。
 人間国宝ふたりに、歌昇さん・種之助さんと伸び盛りの若手を配置。

一、文売り
 雀右衛門さんが文売りの「喋り」を踊りで表現。

一、隅田川続俤 法界坊
 今月ダントツの面白さ。勘三郎さんのシネマ歌舞伎『法界坊』を見損なってしまったので比較ができないが、女に横恋慕するわ、女を殺すわ、金を奪い取ろうとするわ、という小汚くて悪徳な坊主なのにかわいいと思えてしまう。幽霊の宙乗り。そして大喜利の「双面」では法界坊と彼に殺された野分姫というふたりの悪霊が憑いた女を踊り訳で演じる超難しさ。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/15 白牡丹@管理人]
[11/15 ゆーじあむ]
[05/25 長谷川誠二郎]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]