忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 今日外出したら、電車の吊り広告に仁先生のイラストが大きく載った『スーパージャンプ』の広告が。テレビドラマの配役情報が掲載されるとか。コンビニに走ったら、まだ売ってなかった……(汗)。明日発売なのね。

 某巨大掲示板の村上もとかスレに一足早く情報が出ていたので、メモ。真偽のほどは、明日確認します(汗)。
南方仁:大沢たかお
野風:中谷美紀
橘咲:綾瀬はるか
坂本龍馬:内野聖陽
橘恭太郎:小出恵介
橘栄:麻生祐未
勝海舟:小日向文世
緒方洪庵:武田鉄矢
山田純庵:田口浩正
(中略)
佐分利祐輔 桐谷健太
妙 戸田菜穂
鈴屋彦三郎 六平直政

 民放のワンクール時代劇としては、かなーり力が入った配役のような気がする。視聴率次第ではパート2以降もつくる気満々でしょう(笑)……これは、応援したいです。

 個人的には、来年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』より、配役がツボりそうな気がする……特に、龍馬:内野聖陽、勝海舟:小日向文世、緒方洪庵:武田鉄矢の組み合わせが。コヒさんの勝海舟なら、江戸下町のべらんめぇ調で聞けそうだ。誰が勝海舟に合わないので今からげんなりしてるって、言いたくはないけど……(毒)。


関連記事:
『JIN―仁―』テレビドラマ化

☆★☆★

7月22日追記。『スーパージャンプ』を読む前に、ニュース記事で確定情報が流れてました^_^;。

大沢たかおが脳外科医、中谷美紀1人2役
大沢たかおが脳外科医、中谷美紀1人2役
大沢たかおが脳外科医、中谷美紀1人2役
 俳優の大沢たかお(41)が、10月スタートのTBS系新ドラマ「JIN―仁」(日曜・後9時)で、約8年ぶりに連ドラ主演する。1人2役のヒロインを演じる中谷美紀(33)も約7年ぶりの連ドラ出演。村上もとかさん原作の人気コミックのドラマ化で、幕末の江戸にタイムスリップした脳外科医の数奇な運命をミステリータッチで描く。
 主人公の脳外科医・南方仁は、とある手術をきっかけに幕末の江戸にタイムスリップ。個性豊かな女性たちとの恋や、坂本龍馬、緒方洪庵ら歴史上の人物との交流を通じて、歴史とは? 医術とは? 人間の尊厳とは?といった重厚なテーマを問う。原作は「スーパージャンプ」に連載中で、単行本15巻の累計が160万部を超える人気コミックだ。
 主演の大沢は、2001年のTBS系「昔の男」以来の連ドラ出演で「自分としてはすごく興奮しています」。久々のドラマに「時間と空間の広がりがあるうえ、登場人物がみな魅力的に描かれている。社会的、恋愛的、ファンタジーとたくさんの要素が入っていてすごく共鳴しました」と気合が入っている。
 02年「おとうさん」以来の連ドラとなる中谷は、現代では仁の婚約者・未来、江戸では仁に心ひかれていく吉原の最高峰の花魁(おいらん)野風の1人2役。「色気と気品あふれる花魁・野風の情熱と孤独を表現すべく、目下女らしさの研究中です」。カツラと着物の重量に負けない体をつくるため、ヨガなどに励むという。また助手として仁に恋心を抱く橘咲役の綾瀬はるか(24)は「神業といえる医療に驚き、興味を持ち、仁を慕う江戸時代の女性を生き生きと演じたい」と話している。
 オープンセットやCGで再現する江戸の町並みも見どころとなりそうで、約6年前から企画を温めてきたという同局の石丸彰彦プロデューサーは「江戸に会ってみたかった。映画『ALWAYS』のラストシーンのような町並みを再現します。江戸を感じてください」と話している。

 江戸の町並みもちゃんとセットで再現してくれそうです……楽しみだなぁ、わくわく。

大沢たかお8年ぶり、中谷美紀7年ぶり連ドラ
大沢たかお8年ぶり、中谷美紀7年ぶり連ドラ
大沢たかお:8年ぶり、中谷美紀7年ぶり連ドラ
 俳優の大沢たかお(41)が8年ぶりに連続ドラマに出演する。TBSで10月にスタートする「JIN―仁―」(日曜後9・00)で、主役の現代の脳外科医に扮し、幕末の江戸にタイムスリップする。
 「スーパージャンプ」(集英社)で連載中の同題の漫画が原作で、南方仁(みなかた・じん)があることがきっかけで、タイムスリップしてしまい、満足な医療器具も薬もない環境で幕末の人々の命を救い、坂本龍馬(内野聖陽)、勝海舟(小日向文世)、緒方洪庵(武田鉄矢)らと交流を深め、幕末の歴史に巻き込まれる壮大なスケールの物語。1956年12月から始まった同局の同枠「日曜劇場」で初のSFドラマ。
 ヒロインは中谷美紀(33)と綾瀬はるか(24)の2人。中谷が仁の現代の恋人・友永未来とタイムスリップした江戸にいる吉原の最上級の花魁(おいらん)・野風の2役、綾瀬は江戸で仁を助手として支える橘咲を演じ、大沢との三角関係を繰り広げていく。
 大沢は01年の同局「昔の男」以来の連ドラとなり、「凄く興奮しています。内容も社会的、恋愛的、ファンタジーとたくさんの要素が入っていて、凄く共鳴しました」と意欲満々。中谷も02年の同局「おとうさん」以来、7年ぶりの連ドラとなる。

 キャストも某巨大掲示板情報で大体合ってそうですね……後で『スーパージャンプ』誌で確かめたく存じます。

 10月スタートということで来年の大河ドラマ『龍馬伝』より一足早く幕末ワールドを楽しむことができそうです。

☆★☆★

追記。

 かぶってない記事を追加します。

大沢たかおが8年ぶり連ドラ復帰!超大作『JIN-仁-』が今秋放送決定!共演は中谷美紀、綾瀬はるかなど
超歴史スペクタクル&SFヒューマン
日曜劇場『JIN-仁-』
10月スタート!日曜21:00~(TBS系列)

現代の脳外科医が江戸にタイムスリップ!
坂本龍馬や江戸の女性たちとの出会いが歴史を変える事になるのか・・

大沢たかお・中谷美紀・綾瀬はるか・小出恵介・内野聖陽ら豪華俳優陣で望む超大作が今秋放送決定!

 TBSでは10月クールの日曜劇場(日曜よる9時~)で超大作『JIN-仁-』を放送する事が決定。
 『JIN-仁-』は、ある事がきっかけで現代に生きる脳外科医が幕末の江戸へタイムスリップしてしまうという物語で、現在「スーパージャンプ」(集英社)で連載され、圧倒的人気を誇る作品だ。
 タイムスリップした脳外科医・南方仁(みなかたじん)が、満足な医療器具も薬も無い環境で、幕末の人々の命を救い、その医術を通して坂本龍馬・勝海舟・緒方洪庵など、幕末の英雄たちと交流を深め、いつしか自らも幕末の歴史の渦の中に巻き込まれていくという、壮大な歴史スペクタクル&SFヒューマンエンタテインメントとなっている。
 十分な医療器具・最新機器もないままに、自らの知識と経験だけを頼りに、麻疹、コレラ、梅毒など、江戸の病魔の数々と対峙する仁。
 ただ医師として生きるために…。たとえ歴史を変えることになったとしても目の前の命を救うべく、仁の孤独な闘いが幕を開ける──。そして交流を深めていく坂本龍馬に果たして「暗殺」という本当の史実を伝えてしまうのか……。
 そして、仁が愛した現代と幕末の女性──。その運命とは……。
 「南方仁」を演じるのは主演の大沢たかお。8年ぶりの連ドラ出演となる。また、仁の現代での恋人「友永未来」と、タイムスリップした江戸・吉原の最上級位の花魁「野風」の2役を演じるのは、こちらも連ドラ7年ぶりとなる中谷美紀。さらに、幕末の江戸で仁の世話をし、公私共に彼の支えになる「橘咲」を綾瀬はるかが、その兄で仁がタイムスリップして一番最初に手術を行い、命を救うことになる「橘恭太郎」を小出恵介が演じる。
 さらに歴史上の人物としては、明治維新を推進させる幕末の革命児で、タイムスリップした仁とも深く関わっていく「坂本龍馬」を内野聖陽が、いち早く開国を志し働きかける日本近代のパイオニア「勝海舟」を小日向文世が、江戸時代末期の医学を牽引する医学所頭取「緒方洪庵」を武田鉄矢が演じる事が決定している。
 ドラマでは綺羅星の如く現れた志士・偉人たちが数多く登場し、また、爛熟した江戸文化も大いに描かれていく。江戸の町並み、遊郭吉原、歌舞伎など、綿密な時代考証をもとに再現され、ドラマを見ているとまるで自分が幕末にいるような錯覚を覚えるはずだ。
 近年増大中の江戸時代ファン、そして本格派歴女たちにも大満足してもらえること間違いなしのこの日曜劇場『JIN-仁-』をどうぞお楽しみに!  

 「超大作」なんて発表されている……(汗)。原作がビジュアル的に緻密な時代考証している作品なので、セットや衣装や所作など、どこまで緻密にやってくれるかと不安なのですが、TBSはかなり力入れているようです。NHKですら時代劇は縮小傾向なので、本格的な作品となることを期待してます。

JIN 仁:大沢たかお主演、中谷美紀、綾瀬はるかも 内野聖陽が龍馬 ドラマが10月放送
<JIN 仁>大沢たかお主演、中谷美紀、綾瀬はるかも 内野聖陽が龍馬 ドラマが10月放送
 細かいツッコミですが、この見出しで「ドラマが10月放送」の「が」に違和感感じました。「ドラマが10月から放送される」にはまったく違和感ないのに、見出しで「が」がつくと、なぜか違和感。「ドラマ10月放送」「ドラマ化、10月放送」などなら読み飛ばしていたと思うのですが……うーん、日本語って難しい(^^ゞ。
 村上もとかさんの医療マンガ「JIN 仁」のテレビドラマ版で、幕末にタイムスリップした脳外科医・南方仁を俳優の大沢たかおさんが演じることが22日、明らかになった。ドラマは10月から、TBS系で放送される。
 「JIN 仁」は、マンガ誌「スーパージャンプ」(集英社)で00年4月から連載され、シリーズ計125万部を発行している。幕末にタイムスリップした南方が、現代の医療技術を駆使して江戸の人々を救うというストーリー。
 大沢さんのほか、中谷美紀さんが、吉原一の花魁(おいらん)・野風と、仁が現代に残した婚約者の友永未来。仁の助手として医療の道を志す武家の娘・橘咲を綾瀬はるかさん。内野聖陽さんが坂本龍馬役を演じる。


幕末医療漫画『JIN-仁-』が大沢たかお、中谷美紀ら豪華キャストでドラマ化
 うーん、「幕末医療マンガ」……確かにそうなんだけど、違和感ありあり。てゆーか、そんなジャンルはない(爆)。タイムスリップありのSF設定ですが、かなり緻密な時代考証と医療技術の考証をした上で、史実をうまくフィクションと絡めた大河歴史ロマン……(長っ)というのが愛読者である白牡丹の理解です。
 雑誌『スーパージャンプ』(集英社)で連載中の幕末医療漫画『JIN-仁-』が、TBS系日曜後9時枠で、大沢たかお、中谷美紀、綾瀬はるか、内野聖陽ら豪華キャストでドラマ化されることが、22日発売の同誌で発表された。同作は、『六三四の剣』などで知られる村上もとかさんの作品で、現代から幕末の日本にタイムスリップした脳外科医・南方仁(大沢)が、現代の医療技術を用いて江戸の人々を救おうと努力する物語で、坂本龍馬、勝海舟ら幕末の英雄たちとの交流を描く。大沢の連ドラ出演は2001年の『昔の男』(同局系)以来8年ぶり、中谷も02年の『おとうさん』(同局系)以来、7年ぶりの連ドラとなる。
 2000年に連載が開始され、現在15巻まで発売されている『JIN-仁-』。東都大学附属病院脳外科医局長から、文久2年の江戸にタイムスリップし、歴史の改変を自覚しつつも、江戸の人々を現代医療で救う主人公・南方仁を大沢が熱演。さらに、仁が現代に残してきた婚約者・友永未来と江戸を魅了する吉原一の花魁・野風の二役を中谷、仁の助手を務める橘咲役に綾瀬が演じる。
 また、実在の人物である坂本龍馬を内野聖陽、勝海舟を小日向文世、江戸時代の医学をけん引した緒方洪庵を武田鉄矢が扮する。 そのほかに、小出恵介、麻生祐未、戸田菜穂、六平直政、田口浩正、桐谷健太ら豪華キャストが集結。今回、発表はなかったが、原作には西郷隆盛や、沖田総司、近藤勇ら新選組のメンバーも登場しており、こちらの配役にも注目だ。


 とにかく、このドラマ化をきっかけに原作を手にとってくれる方が増えて欲しいという、一押しマンガ作品です。

☆★☆★

7月23日追記。TBSによるニュースリリース、キャストによるコメント付きです。
超歴史スペクタクル&SFヒューマン
『JIN-仁-』
現代の脳外科医が江戸にタイムスリップ!
坂本龍馬や江戸の女性たちとの出会いが歴史を変える事になるのか・・
大沢たかお・中谷美紀・綾瀬はるか・小出恵介・内野聖陽ら
豪華俳優陣で臨む超大作が今秋放送決定!
株式会社TBSテレビ

TBSでは10月クールの日曜劇場(日曜よる9時~)で超大作『JIN-仁-』を放送する事が決定した!

『JIN-仁-』は、ある事がきっかけで現代に生きる脳外科医が幕末の江戸へタイムスリップしてしまうという物語で、現在「スーパージャンプ」(集英社)で連載され、圧倒的人気を誇る作品。

タイムスリップした脳外科医・南方仁(みなかたじん)が、満足な医療器具も薬も無い環境で、幕末の人々の命を救い、その医術を通して坂本龍馬・勝海舟・緒方洪庵など、幕末の英雄たちと交流を深め、いつしか自らも幕末の歴史の渦の中に巻き込まれていくという、壮大な歴史スペクタクル&SFヒューマンエンタテインメントとなっている。

十分な医療器具・最新機器もないままに、自らの知識と経験だけを頼りに、麻疹、コレラ、梅毒など、江戸の病魔の数々と対峙する仁。

ただ医師として生きるために…。たとえ歴史を変えることになったとしても目の前の命を救うべく、仁の孤独な闘いが幕を開ける──。そして交流を深めていく坂本龍馬に果たして「暗殺」という本当の史実を伝えてしまうのか……。そして、仁が愛した現代と幕末の女性──。その運命とは……。
  
「南方仁」を演じるのは主演の大沢たかお。8年ぶりの連ドラ出演となる。また、仁の現代での恋人「友永未来」と、タイムスリップした江戸・吉原の最上級位の花魁「野風」の2役を演じるのは、こちらも連ドラ7年ぶりとなる中谷美紀。さらに、幕末の江戸で仁の世話をし、公私共に彼の支えになる「橘咲」を綾瀬はるかが、その兄で仁がタイムスリップして一番最初に手術を行い、命を救うことになる「橘恭太郎」を小出恵介が演じる。

さらに歴史上の人物としては、明治維新を推進させる幕末の革命児で、タイムスリップした仁とも深く関わっていく「坂本龍馬」を内野聖陽が、いち早く開国を志し働きかける日本近代のパイオニア「勝海舟」を小日向文世が、江戸時代末期の医学を牽引する医学所頭取「緒方洪庵」を武田鉄矢が演じる事が決定している。
  
江戸時代は今よりもずっと不便で病気も多く寿命も短い時代。けれど、街角には笑いがあふれていたという。江戸の人々は、きっと様々な不幸を笑い飛ばしながら力強く生きていたのではないだろうか。そこには、世で二番目の富を誇り、世界一の長寿大国でありながらも、街角にはうつむいて先を急ぐ人ばかりという現代の日本人がいつのまにか忘れてしまったモノがあるのではないか?

ドラマでは綺羅星の如く現れた志士・偉人たちが数多く登場し、また、爛熟した江戸文化も大いに描かれていく。江戸の町並み、遊郭吉原、歌舞伎など、綿密な時代考証をもとに再現され、ドラマを見ているとまるで自分が幕末にいるような錯覚を覚えるはずだ。

近年増大中の江戸時代ファン、そして本格派歴女たちにも大満足してもらえること間違いなしのこの日曜劇場『JIN-仁-』をどうぞお楽しみに!
  
■キャストコメント■

【大沢たかお】
8年ぶりのドラマへの参加ということで、自分としてはすごく興奮しています。たくさんの幅広い人に愛されるよう、一人でも多くの方に見てもらるよう頑張ります。内容も社会的・恋愛的・ファンタジーとたくさんの要素が入っていて、自分自身すごく共鳴しました。
  
【中谷美紀】
どのような作品でも毎回手探りで緊張しますが、久々の連続ドラマ出演ですので、初心に返って、一からお勉強させていただくつもりでがんばります。色気と気品溢れる花魁野風の情熱と孤独を表現すべく、目下女らしさの研究中です。

【綾瀬はるか】
江戸時代の人々にとっては、見たことも聞いたこともない、神業ともいえる医療に驚き、興味を持ち、そして仁を慕う江戸時代の女性を、咲を通して生き生きと演じていきたいです。
  
【内野聖陽】
幕末の自由で闊達な豪放キャラをダイナミックに力強く演じていきたいと、今からメラメラ燃えています。とにかく発想のスケール感や自分の感性に忠実だった男の良さを縦横無尽に演じられるよう、今、坂本龍馬研究をしているところです。破天荒なパワーが、どんな風に時代を動かしていったかというような、時代の中での"龍馬の戦い方"みたいなことも出せていけたらと思っています。





関連URL:http://www.tbs.co.jp/jin2009/


日曜劇場『JIN-仁-』大沢たかお、中谷美紀ら出演者コメント
現代の脳外科医が江戸にタイムスリップ!
坂本龍馬や江戸の女性たちとの出会いが歴史を変える事になるのか・・

大沢たかお・中谷美紀・綾瀬はるか・小出恵介・内野聖陽ら豪華俳優陣で望む超大作が今秋放送決定!

【出演者コメント】

◆大沢たかお
8年ぶりのドラマへの参加ということで、自分としてはすごく興奮しています。
たくさんの幅広い人に愛されるよう、一人でも多くの方に見てもらるよう頑張ります。内容も社会的・恋愛的・ファンタジーとたくさんの要素が入っていて、自分自身すごく共鳴しました。

◆中谷美紀
どのような作品でも毎回手探りで緊張しますが、久々の連続ドラマ出演ですので、初心に返って、一からお勉強させていただくつもりでがんばります。
色気と気品溢れる花魁野風の情熱と孤独を表現すべく、目下女らしさの研究中です。

◆綾瀬はるか
江戸時代の人々にとっては、見たことも聞いたこともない、神業ともいえる医療に驚き、興味を持ち、そして仁を慕う江戸時代の女性を、咲を通して生き生きと演じていきたいです。

◆内野聖陽
幕末の自由で闊達な豪放キャラをダイナミックに力強く演じていきたいと、今からメラメラ燃えています。とにかく発想のスケール感や自分の感性に忠実だった男の良さを縦横無尽に演じられるよう、今、坂本龍馬研究をしているところです。破天荒なパワーが、どんな風に時代を動かしていったかというような、時代の中での"龍馬の戦い方"みたいなことも出せていけたらと思っています。

超歴史スペクタクル&SFヒューマン
日曜劇場『JIN-仁-』
10月スタート!日曜21:00~(TBS系列)










PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
楽しみです♪
by さるゾウ URL 2009/07/22 09:14 編集
こんにちは。「JIN-仁-」の配役の発表はまだかと雑誌を毎回チェックしてましたが、今日発売のやつに載ってるんですね。が、一足先にこちらで知る事が出来て感謝です。仁は誰になるのか、イメージと全く違ったらどうしようとか、ひどい脚本だったらいやだなーとか気になってましたが(そういうことはよくあるので)、配役を見る限りでは面白そうな雰囲気ですね。小日向さんが勝先生っていうのもどんなふうになるか楽しみです。     
期待できそうですよね
by 白牡丹 URL 2009/07/22 17:39 編集
さるゾウさん、コメントありがとうございます。

今日発売の巻頭には俳優陣の写真と作品キャラを紹介するカラーページがついてました。存じない俳優さんも雰囲気合ってるようで、これはかなり楽しみです。

内野龍馬とコヒさん勝海舟が特に楽しみです(^^)。
    
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
『JIN―仁―』原作 村上もとかさんインタビュー
URL 2009/12/19 11:12
 産経に記事が掲載されてました(嬉)。 大ヒットドラマ「JIN-仁-」の原作者 村上もとかさん ■「医療を目指す人が増えてくれれば…」  現代から幕末にタイムスリップした医師が活躍する大ヒットドラマ、日曜劇場「JIN-仁-」(TBS系)が20日夜、11話で最終回を迎える。原作は、平成12年から「スーパージャンプ」(集英社)に連載中の人気漫画。150年も前に現代医療の知識と技術があったら何ができるのか。作者の村上もとかさん(58)は「創意工夫をして何とか人を助けていく様子を描きたかった...
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]