忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 在宅していましたので、TBSのお詫び放送を視聴しました(午後0時57分から約1分でした)。下記の字幕が出て、アナウンサーが読み上げるという形式の放送でした。

TBSからお詫び

2月16日放送の
「歴史王グランプリ2008まさか!の
日本史雑学クイズ100連発!」において
会津藩が若松城を開城した理由を
クイズ問題として取り上げました。

その際、主な要因である
「他の藩からの応援の望みが絶たれたこと」や
「物資が枯渇してしまったこと」などに
言及せず、あたかも『糞尿が城内にたまり
その不衛生さから』が主な原因であるかの
ように伝えてしまいました。

また、「逃げ出す」という視聴者に
誤ったイメージを与える表現を使うなど
会津若松市民、並びに関係者の方々に
著しく不快感を与えてしまいました。
会津若松市民の皆様と関係者の方々、そして
視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます。


 ……うーん、何だかなぁ。

 普通、謝罪って「もう二度とこんな間違いは犯しません」とか、防止のための努力とか、言及すると思うのですが。

 それに、責任者の名前もないし(表題に「TBSからお詫び」と書かれているにしても、最後にTBS局一同とかTBS社長とかTBS担当番組責任者とか、責任の所在を明確にすることが常識のように思うのですが)。

 私が会津若松市長だったら、これで納得はしないと思うのですが……(汗)。せめて責任の所在をはっきりさせて欲しいですよ。


☆★☆★

 この件に関連する拙ブログ記事は以下の通りです。
3月28日の幕末ニュース
3月29日の幕末ニュース
3月30日の幕末ニュース
3月31日の幕末ニュース
4月1日の幕末ニュース
4月5日の幕末ニュース
4月6日の幕末ニュース
4月7日の幕末ニュース

☆★☆★

追記。関連ニュース記事が出てきましたので、こちらにご紹介します。

TBS、放送で会津若松市に謝罪 歴史クイズ巡り
 TBSの歴史クイズの特別番組で、戊辰戦争の際に旧幕府側が会津若松城を開城した理由を問うクイズの正解を「糞尿(ふん・にょう)がたまり、その不衛生さから」と紹介したことに、福島県会津若松市が訂正を求めた問題を巡り、TBSは8日午後1時前の番組間の放送で、謝罪文を画面に映して読み上げ、「あたかも(開城の)主な原因であるかのように伝え、市民、関係者の方々に著しく不快感を与えてしまいました。深くおわび申し上げます」と謝罪した。
 市は、2月16日夜の番組放送前に内容を知り、再三見直しを要求したが、放送された。このため、訂正と謝罪を求め、TBSと番組制作会社に抗議文を送付。3月31日、TBSのプロデューサー2人が市役所で菅家一郎市長に謝罪したが、訂正放送はできないとしたため、菅家市長は再検討を求めていた。


TBS「ふん尿落城」問題で約50秒間謝罪放送
 TBS系テレビ局が放送したクイズ番組で、福島県会津若松市の鶴ケ城が戊辰(ぼしん)戦争時に落城した原因を「城にふん尿がたまっていたから」とされたことに同市が抗議していた問題で、TBSは8日昼、謝罪放送を行った。
 謝罪放送は同日昼の情報番組「ピンポン!」放送後の午後0時58分ごろに約50秒にわたり行われ、「会津若松市民、並びに関係者の方々に著しく不快感を与えてしまいました」などとした字幕スーパーが画面に映され、男性アナウンサーが文章を読み上げた。
 問題のクイズ番組は、TBS系で今年2月16日に放送された「歴史王グランプリ2008まさか!の日本史雑学クイズ100連発!」で、会津若松城が戊辰戦争時に落城した原因を問うクイズで「ふん尿が城内にたまっていたこと」を正解と放送。これに対し市は「会津藩が城を明け渡した理由は傷病兵の増加、物資の枯渇などさまざまな要因が重なったため」と主張、抗議文を同局に送付した。
 同局は3月31日、菅家一郎市長に「配慮を欠いていた」と謝罪したが、市長は「納得がいかない」などと話し、謝罪放送を求めていた。


 謝罪放送の全文は次の通り。

 2月16日放送の「歴史王グランプリ2008まさか!の日本史雑学クイズ100連発!」において会津藩が若松城を開城した理由をクイズ問題として取り上げました。
 その際、主な要因である「他の藩からの応援の望みが絶たれたこと」や「物資が枯渇してしまったこと」などに言及せず、あたかも『糞尿が城内にたまりその不衛生さから』が主な原因であるかのように伝えてしまいました。
 また、「逃げ出す」という視聴者に誤ったイメージを与える表現を使うなど会津若松市民、並びに関係者の方々に著しく不快感を与えてしまいました。
 会津若松市民の皆様と関係者の方々、そして視聴者の皆様に深くお詫び申し上げます。


クイズ解答「著しく不快感与えた」、TBSが謝罪放送
 福島県会津若松市がTBS系のクイズ番組を巡って抗議文を送った問題で、TBSは8日、全国ネットで謝罪放送を流した。
 放送は午後0時57分ごろから約30秒間行われ、アナウンサーが「市民や関係者に著しく不快感を与えた。深くおわび申し上げます」と、画面に映された謝罪文を読み上げた。放送を見た菅家一郎市長は「一定程度の誠意を感じた」と話した。
 2月16日放送のクイズ番組では、旧幕府軍が若松城(鶴ヶ城)を明け渡した理由について、「城にたまった糞尿(ふんにょう)による不衛生さ」を正解とした。これに対し、同市は「開城のすべての理由のように放送され、イメージが損なわれた」として謝罪と訂正の放送を求めていた。



TBS 会津若松市に放送で謝罪
 TBS系のクイズ番組で、戊辰戦争時に福島県会津若松市の鶴ケ城が落城した原因を「城が不衛生だった」とされたことに同市などが抗議していた問題で、TBSは8日午後の放送で謝罪した。TBSは「誤ったイメージを与える表現を使うなど、市民や関係者に著しく不快感を与えてしまった。深くおわびします」とした。
 問題の番組は、2月16日に全国放送された「歴史王グランプリ2008まさか!の日本史雑学クイズ100連発!」。「旧幕府軍が城を明け渡したとんでもない理由とは」との出題で「ふん尿が城にたまって不衛生だった」が正解とされた。同市は「史実を歪曲している」などと抗議。TBSの番組プロデューサーが市役所を訪れ、謝罪の文書を提出していた。


会津若松市長「一定程度の誠意感じた」
 TBS系のクイズ番組で福島県会津若松市の鶴ケ城が戊辰戦争時に落城した原因を「城が不衛生だった」としたことにTBSが8日の放送で謝罪したことを受け、菅家一郎会津若松市長は同日午後、記者会見し「一定程度の誠意を感じた」と述べた。
 市長は「放送自体が間違いだったと訂正してほしかった」としつつも、「会津武士道に殉じた先人の名誉の回復が図られ、会津人の心情に配慮されたものと認識した」と評価した。
 一方で、市長は「バラエティーであるから、面白ければ何でも許されるという考えは、史実や関係者を軽視した姿勢」と指摘。「2度と繰り返されることのないように猛省と再発防止を求める」と強調した。市長などによると、TBSへの抗議以降、同市などには電話やメールなど100件を超える支持の声があったという。


☆★☆★

4/9追記。関連記事を追加します。

<TBS>会津若松城開城めぐる不適切な番組内容で謝罪放送
 TBSの番組で戊辰(ぼしん)戦争の若松城開城(1868年)の理由を「糞尿(ふんにょう)がたまり、その不衛生さから」と紹介され福島県会津若松市が抗議していた問題で、TBSは8日、謝罪放送を流した。
 午後1時前の放送で「(開城の)主な要因である、他の藩からの応援の望みが絶たれたことや物資が枯渇してしまったことなどに言及せず、不衛生が主な原因であるかのように伝えてしまった。市民や関係者に著しい不快感を与え、深くおわび申し上げます」などとした。市は「先人の名誉が回復された」と、謝罪を受け入れる意向を示した。【太田穣】


TBSが謝罪放送 会津若松番組抗議
 TBS系列のテレビ局が全国で放映したクイズ番組で、戊辰戦争を題材にした出題が史実と異なると、福島県会津若松市などが同社に抗議した問題で、TBSは8日、昼のレギュラー番組の終了後、約1分、画面におわびの文章を映し、アナウンサーが読み上げる謝罪放送を行った。クイズ番組を流した系列28局が放送した。
 旧幕府軍が若松城(鶴ケ城)を開城した理由を尋ねる出題で「ふん尿が城内にたまった」を正解にしたことについて、「主な要因である『他の藩からの応援の望みが絶たれたこと』や『物資が枯渇したこと』などに言及せず、『ふん尿が城内にたまり、不衛生さから』が主な原因であるかのように伝えてしまいました」と述べ、「会津若松市民、関係者に著しく不快感を与えてしまい、深くおわびします」と謝った。
 放送後に記者会見した菅家一郎市長は、謝罪放送の形で開城の主な理由が表現され、旧幕府軍が城から「逃げ出した」との表現を誤りだったと認めた点を重視。「完全に満足する内容とは言えないが、会津人の心情に配慮されていて一定の評価をしたい」と語り、問題は収束に向かいそうだ。
 それでも菅家市長は「バラエティー番組だから面白ければ何でも許されるという考えで史実を軽視してはいけない。猛省を促したい」と強調した。
 TBS広報部は「今回の件を社内で周知し、同じことが起きないようにする」と話している。
 番組は2月16日に放送された「歴史王グランプリ2008まさか!の日本史雑学クイズ100連発!」。市は「史実と異なり不快感を覚えた」などと反発し、地元観光団体と連名で、TBSと番組制作会社に対し、謝罪と訂正を求める抗議文を送っていた。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]