忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 土曜日に仕事が入ったりしていたので、ちょっと貯め込んでしまいました^_^;。

埼玉
カードゲームで事件や人物、対戦で学ぶ 文教大が試作
 子どもに人気のカードゲーム「遊戯王」のルールを取り入れた社会科の教材を文教大学(埼玉県越谷市)が作り、遊びながら歴史が学べると評判になっている。勤皇側と幕府側に分かれて幕末を戦うカードゲームで、歴史嫌いでもすぐに入り込んでいけるのが特徴。先月、大学が越谷市立の全小中学44校に寄贈、口コミで評判を聞きつけた市外の学校や保護者たちから問い合わせが相次いでいる。
(中略)
 キャラクターの攻撃力や守備力を競い合って相手のポイントを奪い合う。例えば、勤皇側代表格の西郷隆盛と幕府側である新選組の沖田総司は攻撃力が共に3千だが、守備力はそれぞれ1800、800と差がある。特殊効果カードのうち、「錦の御旗」カードは相手の手札をすべて破壊、また尊皇攘夷(そんのうじょうい)派を新選組が襲った「池田屋事件」カードは脱藩浪士の札をすべて破壊、といった効果をもたせた。

 私もプレーしてみたいです(笑)。

東京
界隈ルポ 町田
 幕末から明治にかけて輸出の花形だった生糸。町田市は、長野、山梨、八王子などの生産地から横浜の港へ馬で運ぶ中継地だった。生糸貿易に使われた道が現在の原町田中央通りである。


富山
珍しい風呂敷並べ 日常の使い方提案
大和富山店

 絵画を染め上げた珍しい風呂敷の展示や、日常生活でのユニークな風呂敷の使い方を提案するなどした「こころを包む風呂敷展」が、富山市西町の大和富山店で開かれている。十六日まで、入場無料。

 庶民生活の資料を残そうと、約百五十年前の幕末以降の風呂敷など民具を集めている豊田満夫さん(70)=千葉県船橋市=の収集品から約百点が展示されている。


長崎
長大図書館所蔵の古写真を貸し出し 今秋から
 長崎大付属図書館(岡林隆敏館長)は今秋から、所蔵する幕末・明治期の古写真を学校教育や生涯学習の教材として広く活用できるよう、複写パネルの貸し出しを始める。古写真の貸し出しの要望に対しては管理上の問題から美術館など一部を除き断ってきたが、専用の複写パネルを作り対応することにした。

 同図書館は一九八八年から幕末、明治期に国内で撮影された風景や人物の写真、英国人貿易商トーマス・グラバーの二男、倉場富三郎が編さんした「グラバー図譜」などを収集。九八年からホームページ(HP)で画像を公開している。

 中でもHPの「幕末・明治期日本古写真」データベース(六千二十六点)は海外からの閲覧が半数以上と幅広く利用され、アクセス件数は近く百万件に達するという。

 データベースサイトはこちらです。私は、箱館の古写真を堪能しました。

コラム
【ひとすじの蛍火-吉田松陰 人とことば】春編(10)葉山佐内の薫陶
 嘉永3(1850)年9月。初めての“外遊”の目的地である平戸(現在の長崎県平戸市)に到着したのはよいが、松陰は宿屋でことごとく「宿泊拒否」にあい、立ち往生していた。

 「一見(いちげん)さん」(紹介のない初めての客)という宿側の警戒感もあろう。ただ、もともと質素な身なりの松陰である。道中に遭遇した風雨とぬかるみのおかげで、かなりみすぼらしい姿になっていただろう。「お断り」を入れる宿側の気持ちもわからなくはない。

 窮した松陰は仕方なく、平戸藩の武家屋敷に向かった。さる人に宿のあっせんを頼むためだった。

 松陰は、「葉山佐内」という名の藩士の門前で歩みをとめた。

 今回、遊学が実現したのは、「高名な佐内先生のもとで家学の山鹿流兵学をいま一度修行したい」という願いが藩に許可されたからだった。その佐内は松陰よりも25歳以上も年上で、知行500石(吉田家の9倍にあたる)の平戸藩家老である。松陰としてはこんな初対面は避けたかったが、ほかに道はなかった。

 幸運なことに佐内は、松陰が予想した以上の人格者だった。「おなかがおすきでしょう」と麦飯を出す一方で、その場で宿を手配し、貴重な蔵書や著書を快く貸してくれた。松陰のことばで言えば「敦篤(とんとく)謙遜(けんそん)の君子」。すべてが自然で、温かい心が感じられた。

PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]