忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 今日だけでも何件かありました。

石川
幕末の兼六園図 鮮やか
金沢の古本屋で発見
歴博所蔵品の下書きか

 金沢市の兼六園の幕末の様子を描いた絵図が同市内の古本屋で見つかった。専門家によると、石川県立歴史博物館(歴博)が所蔵する幕末の作品「巽(たつみ)御殿絵巻」の下書きとみられるが、それよりも広い範囲を描いており、明治期に大きく景観が変わる前の大名庭園の様子を知る上で貴重な資料という。


京都
しめ飾りなど燃やし諸願成就祈る
大山崎・離宮八幡宮で「どんど祭」

 京都府大山崎町大山崎の離宮八幡宮で14日、恒例の「どんど祭」が営まれた。参拝客らはしめ飾りや破魔矢などを持ち寄って燃やし、無病息災などの諸願成就を祈った。
 同神社のどんど祭は、平安時代初期に始まったとされ、幕末の「禁門の変」以来、一時中断されていたが、25年ほど前に、地元の有志が復活させた。


鳥取
石工「川六」は謎と魅力の人 作品と時代語る
 幕末に活躍した石工(いしく)の川六(かわろく)の魅力を紹介するトークショーが十三日、鳥取市気高町北浜三丁目の市立気高図書館で開かれた。川六は青谷町に住み、旧気高郡内を中心に神社や民家の灯籠(とうろう)、こま犬、手水(ちょうず)鉢などを制作。高度な技術と独自性のある川六作品の素晴らしさや幕末の時代背景を想像する楽しい話に来館者たちが聞き入った。


鹿児島
大河ドラマ効果? 篤姫講座に応募殺到
鹿児島市維新ふるさと館/急きょ補講追加

 鹿児島市加治屋町の維新ふるさと館が27、28日に開催予定の歴史講座「天璋院篤姫と大奥の世界」に多くの応募が寄せられている。各30人ずつ計60人の定員に対し、11日現在で約300人が申し込み。「来年の大河ドラマ効果か」と驚く同館は急きょ回数を増やすとともに、抽選に漏れた人を対象に補講を開くことを決めた。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]