忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 風邪気味のために早めに帰宅して録画していた『のだめカンタービレ』を見ています……『組!』『組!!』でも音楽担当だった服部隆之さんが音楽を担当していますね。

北海道
明治の剣豪・牧田重勝 孫の鈴木さん ゆかりの厚田で奉納演武
 新撰組の永倉新八と親交があり、旧厚田村(現石狩市厚田区)に剣道場を構え、作家子母沢寛らを指導した直心影(じきしんかげ)流の達人、牧田重勝(一八五四-一九一四年)の孫で、剣術家の鈴木公宜(きみよし)さん(72)=ハンガリー在住=が十四日、厚田区内の厚田神社で剣術と空手の演武を奉納した。
 牧田は当時の東京警視庁巡査などを経て、一八八一年(明治十四年)に樺戸集治監(空知管内月形町)の看守として勤務した。同時期に永倉が同集治監で剣道を指導しており、両者は親交を深めたという。牧田は九二年(同二十五年)に入植が相次いでいた、厚田村に招かれ、剣道場「直心館」を設立、門人は厚田出身の子母沢寛ら百二十三人を数えた。一九一○年に札幌に移住、一四年(大正三年)に死去。子母沢の小説「或る人の物語」の主人公のモデルにもなった。


東京
掛け図でたどる教育史
玉川大の博物館で企画展

 学校の授業で黒板や壁面に掲げて使われた、大判の掛け図を通して教育の歴史をたどる企画展が、町田市玉川学園六の玉川大教育博物館で開かれている。同館が所蔵する約二百点の掛け図のうち明治初期から昭和までの七十点のほか、当時の教科書など貴重な資料計百六点を展示している。 
 掛け図は、もともと欧米の教育現場で広く使われ、日本では明治維新後、近代教育の始まりとともに取り入れられた。


写真展:幕末~明治の庶民写し 176点、一挙公開--新宿で20日まで /東京
 江戸時代末から明治時代にかけて、庶民の暮らしや風俗を写した「古写真」の展示会「幕末から明治へ、変わりゆく日本」が、新宿区の「コニカミノルタプラザギャラリー」(同区新宿3の26の11新宿高野ビル4階、JR新宿駅東口)で開かれている。



神奈川
ヴェルニー祭:小栗上野介とフランス人技師、功績たたえる式典--横須賀 /神奈川
 幕末に計画された「横須賀製鉄所」の建設に尽力した徳川幕府の勘定奉 行、小栗上野介忠順(こうずけのすけただまさ)とフランス人技師、フランソワ・レオン・ヴェルニーの功績をたたえる式典が12日、ヴェルニー公園(横須賀市汐入町)で開かれ、2人の子孫をはじめ日仏の関係者ら約300人が出席した。


京都
「数寄道」究めるスイス人──滞日30年、京に庵
 「東大寺とスイス」というあまり知られていない縁がニーゼルさんを東大寺での奉茶に導いた。東大寺や醍醐寺での奉茶とニーゼルさんを結びつけたのは重源が出家した醍醐寺の執行長で、真言宗醍醐派・品川寺(東京・品川)の仲田順和住職だ。幕末に何者かに持ち出された品川寺の梵鐘(ぼんしょう)が1919年にジュネーブのアリアナ美術館で発見され、30年に品川寺に戻ってきた。


岡山
上映会:「障害児教育の母」石井筆子の生涯を映画に--岡山で26日 /岡山
 「障害児教育の母」と呼ばれた石井筆子の生涯を描いた映画「筆子・その愛―天使のピアノ―」が26日、岡山市丸の内2の岡山市民会館で上映される。自らも重度知的障害者の娘を持つ山田火砂子さんが監督で、総勢100人以上の障害児らも出演している。
 石井筆子は幕末の文久元(1861)年、長崎県で生まれた。知的障害者の娘を持ち、夫も早く亡くすなど苦労した。その後、日本初の知的障害者施設「滝乃川学園」(東京都)を創設した石井亮一と再婚。夫の事業を助け、子どもたちを慈しむ姿を描いた。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]