忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 14年ぶりに東京に転居してきたら、やはり関西と比べて寒いことに気づきました(汗)。

秋田
尾去沢銅山の真実に迫る本を出版
 幕末の盛岡藩の豪商・南部鍵屋の子孫で、八戸市在住の元開業医村井源八さん(96)が、盛岡市の実家から譲り受けた襖(ふすま)の下張りから発見した村井家の尾去沢銅山(秋田県鹿角市)に関する資料を基に今月、「南部鍵屋 村井家襖の下張り文書」(上下二巻)を出版した。明治期の三大疑獄事件の一つとされる尾去沢銅山事件の裁判資料などが掲載されており、当時の時代背景を知る貴重な文献となりそうだ。


三重
実業家・原田氏の生家と土地 積善会が松阪市に寄贈
 松阪市出身の実業家で、旧・鴻池銀行(三菱東京UFJ銀行の前身の一つ)の理事などを務めた原田二郎氏(1849~1930)が設立した財団法人「原田積善会」(東京)が、同市殿町に残る原田氏の生家と土地を市に寄贈した。
(中略)
 寄贈されたのは、木造2階建て延べ約165平方メートルの生家と土地1186平方メートル(評価額約8330万円)。正確な建設時期は不明だが、築後160年以上がたっており、同市の紀州藩士住宅「御城番屋敷」(国重要文化財)と同様、幕末の武家屋敷の形態をよく残している。

 民家で築後160年以上って……凄いですね。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]