忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 今日はほんの少しでしたが暑さが和らいで過ごしやすい一日でした。

岩手
豪華大奥ゆかりの琴 盛岡・31日から展示
 盛岡市中央通1丁目の盛久ギャラリー(及川昭伍館主)で31日から、江戸幕府の大奥ゆかりとみられる琴一面が特別展示される。約200年前の気品ある琴で、来場者を魅了しそうだ。

 琴は、盛岡藩の琴師(演奏・指導者)を務めた大島此面検校(おおしまこのもけんぎょう)(1827-1902年)が幕末のころに同藩から贈られた品。収納箱のふたには「大奥」と書かれている。

 今回の展示は、此面検校を曾祖父に持つ現在の所有者、雫石達(とおる)さん(76)=同市中野在住=の厚意で実現した。

 琴は長さ1・91メートル。両端部分にはべっ甲などで精巧な細工が施され、13本の絹糸を支える琴柱(ことじ)は黒檀。現在でも演奏できるほど状態は良い。

 此面検校は盛岡生まれ。幼いころ病気で失明したが、江戸で琴の研さんを積み、帰郷。盛岡の琴、三味線の基礎を築いた。

 特別展示は8月15日まで。入場無料。開場時間は午前10時から午後6時。火曜日休館。


愛知
「幕末の起宿」展:黒船来航から江戸幕府滅亡まで紹介--一宮 /愛知
「幕末の起宿」展:黒船来航から江戸幕府滅亡まで紹介--一宮 /愛知
 黒船来航から江戸幕府滅亡までの出来事を、旧美濃路の起宿(現一宮市)に残された史料で紹介する「幕末の起宿」展が、一宮市の尾西歴史民俗資料館で開かれている。記録を通して、時代の激動が地方の宿場にも大きな影響を及ぼした様子がうかがわれる。8月31日まで。月曜休館。

 当時、庄屋だった起宿脇本陣林家に伝わった古文書などを基に、「黒船来航」「桜田門外の変」「皇女和宮の下向」「将軍家茂(いえもち)御進発」に分けて考察している。

 黒船来航では、1853(嘉永6)年にペリーが幕府に開国を迫ったころ、尾張藩が防御のため宿場一帯の村々から人夫を徴用したことを示す「村方願達留」を展示。この地方でも黒船に対する不安が広がっていたことが垣間見える。

 また、1860(万延元)年3月3日に起きた桜田門外の変については、林家に伝わる「桜田門外一件」に詳細な記述がある。大雪の中、赤いかっぱやずきんを着けた水戸藩の浪士らが大老・井伊直弼の行列を襲撃。直弼は乗っていたかごに刀を突き刺され、左側に転がり落ちた後、首を取られたなど、詳細に記されている。

 このほか1865(慶応元)年5月に長州征伐のための家茂の大軍が宿泊した際の宿割りを、絵図を基に再現した展示もある。【井上章】




京都
【京のいろ】水景色「琵琶湖疏水」 通じた悲願
 真夏の強い日差しを受けて、青々とした水は透明感を増し、輝きながら流れ込んでくる。大津の琵琶湖から京都までの長大な水路。明治時代、当時の最新技術を駆使して建造された琵琶湖疏水は、いにしえの京都の風景に溶け込み、優美な景観を形作っている。東山の緑と疏水に囲まれた京都市左京区の岡崎界隈(おかざきかいわい)や哲学の道、水路閣(すいろかく)…。水辺の名所として、市民や観光客に親しまれている。

 ■名園を潤す

 京都にとって、琵琶湖の水を引いてくることは、昔からの夢だったという。

 明治維新による東京遷都で有力者たちは京都を去り、産業は低迷する一方。京都に活力を呼び戻したい。復興の願いを込め、第3代府知事の北垣国道(きたがき・くにみち)の発案で、夢は実現に向けて動き始めた。

 水不足を解消し、生活や工業、灌漑(かんがい)の水資源の確保のほか、船による大津と京都間の物資の往来を盛んにしようという計画。東京の工部大学校(現在の東大工学部)を卒業したばかりの田邉朔郎(たなべ・さくお)が土木技師に採用され、1885(明治18)年に着工した。

 田辺君を北垣知事に推薦したのが大鳥圭介だったんですよねぇ(^^)。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10 11
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]