忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 ども、白牡丹です。先日受検した新選組検定、公式ページに出題と回答が出ましたので自己採点してみました。

3級
 自己採点で95点でした。もうちょっと取りたかったかな。

 たとえば、この問題を「うっかり」で落としたのは残念(^_^;)。
Q043 土方歳三の像は国内に数カ所にありますが、次のうち像がないのはどこでしょうか。
① 函館・五稜郭タワー
② 函館・土方歳三記念館
③ 日野・土方歳三資料館
④ 日野・石田寺

 ……全部足を運んで知っているのに、勘違いしてしまいましたorz。④なのは歴然なのになぜ勘違いしてしまったんでしょう(汗)。

2級
 こちらは自己採点で82点。合格ラインの7割は十分に越えてますが、自分の史実ファン度からすると85点以上取りたかったので、ちと不本意。後半ちょっとぽろぽろ落とした問題がありました。
 下記の問題は「そこまでチェックしてなかった(^_^;)」ということで落とした問題の一例。
Q089 慶応4年(明治元年)8月22日、母成峠の戦いに敗走した斎藤一は、隊士・歩兵40人ほどと会津城下の旅館に宿泊したことが「若松記草稿」に記録されています。その旅館の屋号は何でしょうか。
① 藤田屋
② 山口屋
③ 一瀬屋
④ 斎藤屋


 おもわず笑みがこぼれた問題をふたつ。
Q073 文久3年9月、芹沢鴨は因幡薬師で開かれていた見世物の見物に出掛け、猛獣に吼えられて驚いたといいます。その猛獣とは何でしょうか。
① ライオン
② ヒョウ
③ マントヒヒ
④ トラ


Q081 土方歳三は文久3年11月に書いた手紙で、遊女たちにモテてモテてしょうがない、という趣旨を記していますが、そこで名前があげられていない遊郭は次のうちのどれでしょうか。
① 二条新地
② 祇園
③ 上七軒
④ 島原

 彼岸の彼方にいるかの方がたは、150年後の後世にテスト問題にされるとは思ってもみなかったでしょうね(苦笑)。

 史実に諸説ある事件の取り上げ方として、ちょっと引っかかる出題もあります。
Q037 浪士組の上京中、芹沢鴨が自分の宿が用意されていなかったことに立腹し、野宿するといって、宿場の路上で大篝火を焚いたというエピソードを永倉新八が伝えています。その宿場はどこでしょうか。
① 軽井沢
② 本庄
③ 下諏訪
④ 奈良井

 本当に篝火事件があったのかどうか、あったとしてそれが本庄だったのかどうか、史実として確定してるかな? 永倉新八の記述によれば、という補完があるのはいいのですが、今後は出典とか明記した方がいいと思います。

 公認参考書・推薦参考書のラインナップについて、「ん?」と思うところがあります。一次史料を直接参考書にするのが難しいとしても、一次史料の解説本が入っていないのは、「あれ?」と思うところです。

 異説が多い新選組の歴史を知識テストにできるのかという興味関心から受検した新選組検定ですが、受けてみての雑感でした。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[01/21 ゆーじあむ]
[11/15 白牡丹@管理人]
[11/15 ゆーじあむ]
[05/25 長谷川誠二郎]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]