忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 今日発売。喜んで買いましたとも。


 表紙は百舌姐さん。白牡丹はこの人の作品は他に『鉄腕ガールズ』ぐらいしか知らないけど、この人の理想の女性像なのか、『鉄腕ガールズ』のトメと『SIDOH――士道』の百舌はよく似ている。綺麗系の美人で、世の中の酸いも甘いも噛み分けて、仕事ができて、男殺し(笑)で、そのくせ惚れた男には一途で純情。たぶん、高橋ツトムさんの理想なのだろう。白牡丹もそういう女性像が、実は憧れだったりする……自分も美人で男殺しになってみたいもんだ(爆)。

 以下、ちょっとネタばれ気味な感想。

☆★☆★

 前巻の末で池田屋事件、この巻のメインは禁門の変。新選組の登場はなし(どうせ主戦場以外のところで走らされてます……でも、来島又兵衛はともかく、真木和泉と久坂玄瑞が「戦死」と表現されていたのには「えええっ(汗)」でした^_^;)。

 久々に再登場の官兵衛さんがかっこいい。この作品では、白牡丹には土方歳三と双璧でセクスィーに見える(笑)。

 そしてまた、桂小五郎。死地に追い込まれた桂小五郎の恨みの深さが後の会津の命運を決めてしまったのではないかと思う(汗)ぐらい、この作品では桂小五郎の追い詰められぶりが凄い。

 主人公の雪村兄弟。美形キャラを贔屓にすることが多い(苦笑)白牡丹なのだけど、美形なお兄ちゃんの翔にはあまり心が動かない。剣の腕も性格も完璧な美青年なのがダメなんでしょうか(苦笑)……でも、奥手の翔ちゃんも、ようやく、ですね。どこで百舌姐さんを籠絡するテクニックを身に付けたものか、小一時間問いつめたい気がする(爆)。

 キャラが個性的で失敗もするけど憎めない源ちゃんは、今回、九死に一生。早く元気になって、また「ガタやん」と大暴れして欲しいものです。

 ラストに坂本龍馬と中岡慎太郎が再登場。なぜか、中岡慎太郎が高杉晋作タイプの美形……おもろい顔を描かせると高橋ツトムは引き出しが多いのだけど、美形のパターンは少ないのかしら(苦笑)。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
『SIDOOH 士道』第16巻(高橋ツトム)
URL 2009/02/20 23:30
 ……今まで「SIDOH」だと思っていたけど「SIDOOH」だったのね(滝汗)。  表紙は雪村兄弟。翔お兄ちゃんの洋装、素敵だけど……この青年がメインになると全部翔お兄ちゃんマンセーになってしまう(汗)。弟の源ちゃんが「ガタやん」こと土方さんと暴れている方が面白いと思うのは、土方さん贔屓なせいでしょうかねぇ(苦笑)。  歴史の陰で暗躍している狂信的な集団が出てくるストーリーなだけに細かいところにツッコミを入れるのは何ですが、「ややこができました」という女性を、わざわざ京都から会津...
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]