忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 昨日始まった『浪速の華~緒方洪庵事件帖』、とっても面白かったです。二十歳で医学を修業中の緒方章(後の洪庵)の余りのヘタレっぷりに笑っちゃいました(ということは好演でしょうね・笑)。謎の男装の麗人な女剣士と梅安もどき(自分にとってはいつまでも「久坂」なんですが・爆)のアクションはテンポがよかったし、商都大坂の気風もうまく描かれていたと思います。三谷さん作品ではお馴染みの梶原善さんのボンクラ同心もいい味でした。来週以降も楽しみです。

福島
花鳥図出品 桑折種徳美術館で展示会
 新年祝い花鳥図出品桑折種徳美術館で展示会桑折町種徳美術館の新年を祝う「花鳥図展」は4日から町内の同美術館で開かれている。
 3月29日まで。
 新春にふさわしく「花鳥」にちなむ企画展で狩野芳崖、渡辺小華らの掛け軸や屏風(びょうぶ)絵など約40点を出品している。
 中でも幕末から大正にかけて活躍した川端玉章の「花鳥十二ケ月(12幅対)」は1年の移ろいを月や花などで表現。
 明治11年渡仏し日本初の絵画留学生となった渡辺省亭の「十二枚花写し(12幅対)」は松、梅、桜、菖蒲(しょうぶ)などでそれぞれの季節を描いている。
 訪れたファンは色鮮やかな作品を鑑賞しながら、1年の幕開けを優雅に楽しんでいた。
 開館時間は午前9時から午後5時までで、最終入館は同4時半まで。
 入館料は大人200円、高校生100円、小中生は50円。



静岡
郷土名書画美術展:下田ゆかりの書画60点展示--市文化会館 /静岡
 「郷土名書画美術展」が9日、下田市4丁目の市文化会館小ホールで開幕した。12日まで。同館の開館20周年記念で、市振興公社の主催。
 幕末から昭和にかけ、下田とかかわった川路聖謨、江川旦庵(太郎左衛門)、村松春水、中村岳陵や、下田出身で日本営業写真の草分け・下岡蓮杖(れんじょう)などの書画約60点を展示している。
 「三舟」と言われた勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟の書画17点を集めた「幕末三舟展」も同時開催。訪れる人が、下田にゆかりの深い歴史上の人物の、個性豊かな作品を見比べている。入場料500円。【中村隆】

 坦庵公の書と聞いて見に行きたくないはずがないのですが、今の自分に下田はちと遠いなぁ……(/_;)。

鹿児島
和装の17人 美人画楽しむ/鹿児島市立美術館
 特定非営利活動法人(NPO法人)「きものを着る習慣をつくる協議会」県支部は10日、鹿児島市立美術館で2月1日まで開かれている新春美術展(同館、南日本新聞社主催、南日本銀行特別協賛)を鑑賞する集いを開いた。和装の17人が伝統美を楽しんだ。
 支部の日本画鑑賞は4回目。同館の山西健夫学芸係長の説明を聞き、幕末から昭和にかけての女性像を堪能。能勢明博支部長(63)は「着物で日本画を見ると感性が共鳴してより感動が深まった」。
 同展は「華麗なる美人画の世界-清方・深水・松園ら巨匠の系譜-福富太郎コレクション」。鏑木清方(かぶらききよかた)を中心に60点を展示。17日午後2-3時は山西係長によるギャラリートークがある。観覧料は大人1200円、中高生600円、小学生300円。休館は13、19、26日。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]