忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 寒さがこたえるこの頃ですね。幕末とは関係ないですが、イタリア・ルネサンスを代表する画家であって科学者のレオナルド・ダヴィンチの名画「モナリザ」のモデルを特定する史料が出てきたって、すごいニュースだなぁと驚きながら聞いてました。日本史なら織田信長の時代なんですよね。

福島
敵弾防いだ天保銭 二本松少年隊員の命救う
北塩原のひ孫が保管

 戊辰(ぼしん)戦争の際、二本松藩が兵力を補うために12~17歳の少年兵62人を結集させた「二本松少年隊」。生き残った隊員の1人、下河辺武司(戊辰戦争当時16歳、のちに行孝に改名)が、二本松城攻防の際に、身につけていた天保銭で、敵から受けた銃弾をはじき、命が助かったと言われる当時をしのぶ史料を、北塩原村に住むひ孫の下河辺滋行さん(70)が保管していることが分かった。二本松市教育委員会は、少年隊に関する史料が数少ないことからも「大変貴重な史料」として注目している。


静岡
「立葵」応援旗国立へ 高校サッカー決勝
 14日の全国高校サッカー選手権決勝で、江戸時代の大名・本多家を通じて歴史的にゆかりの深い藤枝市と千葉県柏市の高校が対戦するのを記念して、藤枝市の田中城史跡案内ボランティアグループ(広瀬邦行代表)がこのほど、本多家の家紋「立葵」が描かれた応援旗を作製した。決勝戦会場の国立競技場の観客席に掲げ、両校の健闘を祈るという。
 藤枝市の田中城を治めていた本多家は4万石の大名だったが、このうち約1万石は下総国相馬郡(現在の柏市船戸田中地区)に飛び地として所有していた。本多家は幕末まで両地で善政を行い、住民から信頼・尊敬されていたという。


福井
旧暦からの変遷一目 幕末から大正 暦35点紹介  県文書館
 幕末から大正時代にかけて県内の家庭で使われていた暦を紹介する「新年・吉日・こよみ展」が23日まで、福井市の県文書館で開かれている。旧暦(太陰太陽暦)から現在の太陽暦(グレゴリオ暦)に切り替わった1872(明治5)年のものなど、同館の所蔵資料35点を紹介している。


ブラジル
ユバ農場=盛況だったクリスマス公演=年末とあわせ8百人超訪れる
 四百五十人がユバのクリスマスを満喫――。ミランドポリスのユバ農場で昨年十二月二十五日と三十日、恒例のクリスマス公演が行われ、それぞれ約四百五十人、四百人と昨年以上の人が訪れる盛況を見せた。
 公演は「音楽」「バレエ」「劇」の三部構成。
 「音楽」ではピアノや弦楽、器楽演奏、合唱、「バレエ」の部では、長年指導にあたっている小原明子さんのほか、今年は若手の熊本早さんが振り付けた踊りも披露された。
 第三部「劇」では、同農場の彫刻家、故・小原久雄さんが一九六九年に演出したことのある「息子」(小山内薫・作)を上演した。幕末の江戸を舞台に、火の番をする老人と、長年別れていた息子との偶然の再会、その心の葛藤を描いた同作品。三世の若者たちが息子の役をこなしていた。音楽はユバ・バレエの日本公演以来交流している音楽家の神代充史さんが作曲した。


フランス
日仏交流150周年、パリで記念硬貨
 今年は幕末に日仏修好通商条約が結ばれてから150年。フランス造幣局発行の記念硬貨の図柄は、東洲斎写楽の浮世絵や、フランスの巨匠ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」など、4種類で、いずれも表の面には、エッフェル塔に着物と日の丸をあしらった、150周年のシンボルマークが描かれています。


文化・芸能
【来日合同インタビュー】
「シルク」で日本ロケに挑んだマイケル・ピットが
和服を着た貴重な(?)体験と日本人俳優の印象を語る!

映画作品情報『シルク (2007)』

「ヒーローの原点」を意識 「鞍馬天狗」 17日からNHK木曜時代劇でスタート
 中高年なら、だれもが時代劇のヒーローとして懐かしがる「鞍馬天狗」が、17日からNHK木曜時代劇(毎週後8・0)でスタートする。おなじみの黒頭巾(ずきん)姿で白馬に乗って現れ、悪を退治する鞍馬天狗を演じるのは、狂言師の野村萬斎。最新の撮影技術も駆使し、現代の感覚にもあった作品となった。
≪零落した公家の嫡男で、父を叔父に殺され、幼少時から鞍馬山中で武術の鍛錬をしていた小野宗房は正義感から悪を退治することを誓う。山を下り、幕末の京都で長州藩士・桂小五郎と出会い、浪人・倉田典膳と名乗る一方で、悪党が現れるや無敵の剣士・鞍馬天狗に変身する…≫
(中略)
 出演は野村のほか、桂役に石原良純、宗房のいとこの白菊役に京野ことみ、近藤勇役に緒形直人、土方歳三役に杉本哲太ら多彩な顔ぶれだ。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]