忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
新選組の「脇役」に光 東京と茨城で展覧会
 幕末に京の治安維持を担った浪士組「新選組」の幹部で、近藤勇、土方歳三らと同じ道場の出身でありながら、地味な存在とみられがちな井上源三郎(1829~68)と、新選組から分派を試み、それが理由で殺された伊東甲子(かし)太郎(1835~67)。この2人を扱った展覧会が、ゆかりの東京都日野市と茨城県かすみがうら市で開催中だ。

 新選組揺籃(ようらん)の地とされる日野市で開かれているのが、「没後150年 新選組井上源三郎」展(同市立新選組のふるさと歴史館、18日まで)。

 井上は八王子千人同心の家に生まれたが、近藤たちと同じ天然理心流の道場に通っていたのが縁で京へのぼり、浪士組に参加する。新選組では六番隊長などを務めた。

 展示は井上の兄で、家督をついだ井上松五郎と源三郎2人の生涯を、松五郎の日記など約80点から追いかける。

 「描かれた井上源三郎」と題したコーナーが興味深い。「剣の弱い老人」という、多くの人が抱く現在の井上のイメージは、実は司馬遼太郎の著作などによって培われ、流布されたものとわかる。実際の井上は年は近藤と5歳違いで、剣も免許皆伝だった。

 一方、かすみがうら市では「没後150年記念 伊東甲子太郎と幕末の同志」展が開催中(同市歴史博物館、3月4日まで)。伊東は同市に領地を持つ交代寄合(よりあい)(旗本)の家臣の家に生まれ、のち、北辰(ほくしん)一刀流の道場を営む伊東精一郎の養子となる。新選組入隊は64年。特別待遇を受けるが、孝明天皇の御陵衛士(ごりょうえじ)を務める高台寺党を設立。しかし、それもつかの間、新選組により暗殺された。

 展示は伊東の肖像画など約40点で構成。数えで33歳で死去した伊東の志が、門人で、のちに茨城の教育界を担った金沢鎗次郎(そうじろう)らに受け継がれ、花開いたことを伝える。

 井上や伊東に関わる資料は極めて少ないことから、2館ともかなり苦労しつつ展示をしている様がうかがえたが、これまで「脇役」的扱いだった2人にあえてスポットを当てた意図は評価すべきだ。(編集委員・宮代栄一)

【会津若松】新選組の歴史物語る資料など300点 会津若松で戊辰150年特別展
 戊辰戦争150年前期特別展「会津・薩摩と新選組~戊辰開戦から上野の戦いまで」は5月末まで、会津若松市七日町の会津新選組記念館で開かれている。

 戊辰戦争開戦から上野の彰義隊の戦いまでの関連資料約300点が展示されている。

 初代会津藩主保科正之が定めた「会津藩家訓」、錦絵版画「京都 禁門(蛤御門)の変」、新選組隊士が使ったとされる鉢金などが並ぶ。

 現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の撮影で使用したスナイドル銃や台本ほか、薩摩藩大隊旗や新政府軍が江戸城に入城する様子を描いた江戸城無血開城・錦絵版画「西城奉還之図」なども展示され、来場者の目を引いている。

 時間は午前10時から午後5時ごろまで。入場料は大人300円、小・中学生200円、未就学児無料。不定休。

 問い合わせは同館(電話0242・22・3049)へ。

戊辰戦争と新潟開港テーマに24日講演会
 新潟市中央区女池南の県立図書館ホールで24日午後1時半~3時、同館の青柳正俊副館長が「戊辰戦争と新潟開港」をテーマに講演する。先着180人で入場無料。同館が定期開催している「ふるさと講座」の一環。来年1月に150周年を迎える新潟港の開港は、戊辰戦争の戦局とともに諸外国の公使や交易商人の思惑が絡み合う中で実現したとされる。青柳氏は当時の状況を振り返りながら、最近になって確認された新事実を紹介する。

 申し込みは、同館の総合案内カウンターやホームページの「イベント申し込みフォーム」で。はがきやファクス(025・284・6832)でも受け付ける。問い合わせは同館業務2課(電)025・284・6001。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
13 14 15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[06/22 白牡丹@管理人]
[06/21 omachi]
[05/25 長谷川誠二郎]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]