忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 春らしい陽気の一日となりました。花粉の飛散が一段と凄かったようですが……(汗)。

神奈川
関内ホールで幕末の横浜舞台にミュージカル-みなと横濱演劇祭
 幕末の横浜を舞台にしたミュージカル「覗きからくり遠眼鏡~横濱之巻~」が3月15日・16日、 関内ホールで上演される。
  同作品は、3月1日より市内各所で開催されている「みなと横濱演劇祭2008」のメーンステージで、演出家・横山由和さん率いるミュージカル劇団「Steps」による作品。文化庁芸術祭賞や、紀伊国屋演劇賞などの受賞歴を持つ横山さんが、以前手掛けた作品を横浜バージョンに書き改めたもの。
 物語は、黒船来航に揺れる開港前夜の横浜を舞台に、たくましく生き抜く人々を描いた群集劇。そこに世代を超えて鞍馬天狗が登場し、民衆たちとともに活躍する。


岐阜
永保寺:16世紀の礎石跡など確認 発掘調査、きょう現地説明会 /岐阜
 03年9月に焼失した多治見市虎渓山町の永保寺の本堂と大玄関の再建工事に伴う発掘調査がほぼ終了し、15日午後1時から、遺跡と出土品の現地説明会が行われる。大火災に見舞われたとされる16世紀の礎石跡や、江戸時代に再建された建物跡とみられる遺構も見つかり、寺に伝わる記録とほぼ一致している。
 市文化財保護センターによると、今回の調査で(1)戦国時代中期に火災があった痕跡(2)江戸時代の前期と幕末の少なくとも2回、再建されたとみられる跡(3)濃尾地震(1891年)の被災後に本堂を再建した跡(4)14~15世紀の山茶わんや古瀬戸製品、16世紀の大窯製品など1万4000点を超す出土品(5)江戸時代の小石に経文の一字を書いた「一字一石経」の大量出土――などの成果があった。


大阪
大坂城:幕末の写真原版6点、天守閣で公開 10日間限定
 幕末の大坂城を撮影した写真原版6点が15日から、大阪市中央区の大阪城天守閣で公開される。明治維新で焼失する前の姿が分かる現存最古とみられる貴重な写真。光で劣化するため、今回が10年ぶりの公開で、展示は10日間に限定する。
 原版(縦約9センチ、横約11センチ)は、感光剤に浸したガラス板に被写体を投影、定着させる「湿板(しっぱん)写真」。正面玄関にあたる大手門、本丸を囲むやぐらなどを写した図柄で、日本に湿板写真技術が伝わった直後の1865年ごろに撮影されたという。
 当時、大坂城にいた江戸幕府14代将軍・徳川家茂(いえもち)や側近が、長州戦争や外交問題に備え、軍事資料を作るために城の外周の撮影を命じた際、「番外編」として写されたものとみられる。同時に撮影された原版49枚は宮内庁が保管。やぐらは天守閣などとともに1868年の明治維新の際、幕府側によって焼かれた。


コラム
【適塾再考】第2部医学編(37)討ち死に覚悟で江戸へ
 緒方洪庵は幕末、天然痘とコレラという当時最大の脅威と戦った。これらは身分や貧富にかかわらず万民が感染する恐れのある病気である。
 洪庵は日常、駕籠(かご)に乗り威儀を正して回診に出た。得意先は幕府の要人や富裕な商人だ。いきおい、治療は美食や運動不足など不摂生の後始末になる。種痘事業などに保護や援助を求めるため仕方がないとはいえ、数え年17歳で「万民を救う方法」として医道を志した洪庵にとって、この回診は不本意であった。
 洪庵が感染症との戦いに心血を注いだのは、それが医師としての本来の仕事と考えたからだ。最先端の西洋医学書を翻訳、出版して新しい治療法を世に広めることも、適塾で若い医師を育成し地方に送り出すことも、間接的に「万民を救う方法」だったのである。
 そうした洪庵に大きな転機が訪れる。文久2(1862)年8月、蘭学医としての業績が認められ、当時の医師の最高位である幕府奥医師に就任、西洋医学所頭取を兼務することになったのだ。


 連載コラムの中途からネットに引っかかるとは……適塾の塾生紹介とか、もう少し探せば出てくるかも知れません。

PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10 11
14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]