忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 今日の『新選組!』再放送は「江戸へ帰る」。チカちゃんとか伊東先生とか懐かしいキャラ再登場は嬉しいのですが、明日はもう「山南脱走」、展開が速いなぁ……。

北海道
箱館、松前に投獄 ゴロウニン著書「日本幽囚記」新たな翻訳本 兵庫の斉藤さん出版
 国後島で幕府に拘束され、一八一一年から二年間余り箱館や松前で獄中生活を送ったロシア艦長のゴロウニンが帰国後に書いた「日本幽囚記」の翻訳本を、兵庫県洲本市の斉藤智之さん(43)が自費出版した。捕らわれの日々の回顧とともに、鎖国下にあった日本の文化や風習を克明に描き、当時の西洋でベストセラーになった。過去に露文学者らによる日本語翻訳本はあったが、絶版で入手が困難なことから、新たな翻訳に取り組んだ。

 先週のニュースで鮮度は落ちましたが、『風雲児たち 幕末編』を読んでいる白牡丹には耳寄りなニュースだったので取り上げました。

群馬
幕末に活躍 小栗上野介
殺害直後の古文書発見

 幕末に勘定・陸軍奉行などを歴任した小栗上野介(一八二七-六八)が、領地の旧倉渕村権田(現高崎市)で新政府勢力に殺された直後、首が運ばれて継嗣や家来も殺害された様子を記録した古文書が、安中市板鼻の旧家で発見された。古文書は県立歴史博物館(高崎市)が買い取り、関係者は「歴史の空白を埋める貴重な史料」と注目している。


東京
東国出身者が多い新選組
異文化の京都でどう活動

 江戸など東国出身者が多い新選組は、風習の異なる幕末の京都でどう活動を進めていったのか-。そんな視点などから新選組の実像を紹介する特別展「新選組 京都の日々」が、日野市の「市立新選組のふるさと歴史館」で開かれている。

 その後の展示が気になっていた「市立新選組のふるさと歴史館」ですが、なかなかの好企画のようです。連休を利用して見に行けたらいいのですが……連休中は休みだったりするからなぁ^_^;。

富山
紅白の花 春の香り
富山の内山邸 ウメが見ごろ

 越中の豪農、内山家が幕末に建てた国の登録有形文化財「内山邸」(富山市宮尾)の庭園で、ウメが例年より早く見ごろを迎えている。



コラム
数日前に書いた遠山金四郎が
数日前に書いた遠山金四郎が江戸の町奉行として名をはせていたころ、東海道を西に下った駿河国清水で遊侠の世界に足を踏み入れた男がいた。

 以下、清水の次郎長について紹介。そして最近の「清水一家」を襲名した暴力団について言及。

【ひとすじの蛍火-吉田松陰 人とことば】秋編(11)激論
■「長老・太華(たいか)の論は幕府の美●(びちん)、わがことばは幕府の薬石である」
 「経書(儒教の古典・四書五経など)を読むの第一義は、聖賢に阿(おもね)らぬこと要(かなめ)なり」。安政2(1855)年から翌3年にかけてつづられた吉田松陰の主著『講孟余話』本文の書き出しである。
 この挑戦的なことばに違うことなく、聖賢である孔子や孟子への批判がしばらく続く。松陰は、2人がともに生国を離れて他国を遊説し、任官までしたことを例に挙げ、「わが国では、臣下は君主と死生や喜怒哀楽をともにする。中国では臣下のものが君主の善悪をにらみながら渡り歩くが、そのさまは半季ごとに主人を変える卑しい奉公人のようだ」と評するのである。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]