忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 東京の空は降ったり止んだり、風も強くと荒れがちな天気でした。明日以降は暑くなるようです(汗)。

北海道
街角:函館・五稜郭祭で土方コンテスト/北海道
街角:函館・五稜郭祭で土方コンテスト /北海道
  幕末の戊辰(ぼしん)戦争で最後の戦いとなった箱館戦争にちなんだ「箱館五稜郭祭」が16日から2日間の日程で函館市で開幕した。初日は土方歳三コンテスト全国大会があり、函館市の介護職員、佐藤昭洋さん(36)が優勝した。
 函館や札幌などから女性3人を含む18人が参加。明治新政府軍を相手に最後の戦いを挑み、銃弾に倒れた土方の生き様を熱演した。佐藤さんは市内で毎年開かれている市民野外劇で殺陣チームのメンバーで、巧みな刀さばきに観客らからの盛んな拍手を浴びた。


土方コンで佐藤さん優勝…箱館五稜郭祭が開幕
 五稜郭を舞台に箱館戦争の歴史をたどるイベント「第40回箱館五稜郭祭」(同協賛会主催)が16日から2日間の日程で開幕した。初日は新選組副長の土方歳三になりきって演技力を競う恒例の「土方歳三コンテスト全国大会」が五稜郭タワー(五稜郭町43)で行われ、出場者の熱演が会場を沸かせた。
 青空の下、午前中は新政府軍に扮(ふん)した箱館戦争ゆかりの地を巡る碑前祭が行われ、実行委のメンバーら約50人が中島三郎助父子最期の地碑(中島町)や、碧血碑(谷地頭町)、土方歳三最期の地碑(若松町)などで献花したり祭文を読み上げたりして戦死者を慰霊した。
 午後からは同タワーアトリウムで記念式典が開かれ、主催者のあいさつや功労者の表彰に続き、函館観光大使の女優、平田まりさんが「五稜の夢」と「ShinyEarth(シャイニーアース)」の2曲をステージ上で熱唱し、イベントの幕開けを盛り上げた。
 呼び物の「コンテスト」は今年で22回目。道内外から女性4人を含む計18人が出場し、最後の戦いで殉じる土方の姿を再現した。出場者はアドリブを交えて迫力ある大立ち回りを披露。工夫を凝らしたせりふやコミカルな演技もあり、会場を埋め尽くした観衆の拍手と笑いを誘った。
 優勝したのは函館市の介護職員、佐藤昭洋さん(36)。昨年に続き2回目の出場で、毎年の函館野外劇にも出演していて、1カ月前から刀さばきを磨いているという。佐藤さんは「緊張したが、新選組や土方が好きだという思いを大きな声で精いっぱい伝えられた」と喜びに声を震わせた。
 17日の本祭は、午後1時すぎから、優勝した佐藤さんも加わり、当時の衣装をまとい市内をパレードする目玉の「維新行列」が行われ、同2時ごろ、市内本町地区の行啓通で榎本軍と新政府軍による戦闘シーンが繰り広げられる。小雨決行。問い合わせは同協賛会事務局(同タワー内)TEL0138・51・4785。

 見出しで「土方コン」と略されているのを見て、ちょっと笑ってしまいました……地元に定着していると受けとめればよいのでしょうかね^_^;。
 優勝された佐藤さんは、函館野外劇の殺陣チームの方だとか、昨年に続き2度目の出場だとか、精進された上での優勝なんだなぁと思いました。おめでとうございます。


神奈川
竜馬の波乱の人生、華やかに描くミュージカル/横須賀 22日に上演
竜馬の波乱の人生、華やかに描くミュージカル/横須賀 22日に上演

 幕末のヒーロー坂本竜馬の波乱の人生を華やかに描くミュージカル「龍馬!」が二十二日、横須賀市文化会館大ホールで上演される。竜馬の妻おりょうゆかりの地での公演で、チャリティーミュージカル横須賀実行委員会(木村紹一委員長)は、市内の中学・高校生三百人を招待、「幕末の偉人の活躍を、ぜひ若い人に見てもらいたい」と話している。
 ミュージカル「龍馬!」は四国の文化と伝統を生かした作品をてがける愛媛県の「坊ちゃん劇場」第三弾作品で、二〇〇八年から全国で上演している。脚本・演出はジェームス三木氏。出演は劇場出資団体の劇団わらび座(秋田県仙北市)。
 寺田屋事件から暗殺までのストーリーを軸に、妻おりょうや寺田屋の女将お登勢ら竜馬を取り巻く女性たちにも光を当てながら、商才や交渉術にたけた竜馬像を描きだすという。竜馬にはタップダンス、おりょうはフラメンコ―という、ひと味違った演出も話題だ。
 おりょうは竜馬が暗殺された数年後、横須賀に移り住んで再婚し、市内大津町の信(しん)楽(ぎょう)寺(じ)に墓碑が残っている。公演を前に先月、竜馬を演じるわらび座の上野哲也さんと関係者らがおりょうの墓所に参り、横須賀公演の成功を祈った。
 約二百八十回の公演をこなしてきた上野さんは、地元市民ミュージカル「SUKAミュー」のメンバーとも交流。実行委は復活公演を目指して練習中のメンバー約三十人も公演に招待する。
 開演は午後六時半。当日券(若干)もある。A席三千円、B席二千円。問い合わせは、横須賀実行委員会電話046(837)1485。


長崎
坂本龍馬像:風頭公園、銅像建立20年 龍馬で長崎「ますます元気」 /長崎
坂本龍馬像:風頭公園、銅像建立20年 龍馬で長崎「ますます元気」 /長崎
 長崎市の風頭公園にある幕末の志士、坂本龍馬の銅像建立20周年を祝う式典が16日、現地であった。銅像を建立した長崎龍馬会(馬渡善裕会長)の主催。高知や京都など全国の龍馬会メンバーら約150人が参加した。
 式典に出席した田上富久市長は「(長崎ゆかりの)龍馬のおかげで長崎がますます元気になったと言われるようにお手伝いしてほしい」とはかまや着物姿で集った参加者にあいさつ。参加者は台座に上がって銅像(高さ約5メートル、台座含む)を磨いたり、酒を酌み交わしながら龍馬談義に花を咲かせた。
 龍馬像は1989年に全国の有志からの募金約1000万円で建立された。全国の龍馬会の連携組織である全国龍馬社中(高知市)によると、龍馬会は国内約130団体、海外7団体あり、会員は計約1万4000人に上るという。【阿部弘賢】


【動画】龍馬像“20歳”祝い式典 長崎・風頭公園に全国からファン130人
【動画】龍馬像“20歳”祝い式典 長崎・風頭公園に全国からファン130人
 長崎龍馬会(馬渡善裕会長)は十六日、長崎市の風頭公園にある「坂本龍馬之像」の建立二十周年の記念式典を開き、全国の龍馬ファン約百三十人が出席した。
 像は高さ三メートル。龍馬会前身の「龍馬の銅像建つうで会」が募金活動で千二百万円を集め、一九八九年五月二十一日に建てられた。
 式典では、馬渡会長が「私たちの活動の原点は龍馬像。今後も幕末に活躍した龍馬の精神を多くの人に知ってもらい、人づくりや地域づくりにまい進したい」とあいさつ。像を制作した長崎市の彫刻家、山崎和國さん(74)は「二十年前の除幕式で龍馬の雄姿が現れた瞬間、歓声と拍手がわき起こった。きょうは懐かしさで胸がいっぱい」と述べ、建つうで会元会長の柴崎賀広さん(53)も街頭募金や企業回りで建立資金集めに奔走した思い出を語った。
 三年前に長崎市内であった「龍馬の歌音楽祭」でグランプリに選ばれた佐世保市の折原賢児さん(27)がグランプリ曲「若人よ旅立ちの時がきた」を披露。財団法人霊山顕彰会(京都)が制作した龍馬ら幕末の偉人を漫画と写真で紹介するDVDを、県内の中学校すべてに寄贈することも報告された。

【編注】山崎和國さんの「崎」は、大が立の下の横棒なし







PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]