忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 昨日の空模様から一転して、今日はくっきり晴れていますね。最高気温も25度まで暑くなるそうです。

宮城
列藩同盟密談の史料も 戊辰戦争特別展 七ケ宿
 リンク先は河北新報(ニュース閲覧に無料の会員登録が必要)です。
 奥州と羽州を結んだ街道の宿場町、宮城県七ケ宿町で24、25の両日開かれるシンポジウム「戊辰戦争140年in七ケ宿」(実行委主催)を前に、戊辰戦争関連の歴史資料を集めた特別展が20日、同町水と歴史の館で始まった。
 仙台市若林区の古美術商菅野邦男さん(71)のコレクションをはじめ、町内の旧家から町に寄託された幕末から明治にかけての絵画や書、古文書など合わせて26点を展示する。
 このうち「官軍参謀世良修蔵密書」は、会津藩追討の主唱者世良が同僚にあてた手紙。文面にある「奥羽皆敵」の文字が東北の怒りを買い、奥羽越列藩同盟の成立(1868年)につながったとされる。
 七ケ宿町は、仙台、米沢両藩などの重臣が同盟締結を協議した「関の密談」の会場となった。安藤家の記録簿「会津御追討方御用永留」は、密談に加わった重臣らの名前が書き留められている。
 特別展は6月29日まで。入館料は大人310円、高校生200円、小中学生100円。連絡先は七ケ宿町水と歴史の館0224(37)2739。

 今回はかないませんでしたが、世良修蔵の密書、いつか実物を拝見したいものです。

静岡
アメリカジャスミン:かれんな花と香り、下田・了仙寺で見ごろ /静岡
(中略)
 同寺は日米和親条約の下田条約が締結された名刹(めいさつ)。50年ほど前から植栽を始め、ジャスミン寺の愛称でも親しまれ、訪れる人は幕末の歴史を伝える由緒ある建物と、かれんな花を楽しんでいる。


京都
絵馬が見せる庶民の暮らし
左京・三宅八幡宮 24日に資料館開設

絵馬が見せる庶民の暮らし 左京・三宅八幡宮 24日に資料館開設
 「疳(かん)の虫封じ」の神様として知られる京都市左京区上高野の三宅八幡宮で、幕末-昭和初期の奉納絵馬(京都市指定有形民俗文化財)の展示資料館が完成し、24日にオープンする。大人と子供が行列をつくった当時の参詣風景がカラフルに描かれ、地元では「絵馬やその歴史的背景を広く知ってほしい」と期待している。


和歌山
紀州・社寺を歩く:応其寺(橋本市) 応其上人による創建 /和歌山
 橋本駅から目と鼻の先なのだが、最短距離をとると、極端に狭い路地をくねくねと歩くことになる。ひょっとして、間違えたか? と地図を広げること再三。できれば住宅地図など詳細な地図で確認してから訪れたい。
(中略)
 その山門。ご住職が「ほら、ここに」と指さしたのは、5円玉ぐらいの穴。柱や壁にいくつも開いている。幕末、奈良で挙兵した吉村寅太郎らの天誅(てんちゅう)組が寺を囲み、撃ち込んだ銃弾の跡だとか。軍資金稼ぎのために、天誅組があちこちを襲ったという話は本で読んだことがありますが、へぇー、ここまで来ていたのですか。


広島
幕末の祭り150年ぶり復活へ
 幕末の広島城下で一度だけ催された「砂持加勢(すなもちかせい)まつり」が10月4日、広島市中区の本川川岸などで、約150年ぶりに復活することが決まった。広島城天守閣再建50周年を記念し、市文化財団が企画した。大ダコの山車を繰り出し、仮装行列が練り歩いた当時のにぎわいを再現する。
 祭りは1862年(文久2年)5月7日から13日まであった。本川にたまった土砂の除去作業を前に景気づけで催した。天守閣再建50周年を機に、財団が「城下町の市井の人たちの祭りを復活させよう」と発案。当日は200―300人規模で、本川川岸や本通り商店街などを経て広島城までを練り歩く計画を描く。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]