忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 追加記事がありましたので、別記事を立ててご紹介します。

岩手
近代花巻の姿明らかに 建築家子孫の宮沢さん
 花巻市南川原町の宮沢助五郎さん(82)は20日、江戸時代に花巻城下町の大工の管轄や建築監督を務めた先祖・宮沢家の資料1500点近くを市に寄贈した。明治時代に取り壊された花巻城の地形測量図や寺院、駅舎の設計図面など貴重な資料が多く、花巻がたどってきた歴史や文化の発展を知る手掛かりとなりそうだ。
 宮沢家は2代目の三四郎盛治(1729年没)が花巻大工小頭となって以来、幕末の8代目儀四郎廣尊(1822-86年)まで代々、公的施設の建築に携わってきた。
 助五郎さんの祖父で9代目の猪太郎(1848-1926年)は大工職にとどまらず、鉄道工事や学校建築など、明治後期から大正半ばまで技師として広く活躍した。
 花巻城の地形測量図は明治政府の方針で城が取り壊される直前、実測された。花巻城に関する同様の図は数点しか現存していない。
 花巻駅の平面図は1890(明治23)年、開業1カ月前に書かれた。そのほか、江戸時代の数学「和算」についての書籍なども寄贈された。


東京
見る:幕末浮世絵展 当時の風潮を垣間見る--来月8日まで、三鷹 /東京
◇三鷹市美術ギャラリーで

 江戸末期の作品ばかり約150点を集めた「幕末浮世絵展」が、三鷹市美術ギャラリー(三鷹市下連雀3)で開かれている。肉筆画約20点も含まれており、会場には江戸の風情が漂う。
 浮世絵は17世紀後半に誕生した。初期は遊郭や歌舞伎を舞台にした美人画などが主題だったが、歌麿や写楽の活躍を経て幕末期に入ると、作品のテーマは生活全般まで拡大。庶民の要望を反映するメディアに成長した。
 展示作品のうち、風景画は当時の旅行ブームが背景にあり、武者絵は魔界小説や幽霊芝居を下敷きにして描かれたという。幕府の改革に対する風刺画、黒船来航を機に盛り上がる開国絵などもあり、当時の一般社会の風潮を垣間見られる。


山口
長州砲、萩へ里帰り
 幕末の1864(元治元)年、英・仏・オランダ・米の四国連合艦隊に長州藩が敗れた下関戦争の戦利品としてイギリスが持ち帰った長州砲1門が、6月下旬にも製造された萩市に里帰りする見通しとなった。明治維新140年記念事業の一環として萩市が企画したもので、1年間の貸与を受けて萩博物館に展示する。所蔵するイギリス王立大砲博物館はすでに荷造りを終え、今月中に船積みする方向で手続きを進めているという。
 藩の鋳物師(い・も・じ)の郡司喜平治が、1844年に萩・松本の郡司鋳造所で作った荻野流一貫目青銅砲(砲身長185・9センチ、口径8・8センチ、重さ1トン)の一つ。伝統的な和式大砲で、一貫目玉(3・75キロ)を発射できる。戦争に備えて関門海峡の下関側に配置されたが、敗戦で根こそぎ持ち去られるか廃棄された。
 フランス軍が持ち帰った砲はその後、下関市立長府博物館に長期貸与、展示されているが、イギリス軍が持ち帰った砲はロンドン郊外の大砲博物館で展示されてきた。萩市民の間から里帰りを望む声が上がり、市が外務省を通じて交渉、今年に入って話がまとまった。

PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]