忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 今朝8時23分に岩手県・宮城県を中心に起きた地震で亡くなられた方・怪我をされた方・その他ライフラインなど被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。行方不明の方々も早く生存が確認されますようにと祈っております。

 今日の幕末ニュースは図らずも「釜さん」特集になりました^_^;。

北海道
箱館戦争戦った榎本武揚 没後100年イベント来月から 函館
 旧幕臣として箱館戦争を戦った榎本武揚(一八三六-一九○八年)の没後百年を記念したイベントが七月から函館市内で開かれる。函館開港百五十周年記念事業のプレ企画で、武揚や函館の歴史をたどる新聞も発行する。
 榎本武揚没後百周年記念事業函館地区実行委員会(須藤隆仙会長)主催。七月二十六日午後六時半から記念公演を開催。称名寺(船見町)境内を会場に、函館の講談師荒到無形(こうとうむけい)さんが「まぼろしの蝦夷(えぞ)共和国」と題して講談するほか、函館こども歌舞伎が二演目披露する。入場料千円(小学生以下無料)。定員五百人で十六日からチケットを発売する。
 また、新聞「函館歴史かわら版」を十六日に発行する。B4判四ページで小学生にも読めるように平易な文章で武揚の功績や戊辰戦争を紹介した。函館や江差の小学生に配るほか、市役所など公共施設でも無料で配布する。記念公演、新聞の問い合わせは函館青年会議所(電)0138・26・8563へ。
 このほか市立函館博物館が特別展「箱館戦争の光と影」を七月十九日-八月三十一日まで開く。
 さらに小樽、札幌、東京でも各実行委が記念事業を催す予定で、東京では帆船を幕府軍艦開陽丸に見立て航路をたどる企画を実施する。函館港に七月二十六日から八月一日まで、江差港に同二日から四日まで入港し、子供たちにセイル・ドリルなどを体験してもらう予定だ。同実行委の寺井慎一郎・函館青年会議所理事長は「市民に函館の歴史を知ってもらうきっかけにし、自分のまちに誇りを感じてもらえるようにしたい」と話している。

◇榎本武揚◇
 1868年、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍敗北後、軍艦開陽丸を率いて蝦夷地に脱走。五稜郭を占拠し「蝦夷政権」総裁となるが翌69年、箱館戦争で敗北し投獄された。その後、新政府に登用。北海道開拓や、駐ロシア公使として帝政ロシアとの樺太・千島交換条約締結に尽力。逓信大臣、文相、外相を務めた。


各地
開陽丸の夢再現 東京-小樽を大型帆船で航海 榎本武揚没後100年記念
 幕末から明治にかけて日本の激動期に大きな足跡を残した榎本武揚(一八三六-一九〇八年)の没後百周年にちなんで七月中旬、東京港から小樽港まで約一カ月をかけて大型帆船が航海する。榎本が軍艦・開陽丸を指揮して江戸を脱出、蝦夷(えぞ)(北海道)に新天地を求め、維新政府軍との箱館戦争を経て明治の夜明けを導いた往時の航路をたどり、榎本の功績をしのぶ。
 榎本ゆかりの旧幕臣の子孫らでつくる、没後百周年記念事業東京事業本部実行委員会(橋本進委員長)が企画した。
 開陽丸は一八六八年(明治元年)八月、海軍副総裁の榎本に率いられ、咸臨丸や回天丸など七隻と江戸・品川沖を脱走。榎本の旧幕府軍は蝦夷上陸後、箱館の五稜郭にこもり統治を始めたが、翌六九年、政府軍に降伏した。開陽丸はこれに先立ち、六八年十一月、進攻先の江差沖で暴風のため座礁、沈没した。
 開陽丸に見立てて運航するのは、大阪市所有のセイル・トレーニングシップ帆船「あこがれ」(三六二トン、定員四十人)。開陽丸と同じ三本マストで、二〇〇〇年十二月には日本の帆船では初の世界一周航海に成功した。
 「あこがれ」は七月十一日午後、東京港有明埠頭(ふとう)に接岸し、十二日に記念式典、出航は十三日午前十時半。一般募集で参加が決まっている子供など三十五人を乗せ、開陽丸の航路をたどって最初の寄港地、宮城県石巻港へ。
 岩手県宮古港を経て二十六日には函館港に入り、八月二日に桧山管内江差港に寄港。榎本がまちづくりに尽力した小樽港に六日到着する。各寄港地では歓迎セレモニーが予定されている。
 実行委員会の小林賢吾副委員長は「子供たちがたくさん乗船するので、貴重な体験をしてほしい。何とか成功させたい」という。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]