忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
7月から9月まで放映していたアニメ『幕末Rock』が好き過ぎて、超絶頂★雷舞に参戦してきました。

 はじめてペンライトを買い(商品名から「キンブレ」とも呼ばれている)ました……渋谷のアニメイトで(°°;)。ちょうどマルイシティで『幕末ロック』ハロウィーン限定ショップやっていたので、ついでに。

 昼の部組が朝7時半頃から物販に並んで、9時半から物販が始まってキンブレとラバーストラップが全滅という呟きが入っていたので、昼の部が始まった頃を見計らって先に物販入りました。パンフ、Tシャツ、缶バッジ、トイレットペーパー(アニメJAPANのイベントで声優さんたちが大喜利形式でグッズのアイディアを出した時にトイレットペーパーというアイディアが出たらしい)を買い、大井町に移動して用事を済ませた。会場外と東京テレポート駅のロッカーがすぐに一杯になってしまうので、大井町でTシャツに着替えてロッカーに大きな荷物を入れて、はじめてのZepp Tokyo入り。

 私のチケットはスタンディングで1060番台。10番単位で入場していくのだけど、18時30分の会場から10分もたたない内に入場。会場内には何本か柵が立っていたので、はじめてライブに参加する初心者としては寄っかかれる柵のある後方の方が安全と判断し、まだ少し隙間のある柵のところにスペースをいただいた。そうこうしている内に、後の参加者が入ってきて、会場は満席に。

・OPを歌っているvistripが3曲
jack(『幕末Rock』OP) ごめん、いつもニコ生で見ている空耳バージョンしか覚えてなかったので、空耳バージョンで唱和してしまった(汗)
ほか2曲

超歌劇キャストのトーク
 12月24日から29日まで天王洲銀河劇場で上演される超歌劇《ウルトラミュージカル》から、坂本龍馬役の良知真次さん、土方歳三役の輝馬さん、徳川慶喜役のKIMERUさんが登場(残念ながら私服だった)。軽くトーク。使用曲は決まったが、まだシナリオはできていないらしい。でもテニミュ出身の人が多いようで、すでに仲よさそう……私の位置が後ろなんで、姿は見えなかったけど。

・安元さんと斎賀さんのビデオメッセージ
 井伊直弼役の安元さん、違いのわかる美少年こと徳川慶喜役の斎賀さんはアニメイトの『幕末Rock WEBラジオ Rock or Heaven?』のパーソナリティをやっていて、息の合ったふたりが超魂団《ウルトラソウルズ》のメンバーひとりひとりをゲストに迎えてのトークは(下ネタ比率高いが)毎回爆笑ものだった。特に最終回は土方歳三役の森川智之さんを迎えて、第6話の土方歳三についてツッコミ入れまくり。土方様鬼愛《ラブ》な煌《ファン》の私も悲しい展開に涙するはずが腹筋崩壊したあの場面この場面について、安元さんが代弁してくれました。
 そのおふたりからのビデオメッセージ、ロックをご禁制音楽として取り締まる役柄ながら、中の人たちはロックも他の音楽も大好きなようで、とても楽しいメッセージでした。

・オバミラ中に龍馬乱入でINTERSECT

 舞台から電気が一旦消えて、次に付いた時には「誠」の旗が。あーなるほど、昼の部と夜の部は曲を変えるらしいという昼の部参加者からの呟き情報は入手していたけど、昼の部では後半の盛り上がりに使った新選組ライブの場面を冒頭から使うのか……(歓喜)。
 沖田総司(小野賢章さん)「誠の旗を信じてる〜?」
 土方歳三(森川智之さん)「集え! この旗のもとに!!」
 きゃ〜、新選組ライブそのままに。もちろん、沖田総司言うところの子豚ちゃんたちであるところの私たちは、きゃ〜っ。
 土方歳三「俺たちの歌が聴きたいなら、静まれ!!」
 ……しーん。
 土方歳三「静まるんじゃないっ!!」
 きゃああああ〜。わ〜い、この場面が参戦の一番の楽しみだったといっても過言ではないぐらい、楽しい〜。
 そして『非常幻想〜オーバーミラージュ〜』の途中で坂本龍馬(谷山紀章さん)が「お前らの曲は違う!」と乱入し、『INTERSECT』へ。坂本龍馬がRockで問いかけ、土方歳三と沖田総司が最初はにべもなかったのが、ロックのパワーにだんだん引きずられていくこの曲は、冒頭に持って行くとリアルにライブジャックを仕掛けられているようでどきどきします。

・絶頂DAYBREAKの後にトークショー
 ここに、高杉晋作(鈴木達央さん)と桂小五郎(森久保祥太郎さん)も加わって、5人で『絶頂DAYBREAK』。ここでのヒジゾーさんこと森川さんの歌い方について後半のトークでちょっと茶々が入ります(苦笑)。

・ソロコーナー
 個人的には、それぞれの人のソロナンバーの中で、より好きな方をかけてもらえて、もう最高。ソロナンバーでは、ペンライトをそれぞれのキャラクターのシンボルカラーに替えて、会場全体がその一色に染まりました。

群青を射す光/土方歳三(森川智之)……いきなりしっとりしました。ひじぞうさんが近藤さんを思う歌。あなたの後ろ姿を追ってきた過去を、未来に変えていこうということは、遺志を継いで自分が
他の人たちのロールモデルになろうという歌だと私は解釈しています。

ハチノジディストーション/桂小五郎(森久保祥太郎)……曲名にちなんで、この時はみんなキンブレを∞に振りました。困難に突き当たっても、自分の可能性は無限大だと信じて突き進む歌。

生きていこう/高杉晋作(鈴木達央)……「松陰先生っ」から入って、私の背後のシンディファンが複数号泣しました。高杉晋作が吉田松陰に師匠ありがとうという歌の内容に加えて、朗々としたたっつん声に泣ける。私のカラオケナンバー入り。

共鳴進歌/沖田総司(小野賢章)……そうちんのセリフ「近藤さん、歌うよ……僕の歌、歌うよ」がすっごいよかった。前のイベント動画で見ていた以上に声が乗っていて、語りかけるような歌い方。さすが25才の若者はこれだけの猛者な声優達に揉まれて成長しているなぁとも思ってしまう感じ。そして「最後まで楽しんでいってね子豚ちゃんたち」との一言がさすが、そうちんだよ。

Last Scream/坂本龍馬(谷山紀章)……これ聴けてよかった。アニメでは出て来ないけど、ゲームではピンチになった場面で魂を込めて歌う曲らしい。「この声枯れ果てるまで keep on screaming 少しでも世の中が変わるなら ここに居る理由はただひとつ」龍馬節全開、圧倒的なパワー。

・トークショーのあとにローリングサンダーと波乗りとWHITE

下ネタ満載トークと森川社長は実は琴線が読めてなかったという話題はこのあたりだったかな。

Rolling Thunder……坂本・高杉・桂の3人で。ある意味、OP曲といってもいい一作。舞台がはねた後も観客の何人かが鼻歌で歌っていて、私も鼻歌で歌ってしまった。
Ride on the Wave……普通は上記3人なのだけど、土方・沖田も加わってのスペシャルバージョンの模様(私の記憶が正しければ)。
WHITE……11月6日発売の『超魂』ミニアルバムに収録されているけど、試聴版ではまだ前半しか聴けない。うわー、難しいけど素晴らしい曲。

・アンコール

 最初はアニメ風に「ロック、ロック」だったんだけど声が出なくなってきて、周囲の人たちとパートを分けて「もっかい」「ロック」「もっかい」「ロッキュー」で頑張る。

五色繚乱……和楽器がロックに溶け込む名作。坂本龍馬の「龍」、高杉晋作の「晋」、桂小五郎の「小」、沖田総司の「総」、土方歳三の「歳」がそれぞれのパートの歌詞に埋め込まれていて、ちゃんとそれぞれの役柄の視点とストーリー展開と全体観がうまく溶け込んでいる名作。

what's this ……実質的なOP曲といっていい曲がラストに。観客席も唱和して、大迫力のwhat's thisに。

・賢章が脱衣(バージ)

 先輩たちにいじられっ放しの賢章くん、今日はトークでも「サプラーイズ!」連発してハイになっている感じでしたが、最後にサービスでパージ。後ろだったのでちらりとしか見えませんでしたが、眼福でございました。

 なお、雷舞は昼夜ともテレビとDVD収録のために録画されていた様子。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
函館に行きます
by イバハチ 2014/11/05 20:22 編集
明日から三泊で行きます。行ける状況ではないのですが...
前回行った時の碧血碑の呪いを解いてきます。
    
行ってらっしゃい
by 白牡丹 URL 2014/11/05 20:28 編集
イバハチさん、行ってらっしゃい。

私は先月24回目の函館旅行で土方さんが体験しなかった秋の函館を満喫しました。でも天候に恵まれず碧血碑までは足を伸ばせなかったので、私の分も祈ってきてください。
    
そうですかー
by イバハチ 2014/11/05 20:47 編集
24回目の函館旅行記読みたいですが...今までの旅行記のコピー、飛行機の中で読むのが恒例の楽しみです。     
参考にしていただけて光栄です
by 白牡丹 URL 2014/11/05 21:07 編集
楽しんで来てください。また何か新しい発見があったら、
教えてください。
    
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[01/21 ゆーじあむ]
[11/15 白牡丹@管理人]
[11/15 ゆーじあむ]
[05/25 長谷川誠二郎]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]