忍者ブログ
新選組・土方歳三を中心に取り上げるブログ。2004年大河ドラマ『新選組!』・2006正月時代劇『新選組!! 土方歳三最期の一日』……脚本家・制作演出スタッフ・俳優陣の愛がこもった作品を今でも愛し続けています。幕末関係のニュースと歴史紀行(土方さんに加えて第36代江川太郎左衛門英龍、またの名を坦庵公も好き)、たまにグルメねた。今いちばん好きな言葉は「碧血丹心」です。
 前の記事に続いて、特集からひとつだけ幕末のエピソードを紹介。



 91ページ「幕末グルメおこぼれ話」に、こんなエピソードが載ってます。

 例えば、徳川慶喜。慶喜は「豚一公」と陰で称されていたほどの豚好きであったが、豚といえば薩摩の黒豚である。実は、薩摩藩家老だった小松帯刀から大久保利通に宛てた手紙に、慶喜が時々、豚を所望してきて困るというものがあるのだ。


 美味しいよ、このネタ(笑)! 『篤姫』でも取り上げればいいのに。ちょうど前回、慶喜さんが将軍になったばかりなんで、次回のタイミングでヘタレ家老小松瑛太が、原田利通にポヤく場面を入れてくれたら神、なんですけど……無理だろうなぁ、次回は玉木龍馬が暗殺される回だから(苦笑)。

 「豚一公」エピソードは知っていたけど、薩摩におねだりして困らせるほどだったというのは知らなんだ。

 さらに、鳥羽伏見の戦いの直後、敵前逃亡して江戸に帰還して夕食に鮪を所望して家来たちを困惑させたというエピソードもあるそうな(マグロは古名を「シビ」といい、「死日」につながるので武家は食べない習慣だった)。それでも将軍様の命令なので、日本橋から取り寄せたそうな。

 慣習にとらわれないと解釈するか、食い意地が張っていると解釈するか、微妙ですねぇ。

 ちなみに『篤姫』で平岳大さん演じる慶喜、どこか腹黒そうというか(爆)、口先と腹の中が違うという感じがして、慶喜さんが余り好きではない白牡丹にはぴったりのキャスティングだと思ってます(苦笑)。
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[07/23 白牡丹@管理人]
[07/23 伊藤哲也]
[12/31 白牡丹@管理人]
[12/31 本が出たようです]
[12/22 白牡丹@管理人]
[12/22 yutaroda]
[10/18 白牡丹@管理人]
[10/18 ゆーじあむ (Yuseum)]
ブログ内検索
アーカイブ
カウンター
プロフィール
HN:
白牡丹
性別:
非公開
自己紹介:
幕末、特に新選組や旧幕府関係者の歴史を追っかけています。連絡先はmariachi*dream.com(*印を@に置き換えてください)にて。
バーコード
Livedoor BlogRoll
本棚
Copyright ©  -- 白牡丹のつぶやき --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]